2015GP京都を楽しもう! GP京都イントロダクション

皆さん、こんにちは。
放課後まじっく情報局です。

レガシーへの扉を開きましょう

2015年4月18日~19日に開催される「GP京都」のレギュレーションは、なんと「レガシー」!

そう、国内最初のレガシーグランプリなのです!

放課後まじっく情報局では、GP京都に向けてレガシーに関する考察記事を、今回から数回に分けて掲載していきます。

レガシーというレギュレーションは、使用できるカードプールが広く、そして様々なデッキタイプがあるだけあって、普段この環境に馴染みのないプレイヤーに取っては理解するだけでも一苦労。

この記事が、少しでも、その助けになればと思います。


レガシーってどんな環境?

レガシーは普段プレイしているスタンダード環境と異なり、今まで発売されてきたほぼ全てのカードを使用できる、非常にカードプールが広い環境です。

歴代の強力カードが使用可能で、デッキの種類も豊富。



手札次第で1ターンキルもおきるアーキタイプもあります。


対戦は強力カードが多いため、序盤から速いテンポで進む傾向にあります。

また、環境を代表するカードにデュアルランドがあります。


GP京都までの道のり

先日《宝船の巡航/Treasure Cruise》の禁止、《世界喰らいのドラゴン/Worldgorger Dragon》の禁止解除と大きな動きがありました。

4月のグランプリ京都まで、様々な環境変化が待っているため、考慮しなければいけないことが山積みです。

把握しておかねばならない主なスケジュールは、

1月19日 禁止制限カードリスト告知
1月23日 運命再編追加
3月23日 禁止制限カードリスト告知
3月27日 タルキール龍紀伝追加
4月18日 GP京都

となります。

禁止カードと制限解除により環境は大きく変わる可能性があるのです。

今現在のレガシーの禁止カードは、以下の通り。

禁止カード

アンティに関するカード

Amulet of Quoz
青銅のタブレット/Bronze Tablet
Contract from Below
Darkpact
Demonic Attorney
宝石の鳥/Jeweled Bird
再誕/Rebirth
嵐のイフリート/Tempest Efreet
Timmerian Fiends

コンスピラシーに収録されている策略カード

好都合な宣言/Advantageous Proclamation
代替案/Backup Plan
ブレイゴの好意/Brago's Favor
一石二鳥/Double Stroke
即応行動/Immediate Action
反復分析/Iterative Analysis
ムッツィオの準備/Muzzio's Preparations
権力行使/Power Play
秘密の召喚/Secret Summoning
楽園の秘密/Secrets of Paradise
歩哨の出動/Sentinel Dispatch
予想外の潜在力/Unexpected Potential
世界編み/Worldknit

Ancestral Recall
天秤/Balance
Bazaar of Baghdad
Black Lotus
黒の万力/Black Vise
チャネル/Channel
Chaos Orb
Demonic Consultation
Demonic Tutor
大地の知識/Earthcraft
Falling Star
Fastbond
閃光/Flash
大あわての捜索/Frantic Search
ゴブリン徴募兵/Goblin Recruiter
噴出/Gush
隠遁ドルイド/Hermit Druid
伝国の玉璽/Imperial Seal
Library of Alexandria
Mana Crypt
Mana Drain
魔力の櫃/Mana Vault
記憶の壺/Memory Jar
精神的つまづき/Mental Misstep
精神錯乱/Mind Twist
精神の願望/Mind's Desire
Mishra's Workshop
Mox Emerald
Mox Jet
Mox Pearl
Mox Ruby
Mox Sapphire
神秘の教示者/Mystical Tutor
ネクロポーテンス/Necropotence
ドルイドの誓い/Oath of Druids
Shahrazad
頭蓋骨絞め/Skullclamp
太陽の指輪/Sol Ring
露天鉱床/Strip Mine
適者生存/Survival of the Fittest
宝船の巡航/Treasure Cruise
Time Vault
Time Walk
Timetwister
修繕/Tinker
トレイリアのアカデミー/Tolarian Academy
吸血の教示者/Vampiric Tutor
Wheel of Fortune
意外な授かり物/Windfall
ヨーグモスの取り引き/Yawgmoth's Bargain
ヨーグモスの意志/Yawgmoth's Will


また1月23日に「運命再編」が追加されました。


今の段階では環境への影響は未知数ですが、レガシー級のカードとして話題になっている《僧院の導師/Monastery Mentor》、また《ファイレクシアン・ドレッドノート/Phyrexian Dreadnought》との相性が良い《雲変化/Cloudform》などがレガシー環境へ投入されます。

そして、3月23日には再度の禁止制限カードリスト告知が。

また3月27日にはタルキール龍紀伝が環境へ追加と、気になる事が目白押しです。

グランプリ京都まで、どのような変化が起こるのかチェックが必要でしょう。


1月19日付禁止制限カードリストの影響


宝船の巡航/Treasure Cruise》が禁止となりました。

タルキール覇王譚発売後、多くのデッキにに採用されていましたが、あっという間に禁止カードに指定されてしまいました。

レガシー環境では、墓地にカードがどんどん貯まるので、探査を利用して実質1マナ3枚ドローの禁止は、当然と言えば当然ですね。

宝船の巡航/Treasure Cruise》の恩恵を受け、トーナメントを支配していた《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》デッキが、今後どのようになっていくのか気になります。


そして、《世界喰らいのドラゴン/Worldgorger Dragon》が禁止解除されました。

世界喰らいのドラゴン/Worldgorger Dragon》は《動く死体/Animate Dead》と無限ループのコンボがあります。

かつてはレガシーにおいては強すぎるため禁止カードに指定されていましたが、今の環境にどれほど影響をもたらすのか注目です。


グランプリ京都インフォメーション

参加者に配布されるプレイマットの画像は《剣を鍬に/Swords to Plowshares》。

配布枚数や方法、細かいデザイン等は決定次第ツイッターや公式サイトでご報告されるそうです。


今後の連載の予定


今後はレガシー環境のメタゲームを把握が出来るよう、様々なデッキを紹介していきます。

また、気をつけなければいけないルールもあわせて紹介していこうと思います。

まるでクイズのように覚えておかなければならないルーリングもありますので、
しっかりと補足していきます。


最後に

また、4月4日に関西で「KMCClassic」という100人規模のレガシー大会が開催されるそうです。

詳細はKMCのサイトに掲載されているので、興味のある方はGP京都前最後の挑戦として、
参加してみてはいかがでしょうか!!

同一カテゴリの記事一覧

  1. 2015GP京都を楽しもう! 第4回 放課後レガシーコレクション
  2. 2015GP京都を楽しもう! 第3回 放課後レガシーコレクション
  3. 2015GP京都を楽しもう! 第2回 放課後レガシーコレクション
  4. 2015GP京都を楽しもう! 第1回 放課後レガシーコレクション