放課後スタンダードコレクション 2015年9月①

投稿日: このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さん、こんにちは。
放課後スタンダードコレクションです。

先日、ワールドマジックカップ大阪予選(WMCQ)①が京都で行われました。

今回は、その結果、また翌日のプロツアー予備予選から、スタンダードのメタゲームの変遷、そして今後の予測などを追っていきたいと思います。

まずはマジックワールドカップ予選結果からコレクション!!


搭載歩行機械/Hangarback Walker》の多様性

いまや「アブザンアグロ」にまで採用される《搭載歩行機械/Hangarback Walker》。

今回の優勝デッキ、「ジェスカイアグロ」にも採用されています。

特徴的なのは、《ジェスカイの魔除け/Jeskai Charm》の4枚採用と、《オジュタイの命令/Ojutai's Command》不採用。

ジェスカイの魔除け/Jeskai Charm》けは、破門モードで使用することで相手のテンポを遅くすることができます。
+1/+1 と絆魂をつけるモードも、タイトなダメージレースを覆す事が可能です。

ミッドレンジなどの中速デッキが多くなることを見越しての採用で、現在のメタゲームの状況に合致していると思われます。

また、《魂火の大導師/Soulfire Grand Master》がいる時の本体4点+4点回復も馬鹿になりません。

オジュタイの命令/Ojutai's Command》は、後半でのアドバンテージにつながるカードですが、前のめりなゲーム展開を優先し、手数の多さを重視したのかもしれません。

メインでの《マグマのしぶき/Magma Spray》は《搭載歩行機械/Hangarback Walker》や《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn's Prodigy》を「追放したい」という目的がはっきりとした一枚です。

サイドボードの氷固めは、最近多く採用されている《嵐の息吹のドラゴン/Stormbreath Dragon》への対策と思われます。

搭載歩行機械/Hangarback Walker》が多く見れる現在、飛行を持つ《カマキリの乗り手/Mantis Rider》が使用できることから、ジェスカイアグロを見る機会は多くなるでしょう。


洗練された《硬化した鱗/Hardened Scales》デッキ

準優勝のデッキにも、《搭載歩行機械/Hangarback Walker》は採用されています。
ホント、汎用性の高い1枚です。

プロツアー・オリジンでお目見えした緑白の鱗デッキですが、メタゲームの変遷を踏まえ、少しずつ変化しています。


興味深い一枚は、《悲劇的な傲慢/Tragic Arrogance》でしょう。

このカードは、ミッドレンジが多い状況では、メインボードでの採用も有効です。

鱗デッキ側でこのカードをプレイした場合、たとえば《マナ喰らいのハイドラ/Managorger Hydra》+《搭載歩行機械/Hangarback Walker》+《硬化した鱗/Hardened Scales》+《不動のアジャニ/Ajani Steadfast》という一方的な状況を作り出すことが可能になります。

神々の思し召し/Gods Willing》は、白1マナでマナ喰らいのハイドラなどを単体除去から守れる、いぶし銀の一枚です。

サイドボードの中から取り上げるのは、《絹包み/Silkwrap》。

先ほどのジェスカイやアブザンアグロで採用されている低マナ粋クリーチャー、そして何より《搭載歩行機械/Hangarback Walker》の対策カードとなります。《ドロモカの命令/Dromoka's Command》などで《絹包み/Silkwrap》が破壊された場合でも、《搭載歩行機械/Hangarback Walker》は X = 0 の 0/0 で場に出るため、トークンを出させずに死亡させることができます。


新機軸の赤青《アーティファクトの魂込め/Ensoul Artifact》デッキ

ミッドレンジが多い中、先日殿堂入りをはたした八十岡さんのデッキは、赤青《アーティファクトの魂込め/Ensoul Artifact》。

しかもプロツアーやその後のゲーム・デーでの青比重の高いタイプとは一線を画す、赤比重の高いタイプです。

とはいえ、《アーティファクトの魂込め/Ensoul Artifact》と《爆片破/Shrapnel Blast》がこのデッキでの根幹を支えていることには変わりありません。

特色としては、《飛行機械技師/Thopter Engineer》、《ピア・ナラーとキラン・ナラー/Pia and Kiran Nalaar》、《かき立てる炎/Stoke the Flames》の採用でしょう。

飛行機械技師/Thopter Engineer》と《ピア・ナラーとキラン・ナラー/Pia and Kiran Nalaar》はともに《かき立てる炎/Stoke the Flames》の召集コスト支払にあてやすく相性が良いカード選択です。

サイドボードの選択は同系や赤単を意識しているように見えますが、アブザンアグロなどが増えるとなると《炙り焼き/Roast》の増量も考えられるでしょう。

反逆の行動/Act of Treason》で《搭載歩行機械/Hangarback Walker》を奪い、《ピア・ナラーとキラン・ナラー/Pia and Kiran Nalaar》で生贄にささげることも可能です。

次にプロツアー予備予選結果をコレクション!


コントロールデッキのこれから

アブザンコントロールとエスパードラゴンが予備予選のトップ8にあがっています。

現在は、赤単などの早いデッキが少なくなり、アブザンアグロなどのミッドレンジが増えてきたことから、自然とコントロールに追い風となっています。

棲家の防御者/Den Protecter》のカード回収能力が強さを支えています。

メインボードでは《衰滅/Languish》が目立ちます。

タフネス4以下のクリーチャに対しては万能な1枚で、たとえ怪物化で破壊不可・呪禁となった《羊毛鬣のライオン/Fleecemane Lion》さえも対処可能です。

サイドボードのお薦めは、《護法の宝珠/Orbs of Warding》です。

悪夢の織り手、アショク/Ashiok, Nightmare Weaver》や本体への火力、手札破壊、《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》のプラス能力による3点ダメージをプレイヤーに与えることも防ぎます。

プレイヤーへのダメージを1点軽減する効果も侮れません。


メタゲームの今後。

2ヶ月前のビートダウン隆盛の時代から、ミッドレンジ系のデッキが台頭し、そして、それに対応したコントロールの登場とメタゲームは変遷してきています。

9/19には3つ目のワールドマジックカップ予選③がスタンダードで開催。

そこでは、どのようなデッキが台頭してくるのか、非常に楽しみですね。

同一カテゴリの記事一覧

  1. 放課後スタンダードコレクション 2015年10月①
  2. カマキリーサイデッキのマナベースを考えてみた
  3. 放課後スタンダードコレクション 2015年8月①
  4. 放課後スタンダードコレクション 2015年1月①