2015GP静岡を楽しもう! タルキール覇王譚シールドの戦略

さて、前回までにデッキの構築、環境の把握をしてきました。
今回はタルキール覇王譚シールドに存在するアーキタイプとそれらの戦略について解説していきます。

配られたパックのカードのみを使ってデッキを作成するため、ブースター・ドラフトほどアーキタイプを意識する必要はありませんが、やはりそれでも基本的なアーキタイプは存在しています。

相手のデッキを予測できるかできないかでは、勝敗に大きく影響します。それでは、見ていきましょう。


アブザン

アブザンに属するクリーチャーは長久(ちょうきゅう/Outlast)能力を持ち、基本的に長期戦で場を固めていく戦略が得意です。
ミッドレンジ的なデッキ構築が基本となります。

デッキの概要

強み:
「長久」により、サイズと能力を持たせて後半に圧倒していく
コモンの長久:先制攻撃、到達
アンコモンの長久:飛行、接死、絆魂、トランプル
特に「先制攻撃」+「接死」が揃うと、ほぼ全ての地上クリーチャーが止まってしまう

弱み:
「長久」のバウンス、「長久」が育つ前に飛行など回避能力付きでの早いビート
長久はソーサリータイミングのため、ブロッカーに回すタイミングが1ターン遅れてしまう
早い飛行クリーチャーなどブロックしにくい回避能力にアタックされ続けられると、除去された場合にダメージレースで追いつかなくなる

序盤:
長久クリーチャーの展開
中盤:
長久の起動、軽い除去での相手クリーチャーへの対処
終盤:
成長した長久クリーチャー、サイズの大きいクリーチャーでのビート

長久

長久コストを支払いタップする事により、そのクリーチャーの上に+1/+1カウンターを1個置く事のできる起動型能力です。
起動コストにはタップが含まれているため、長久能力を活用するためには、長期戦を見据えた戦略を取る必要があります。

タルキール覇王譚には9体の長久クリーチャーがおり、どれも強力です。

アイノクの盟族/Ainok Bond-Kin
マー=エクの夜刃/Mer-Ek Nightblade
この2枚がそろったら要注意。先制攻撃+接死の組み合わせは対処不能です。ただ立たせておくだけで回避能力を持たない相手のクリーチャーは攻撃できなくなります。


アブザンの戦僧侶/Abzan Battle Priest
アブザンの鷹匠/Abzan Falconer
牙守りの隊長/Tuskguard Captain

アンコモンですが、それゆえ強力なカードです。
回避能力持ちに絆魂持ちと、この2枚が組み合わさればライフアドバンテージがすごい事になります。
トランプルは相手のタフネスが低いクリーチャーのチャンプブロックを無効化できます。

遠射兵団/Longshot Squad
到達は相手が飛行クリーチャー多めのデッキであれば、よく効きます。もちろん4マナ3/3のサイズであるため戦線にプレッシャーを与えることもできます。


アナフェンザの伝令/Herald of Anafenza
レアといった能力ですね。粘れば粘るほどアドバンテージを得ることができるアブザン向きのカードです。


縁切られた先祖/Disowned Ancestor
塩路の巡回兵/Salt Road Patrol
タフネスが高いのが特徴。地上の壁役を果たしてくれます。
カードプールと相談しながら投入するかどうか考えましょう。
当然、他の長久クリーチャーがいるのであれば入れておいて問題ありません。


抵抗の妙技/Feat of Resistance
軍備部隊/Armament Corps
+1/+1カウンターを乗せる能力が長久と非常に相性が良いです。

変異


アブザンの先達/Abzan Guide
アブザンが5マナ浮かせて変異が殴ってきたらその変異は大抵《アブザンの先達/Abzan Guide》でしょう。

素で4/4のサイズである上に反魂の能力を持っているためなかなか対処が難しく、殴られるたびにライフアドバンテージが広がっていきます。

相手

自分


アブザンの先達/Abzan Guide》以外に5マナを浮かせている状態で攻撃してくる変異クリーチャーを考えてみます。白い変異であれば、大抵は《軍用ビヒモス/War Behemoth》などパワーが低くタフネスが高いためブロックに回して攻撃してこないことが多いです。緑の変異であれば《松歩き/Pine Walker》や《頭巾被りのハイドラ/Hooded Hydra》など、よりパワー・タフネスが高いカードとなります。黒の変異であれば《クルーマの盟族/Krumar Bond-Kin》と5/3でパワーのみ高いです。

あとは自分の手札と盤面を見ながら、ブロックするのか、するのであればどのようにブロックするのか考えていきます。

ボム




砂塵破/Duneblast
先頭に立つもの、アナフェンザ/Anafenza, the Foremost
アブザンの隆盛/Abzan Ascendancy
アラシンの上級歩哨/High Sentinels of Arashin
包囲サイ/Siege Rhino

どれも是非引きたいカードです。
砂塵破/Duneblast》は見たままの強さ。
先頭に立つもの、アナフェンザ/Anafenza, the Foremost》は3ターン目に出して殴り出すことができれば、長期戦を待つこと無く一気に殴り勝てます。
アブザンの隆盛/Abzan Ascendancy》は+1/+1カウンターが長久と相性が良いだけでは無く、クリーチャーを除去されても1/1飛行クリーチャーとして返ってくるやっかいな能力が付いています。《砂塵破/Duneblast》と組み合わせると死んだはずのクリーチャーが1/1飛行クリーチャーとして返ってきます。
アラシンの上級歩哨/High Sentinels of Arashin》は+1/+1をのせたい放題。さらに自身も強くなるため手に負えません。
包囲サイ/Siege Rhino》は4/5というサイズがほとんどのクリーチャーを寄せ付けません。3点ドレインも強力。

サンプルリスト


ジェスカイ

ジェスカイに属するクリーチャーは果敢(かかん/Prowess)能力を持ち、戦闘時にクリーチャーを強化する能力をちらつかせながらビートダウンしていく戦略が得意です。
テンポ的なデッキ構築が基本となります。

デッキの概要

強み:
軽い飛行クリーチャーによるビートダウン
攻めていくので、果敢は《反逆の行動/Act of Treason》や《騎乗追撃/Ride Down》など能動的なスペルとの相性がよい。
弱み:
サイズが大きいクリーチャーへの対処ができない場合、後半押されてしまう

序盤:
軽いクリーチャー、飛行クリーチャーの展開
中盤:
軽い除去でのテンポ取得
終盤:
反逆の行動/Act of Treason》による最後の一押し、《矢の嵐/Arrow Storm》などの火力ダメージ

果敢

誘発の条件がクリーチャーというタイプを持たない呪文を唱える事ですので、自分のターンに呪文を連打すればその分だけクリーチャーを強化できます。また、インスタントタイミングで呪文を唱えることができれば、コンバットトリックとして活用する事ができます。
よって、果敢能力を活用するためには、手札のクリーチャーでない呪文の運用が鍵になります。


僧院の速槍/Monastery Swiftspear
沸血の熟練者/Bloodfire Expert
道の探求者/Seeker of the Way
序盤の戦線を切り開いてくれます。《僧院の速槍/Monastery Swiftspear》は1ターン目から殴れますし、《沸血の熟練者/Bloodfire Expert》は素のスペックでも3/1と非常にパワーが高く、《道の探求者/Seeker of the Way》も2マナ2/2で及第点なうえに果敢が誘発すると反魂まで得るという強力スペックです。


ジェスカイの風物見/Jeskai Windscout
河水環の曲芸士/Riverwheel Aerialists
飛行というスペックだけで十分であるのに、果敢のおまけが付いています。
特に《ジェスカイの風物見/Jeskai Windscout》は3マナ2/1というスペックですので3ターン目に場に出てそのまま殴り続けるだけで勝利することも可能です。


霧炎の織り手/Mistfire Weaver
休息地の見張り/Watcher of the Roost
ジェスカイの風物見/Jeskai Windscout》や《河水環の曲芸士/Riverwheel Aerialists》のように果敢のおまけは付いていませんが飛行というスペックだけで十分なです。



ジェスカイの長老/Jeskai Elder
ジェスカイの学徒/Jeskai Student
デッキがかみ合えば非常に強力なクリーチャーです。《ジェスカイの長老/Jeskai Elder》は攻撃を通し続けることができればルーター能力でアドバンテージを稼げますし、《ジェスカイの学徒/Jeskai Student》は2マナでありながらタフネスが3と非常に対処が難しいスペックとなっています。



真珠湖の古きもの/Pearl Lake Ancient
龍流派の双子/Dragon-Style Twins
ボムレアです。
一端場に出て対処さえされなければそれだけで勝利が可能です。



旋風の達人/Whirlwind Adept
デッキにスペースがあれば入るかもという程度です。

変異


イフリートの武器熟練者/Efreet Weaponmaster
ジェスカイが5マナ浮かせて変異が殴ってきたらその変異は大抵《イフリートの武器熟練者/Efreet Weaponmaster》でしょう。

素で4/3で先制攻撃の能力を持っている上に、表になった際に他のクリーチャー1体に+3/+0の修正を与えます。
うかつに攻撃を通すと思わぬダメージを食らってしまうことになりかねません。

相手

自分


イフリートの武器熟練者/Efreet Weaponmaster》以外に5マナを浮かせている状態で攻撃してくる変異クリーチャーを考えてみます。白い変異であれば、大抵は《軍用ビヒモス/War Behemoth》などパワーが低くタフネスが高いためブロックに回して攻撃してこないことが多いです。青い変異であれば、《隠道の神秘家/Mystic of the Hidden Way》のように先に表にしてからアタックするでしょう。攻撃に回してくるということは《氷河の忍び寄り/Glacial Stalker》の可能性があります。赤い変異であれば、パワーが5ある《峡谷に潜むもの/Canyon Lurkers》や先制攻撃を持っている《アイノクの足跡追い/Ainok Tracker》かもしれません。

あとは自分の手札と盤面を見ながら、ブロックするのか、するのであればどのようにブロックするのか考えていきます。

ボム


真珠湖の古きもの/Pearl Lake Ancient
龍流派の双子/Dragon-Style Twins
飛鶴の技/Flying Crane Technique
龍流派の双子/Dragon-Style Twins》は除去に対する耐性があまり高くありませんが、
一端場に出て対処さえされなければそれだけで勝利が可能です。
飛鶴の技/Flying Crane Technique》は一撃必殺技です。すべてのクリーチャーが飛行と二段攻撃を得れば、それだけでゲームが終わってしまいます。

サンプルリスト


スゥルタイ

スゥルタイに属するクリーチャー、呪文は探査(たんさ/Delve)を持ち、墓地を活用しながら強力な呪文を高速に展開する戦略が得意です。
ミッドレンジ的なデッキ構築が基本となります。

デッキの概要

強み:
「探査」による早いターンでの探査クリーチャーの展開、消耗戦に持ち込んで後の《宝船の巡航/Treasure
Cruise》、《死の投下/Dead Drop》などのカードアドバンテージで押し込む。
弱み:
序盤の攻め手が細く、横に並べての早いビートダウンに押されると辛い。

序盤:
防御的なクリーチャーを展開
中盤:
探査クリーチャー、飛行など回避能力つきクリーチャーの展開
終盤:
カードアドバンテージ獲得からの攻勢

探査

探査は、自分の墓地にあるカードを追放することで、呪文を唱える手助けとするスゥルタイ(黒緑青)の氏族が持っている能力です。

タルキール覇王譚には3体の強襲クリーチャーと8枚の強襲呪文があり、どれも強力です。

探査は呪文の総コストに含まれる不特定マナ1点ごとに、そのマナを支払うのではなくあなたの墓地にあるカードを1枚追放する事によって代替えできます。


わめき騒ぐマンドリル/Hooting Mandrills
よろめく従者/Shambling Attendants
スゥルタイのゴミあさり/Sultai Scavenger
どのカードもコモンながらデッキの中核を成すカードです。
わめき騒ぐマンドリル/Hooting Mandrills》はトランプルを持っており、相手のタフネスが低いクリーチャーのチャンプブロックを無効化します。
よろめく従者/Shambling Attendants》はそのタフネスの高さから壁役として十分なスペックであるうえ、接死を持っている強力クリーチャーです。
スゥルタイのゴミあさり/Sultai Scavenger》は3/3飛行クリーチャーと戦線を支える大切なカードです。



時を越えた探索/Dig Through Time
宝船の巡航/Treasure Cruise
ひたすらアドバンテージを与えてくれます。7枚ライブラリーを見て2枚手札に加えても、3枚引いてもどちらも強力です。


死の投下/Dead Drop
残忍な切断/Murderous Cut
非常に優秀な除去です。《死の投下/Dead Drop》は相手のクリーチャーを2体除去出来ますし、《残忍な切断/Murderous Cut》は探査を使うことにより低マナの確定除去となります。



強大化/Become Immense
奈落の総ざらい/Empty the Pits
死滅都市の悪鬼/Necropolis Fiend
漂流/Set Adrift

どれも大ぶりですが能力は非常に強力です。
タルキール覇王譚には墓地を増やすカードがあるので、効率的に墓地を活用する戦略が必要です。
ただし、一度探査のコストで墓地のカードを取り除いてしまうと次の探査呪文に利用できなくなるので、探査呪文を唱える際は墓地のカードを何枚取り除くか考えながらプレイする必要があります。

ジェスカイはビート寄りの色の組み合わせでしたが、スゥルタイはどちらかというとコントロール寄りな色の組み合わせになります。

青のドローやカウンターと黒の除去や手札破壊を駆使して、カードアドバンテージを稼ぎながらゆっくりコントロールして戦うのが青黒の基本的な戦術です。

スゥルタイは探査メカニズムを利用して巨大なスペルを早く打つことができます。

変異


グドゥルの嫌悪者/Abomination of Gudul
スゥルタイが5マナ浮かせて変異が殴ってきたらその変異は大抵《グドゥルの嫌悪者/Abomination of Gudul》でしょう。

3/4飛行の上にルーターの能力を持っているため、殴られるたびに手札と墓地が充実します。

相手

自分

)《グドゥルの嫌悪者/Abomination of Gudul》以外で、5マナを浮かせている状態で攻撃してくる変異クリーチャーを考えていきます。青い変異であれば、大抵は先に表にしてから殴ってくるはずですし、攻撃に回してくるということは《氷河の忍び寄り/Glacial Stalker》になるでしょう。黒い変異であれば、パワーが5ある《クルーマの盟族/Krumar Bond-Kin》という事になるでしょう。緑の変異であれば《松歩き/Pine Walker》、さらに《頭巾被りのハイドラ/Hooded Hydra》や《サグのやっかいもの/Sagu Mauler》など対処が厳しいカードの可能性もあります。

あとは自分の手札と盤面を見ながら、ブロックするのか、するのであればどのようにブロックするのか考えていきます。

ボム


ラクシャーサの大臣/Rakshasa Vizier
血の暴君、シディシ/Sidisi, Brood Tyrant
悪逆な富/Villainous Wealth
ラクシャーサの大臣/Rakshasa Vizier》は探査との相性が良く、あっという間に超巨大クリーチャーへ成長します。《血の暴君、シディシ/Sidisi, Brood Tyrant》は攻撃するだけで、墓地を肥やすほかに、2/2のゾンビトークンを場に出します。
悪逆な富/Villainous Wealth》はマナのたまった後半に打てば、相手のライブラリーから強力カードが自分の場に大量に並ぶこととなります。

サンプルリスト


マルドゥ

マルドゥに属するクリーチャー、呪文は強襲(きょうしゅう/Raid)能力を持ち、序盤からビートダウンする戦略が得意です。
アグロ的なデッキ構築が基本となります。

デッキの概要

強み:
トークン展開による、多勢による強行突破
弱み:
全体強化スペルを引かずに相手側のサイズが大きく突破できない状態となる

序盤:
1、2マナクリーチャー展開からの「強襲」誘発の体制を作る
中盤:
マルドゥの軍族長/Mardu Hordechief》、《子馬乗り部隊/Ponyback Brigade》によるトークン生成で相手よりクリーチャー数の確保、
終盤:
ラッパの一吹き/Trumpet Blast(M13)》、《戦場での猛進/Rush of Battle》による最後の一押し

強襲

強襲は、そのターン中にクリーチャーで攻撃した場合に効力を増すマルドゥ(赤白黒)の氏族が持っている能力です。
1体以上のクリーチャーで攻撃していた場合、カードに書かれている強襲の恩恵を受けることができます。

タルキール覇王譚には10体の強襲クリーチャーと1枚の強襲呪文があり、どれも強力です。



マルドゥの軍族長/Mardu Hordechief》《マルドゥの戦叫び/Mardu Warshrieker
この流れが非常にやばいです。
4ターン目に3/3、2/3、1/1と出されてしまうと、アドバンテージを取り返すのが非常に難しくなりますね。
そして、両方コモンのため大抵起こりえるシナジーです。


マルドゥの頭蓋狩り/Mardu Skullhunter》《戦名を望む者/War-Name Aspirant
2、3ターン目に強襲付きで出せたら勝利を引き寄せてくれます。あとは、アドバンテージを取りながら場を制圧していくだけです。


マルドゥの心臓貫き/Mardu Heart-Piercer
機を見た軍族朋/Timely Hordemate
マルドゥの心臓貫き/Mardu Heart-Piercer》は相手の変異クリーチャーやタフネスが2以下のクリーチャーの除去に使えますし、もちろん相手の本体火力としても使える優秀カードです。
機を見た軍族朋/Timely Hordemate》は序盤に除去されてしまった点数で見たマナが2以下のクリーチャーを場に戻し、アドバンテージを稼ぎます。


吠える鞍暴れ/Bellowing Saddlebrute
そのまま4点食らって素で出しても場面によっては問題ないスペックです。


風番いのロック/Wingmate Roc
ボムレアです。強襲で場に出れば3/4飛行が2体出てしまいます。この環境ではタフネス4の飛行を2体除去するのは至難の業です。


血に染まりし勇者/Bloodsoaked Champion
さすがにボムレアとはいえませんが、非常にやっかいなクリーチャー。


矢の嵐/Arrow Storm
色拘束が強いものの強力な除去カードです。

クリーチャーで攻撃している必要があるため、攻撃できるクリーチャーを確保しておく必要があります。
よって、強襲を活用するためには、序盤から積極的に殴れるデッキであることが必要になります。

変異


子馬乗り部隊/Ponyback Brigade
マルドゥが5マナ浮かせて変異クリーチャーを立たせていたらその変異は大抵《子馬乗り部隊/Ponyback Brigade》でしょう。

ターンエンドに表にしてゴブリントークンを出し、《ラッパの一吹き/Trumpet Blast》で大ダメージという流れがあるので注意が必要です。

相手

自分


子馬乗り部隊/Ponyback Brigade》以外に5マナを浮かせている状態の変異クリーチャーを推測してみます。白い変異であればパワーが低くタフネスが高いためブロックに回して攻撃してこないでしょう。赤い変異であれば、パワーが5ある《峡谷に潜むもの/Canyon Lurkers》や先制攻撃を持っている《アイノクの足跡追い/Ainok Tracker》が考えられます。黒い変異であれば、パワーが5ある《クルーマの盟族/Krumar Bond-Kin》という事になるでしょう。

あとは自分の手札と盤面を見ながら、ブロックするのか、するのであればどのようにブロックするのか考えていきます。

ボム



兜砕きのズルゴ/Zurgo Helmsmasher
足首裂き/Ankle Shanker
軍族の解体者/Butcher of the Horde

兜砕きのズルゴ/Zurgo Helmsmasher》は除去されなければそれだけで殴り倒せる優秀なクリーチャーです。
足首裂き/Ankle Shanker》は味方の攻撃クリーチャーが無敵のアタッカーに変身します。
軍族の解体者/Butcher of the Horde》は単純に4マナ5/4飛行という破格のスペックです。


サンプルリスト


ティムール

ティムールに属するクリーチャー、呪文は獰猛(どうもう/Ferocious)能力を持ち、戦場にパワーが4以上のクリーチャーを並べコントロールする戦略が得意です。
ミッドレンジ的なデッキ構築が基本となります

デッキの概要

強み:
パワフルな大型クリーチャーによるラッシュ
弱み:
回避能力がない場合が多く、突破力に欠ける

序盤:
クリーチャー展開
中盤:
凶暴な殴打/Savage Punch》《引き剥がし/Force Away》によるテンポ取得、変異コストによるサイズアップ
終盤:
凍氷破/Icy Blast》や《石弾の弾幕/Barrage of Boulder》での一押し

獰猛

呪文が解決される際に、パワーが4以上のクリーチャーをコントロールしている場合、場合、カードに書かれている獰猛の恩恵を受けることができます。


石弾の弾幕/Barrage of Boulders
凍氷破/Icy Blast
挑発の咆哮/Roar of Challenge
最後の一押しを支えてくれるカード。
相手のブロックを無効化して一気に殴り勝ちます。


荒野の後継者/Heir of the Wilds
凶暴な殴打/Savage Punch
優秀な除去。
荒野の後継者/Heir of the Wilds》の接死能力や《凶暴な殴打/Savage Punch》の能力で相手のクリーチャーを除去出来ます。


引き剥がし/Force Away
龍の握撃/Dragon Grip
コンバットトリック。《引き剥がし/Force Away》は長久でカウンターを貯めたクリーチャーに対してよく効きますし、変異コストを支払ったクリーチャーを戻しても強いです。
龍の握撃/Dragon Grip》は獰猛を満たしていればインスタントタイミングで唱える事ができ、+2/+0と先制攻撃を付けることができるので非常に優秀です。


火口の爪/Crater's Claws
ただただ強いX火力。最後に相手にとどめの一撃をくらわせます。


書かれざるものの視認/See the Unwritten
頑固な否認/Stubborn Denial
うまくはまれば強いカード。

変異


雪角の乗り手/Snowhorn Rider
ティムールが5マナ浮かせて変異が殴ってきたらその変異は大抵《雪角の乗り手/Snowhorn Rider》でしょう。

素で5/5のサイズである上にトランプルを持っているため、チャンプブロックしてもダメージが本体へ通ってしまいます。

相手

自分


雪角の乗り手/Snowhorn Rider》以外に5マナを浮かせている状態で攻撃してくる変異クリーチャーを考えていきます。青い変異であれば、《隠道の神秘家/Mystic of the Hidden Way》など先に表にしてから殴ってくるはずですし、攻撃に回してくるということは《氷河の忍び寄り/Glacial Stalker》になるでしょう。赤い変異であれば、パワーが5ある《峡谷に潜むもの/Canyon Lurkers》や先制攻撃を持っている《アイノクの足跡追い/Ainok Tracker》かもしれません。緑の変異であれば《松歩き/Pine Walker》や《頭巾被りのハイドラ/Hooded Hydra》、《サグの射手/Sagu Archer》の可能性があります。また緑青で《サグのやっかいもの/Sagu Mauler》など対処が難しいカードもあります。

あとは自分の手札と盤面を見ながら、ブロックするのか、するのであればどのようにブロックするのか考えていきます。

ボム


龍爪のスーラク/Surrak Dragonclaw
サグのやっかいもの/Sagu Mauler
火口の爪/Crater's Claws
凍氷破/Icy Blast
一端場に出て対処さえされなければそれだけで勝利が可能です。
龍爪のスーラク/Surrak Dragonclaw》は他のクリーチャーにトランプルを与えることにより、相手のチャンプブロックを無力化します。
サグのやっかいもの/Sagu Mauler》は自身がトランプルを持っている上に、呪禁であるためと除去カードを受け付けません。
火口の爪/Crater's Claws》は最後のとどめのX火力です。《凍氷破/Icy Blast》も相手のクリーチャーをフルタップにすることによって、相手にとどめを刺します。

サンプルリスト

同一カテゴリの記事一覧

  1. 2015GP静岡を楽しもう! タルキール覇王譚シールドのヒント
  2. 2015GP静岡を楽しもう! タルキール覇王譚シールド実践編
  3. 2015GP静岡を楽しもう! タルキール覇王譚の構造
  4. 2015GP静岡を楽しもう! タルキール覇王譚シールドの基本
  5. 2015GP静岡を楽しもう! タルキール覇王譚~5つの氏族とキーワード能力~