カマキリーサイデッキのマナベースを考えてみた

投稿日: このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんにちは。放課後まじっく倶楽部情報局です。

先日の「世界選手権2015」の最中に、

「戦乱のゼンディカー」にて、《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》など「フェッチランド」からサーチできる新たな「2色ランド」が発表されました。

大草原の川/Prairie Stream

窪み渓谷/Sunken Hollow

燻る湿地/Smoldering Marsh

燃えがらの林間地/Cinder Glade

梢の眺望/Canopy Vista


これを見て、思わず1年前の「タルキール覇王譚」にて囁かれた、ある言葉を思い出してしまいました。

「3ターン目《カマキリの乗り手/Mantis Rider》、4ターン目《包囲サイ/Siege Rhino》とかできたら最強の動きなのになぁ...」

フェッチランドと今回の2色土地、これは「多色デッキ」を組んでください!と言わんばかりの登場です。

そこで今回は、ちょっと趣向を変えて、「安定して『カマキリ→サイ』の動きが可能か」マナベースについて考えたいと思います。


新2色ランド

今回の2色ランドの特徴について整理します。

・基本地形が2枚以上ある場合は、アンタップ状態で場に出る

・基本地形が0枚 or 1枚ある状態では、タップ状態で場に出る

フェッチランドからサーチする場合、3ターン目に2色ランドをアンタップ状態で出すためには、スタンダードでは1,2ターン目にそれぞれ基本地形をセットする必要があります。


「カマキリ-サイ」を達成する

「カマキリ-サイ」を達成するための土地セットには以下のパターンが考えられます。

パターンA)

A-1) 1,2ターン目に、「カマキリ-サイ」で共通する白マナ=平地がセットされること

A-2) 3ターン目にカマキリをプレイできる白マナ以外の赤と青が確保でき、

   片方が基本地形、もう片方は2色ランドとなり、それは赤緑か青黒である。

A-3) 4ターン目にサイがプレイできる残りの必要なマナが準備できること


パターンB)

B-1) 1,2ターン目にそれぞれ2色ランドをタップ状態で場に出す。出すのは赤緑と青黒をセット。

B-2) 3ターン目に平地をセットしカマキリをプレイ

B-3) 4ターン目に他の基本地形をセット


検証用のメインボード(土地以外)

今回の検証用のメインボードを以下のようにしました。

Creature:26
4 《爪鳴らしの神秘家/Rattleclaw Mystic
4 《先頭に立つもの、アナフェンザ/Anafenza, the Foremost
4 《カマキリの乗り手/Mantis Rider
4 《凶暴な拳刃/Savage Knuckleblade
4 《包囲サイ/Siege Rhino
3 《囁き森の精霊/Whisperwood Elemental
3 《黄金の牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang

Spells:9
3 《ティムールの隆盛/Temur Ascendancy
4 《集合した中隊/Collected Company
2 《真面目な訪問者、ソリン/Sorin, Solemn Visitor

3ターン目、4ターン目でプレイできる「多色」の3マナクリーチャーが、《先頭に立つもの、アナフェンザ/Anafenza, the Foremost》、《カマキリの乗り手/Mantis Rider》、《凶暴な拳刃/Savage Knuckleblade》の3種類存在します。

ここで、初手で2種類ある場合の土地セットのパターンとそのセットするための判断方法を確認します。

なお、今回は前述のパターンBで確認します。


先頭に立つもの、アナフェンザ/Anafenza, the Foremost》+《カマキリの乗り手/Mantis Rider

2つに共通するマナは白マナになります。そのため、3ターン目に白マナ=平地をセットするように2色ランドを1,2ターン目にセットしていきます。2色ランドは、図のとおり赤緑と青黒を揃えていくことになります。


カマキリの乗り手/Mantis Rider》+《凶暴な拳刃/Savage Knuckleblade

2つに共通するマナは赤マナおよび青マナになります。そのため、3ターン目に赤マナ=山もしくは青マナ=島をセットするように2色ランドを1,2ターン目にセットしていきます。図は3ターン目に赤マナ=山をセットする場合ですが、2色ランドは、図のとおり白緑と青黒を揃えていくことになります。


・《先頭に立つもの、アナフェンザ/Anafenza, the Foremost》+《凶暴な拳刃/Savage Knuckleblade

2つに共通するマナは緑マナになります。そのため、3ターン目に緑マナ=森をセットするように2色ランドを1,2ターン目にセットしていきます。2色ランドは、図のとおり白青と赤黒を揃えていくことになります。


5色デッキのマナベース構築

さて、本題のマナベースについてです。

まず最初に、フェッチランドからサーチできる、2色ランドと基本地形について整理します。

2色ランドは、3種類のフェッチランドからサーチ可能です。

大草原の川/Prairie Stream》を例としてみると、《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》、《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》、《汚染された三角州/Polluted Delta》の3種類からサーチできます。


基本地形は、2種類のフェッチランドからサーチ可能です。

平地/Plains》を例としてみると、《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》と《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》の2種類からサーチできます。


次に、フェッチランドと2色ランド、基本地形の比率です。

2色ランドは最低1枚ずついれるとして、基本地形は1枚ずつを3種類~5種類、残りをフェッチランドに当てることにした場合、合計土地枚数を24枚とすると、

 2色ランド:5枚

 基本地形:3-5枚

 フェッチランド:14-16枚

となります。

今回のデッキのマナベースをこのように構成してみました。

Lands:25
・基本地形(3)
1 《森/Forest
1 《山/Mountain
1 《平地/Plains

・2色ランド(5)
1 《大草原の川/Prairie Stream
1 《窪み渓谷/Sunken Hollow
1 《燻る湿地/Smoldering Marsh
1 《燃えがらの林間地/Cinder Glade
1 《梢の眺望/Canopy Vista

・フェッチランド(17)
4 《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand
1 《汚染された三角州/Polluted Delta
4 《吹きさらしの荒野/Windswept Heath
4 《樹木茂る山麓/Wooded Foothills

ここで重要なのが、基本地形の枚数とフェッチランドの枚数との関係です。

フェッチランドの種類を散らしてしまうと、特定の基本地形の枚数をサーチできる確率が下がることになってしまいます。

たとえば、フェッチランドを5種類×3枚ずつ、基本地形を5種類×1枚ずつとした場合、基本地形をサーチできるフェッチランドの枚数は2種類×3枚=6枚となります。

今回の場合は、特定のフェッチを有効色と寄せることにより、3種類の基本地形をサーチできるフェッチランドの枚数を2種類×4枚=8枚としています。


フェッチランドと2色ランドとの枚数の関係ですが、黒と青がらみの2色ランドは、枚数とし ては少なくなっています。

今回は3ターン目に3枚の土地がでるようにしたいため土地総数を25枚とし、《汚染された三角州/Polluted Delta》を足すことで黒と青がらみの2色ランドのサーチできる可能性を高めています。


最後に

今回はフェッチランドと2色ランド、そしてアンタップで出せるように基本地形を入れた形でマナベースを構築するための考え方をまとめてみました。ある程度安定したマナベースとなり、夢の?カマキリ-サイをプレイできるデッキになったかと思います。

「収斂」メカニズム、《伐採地の滝/Lumbering Falls》などの対抗色ミシュラランドなども出てきており、多色が組みやすい環境になります。

今回の記事が、みなさんの新しいデッキ構築での参考となれば幸いです。

同一カテゴリの記事一覧

  1. 放課後スタンダードコレクション 2015年10月①
  2. 放課後スタンダードコレクション 2015年9月①
  3. 放課後スタンダードコレクション 2015年8月①
  4. 放課後スタンダードコレクション 2015年1月①