放課後スタンダードコレクション 2014年2月①

投稿日: このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

放課後スタンダードコレクションです。

「神々の軍勢」が使用できるようになり環境初期ならではの、様々なデッキの可能性を模索する時期。

放課後まじっく情報局も、いくつかの関東圏の草の根大会に顔を出し、新しいスタンダード環境のマジックを楽しんでいます。

今回は、ライターである私も参加した大会を中心にまとめていきたいと思います。

それではコレクション!!


環境初期の雑感

どうやらスタンダード環境は、「神々の軍勢」の登場により、新たなアーキタイプが華々しく登場!という展開にはならず

既存の、「青単信心」、「黒単信心」、「赤単信心」そして、「青白コントロール」という4つの軸が、いまだ健在という形になっているようです。

とはいえ、赤緑「グルール」など、新しい可能性を持つデッキも登場しています。

それでは、各大会の結果も含め、デッキをコレクション!!


五竜杯におじゃましました

五竜杯


優勝。

優勝は「神々の軍勢」のカードはゼロという「青単信心」。

やや肩すかしな感じがしないわけではありませんが、最近はやや低迷気味かと思われていた「青単信心」の底力が発揮され、そのポテンシャルの高さをまざまざと見せつけました。

新環境で試されるカードへの解答として、サイドボード後に《解消/Dissolve》を採用し戦いやすくしている印象です。

新しいカードの強弱はわからなくても、打ち消してしまえば問題ありませんからね。

また、気になるこちらのデッキもコレクションしておきましょう。

彩色マンティコア/Chromanticore》を採用した、5色デッキ。

授与と、飛行、先制攻撃、警戒、トランプル、絆魂 という5つのキーワード能力を持ち、場にスムーズに出すことが出来れば、1体で場を制圧できるクリーチャです。

黒を含み、また多色である為、破滅の刃や、究極の価格などが効かないのも利点。


「神々の軍勢」から《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix》、《流浪/Peregrination》も採用しています。

地勢/Lay of the Land》などで、マナ基盤を安定させる工夫もされていますね。

サイドボードの《霊気のほころび/Unravel the AEther》は、破壊されない「神」カードへの対策として使われています。

さて、もうひとつの大会もコレクション!!


PWC@東神奈川におじゃましました

122人が参加したGPT名古屋。

GPT名古屋in東神奈川 ベスト8デッキリスト

なんとベスト4のすべてが黒系のデッキ。

また、ベスト8を見ても、8名中5名が黒を使用しています。

優勝は、黒単タッチ白。

白を足すことにより《ヴィズコーパの血男爵/Blood Baron of Vizkopa》や、
幽霊議員オブゼダート/Obzedat, Ghost Council》といった強力なカードを使用できます。

安定性は、黒単の方がもちろんありますが、黒単同士の対戦においては、
ヴィズコーパの血男爵/Blood Baron of Vizkopa》のプロテクション「黒」が、
一方的にゲームを決めてしまいます。




また、新たに使われているカードは《胆汁病/Bile Blightt》。

破滅の刃では対処できなかった《夜帷の死霊/Nightveil Specter》にも対処でき、
また、いわゆる「ネズミゲー」という《群れネズミ/Pack Rat》の量産にも(ある程度は)対応可能となりました。

対象と同名のクリーチャーにも修整を及ぼすため、1体多数交換を取れる可能性のあるカードです。

この新しいカードにより、デッキの対応力が上がり、黒単のデッキパワーを引き締めたような印象で、新環境の軸になるデッキのひとつだと思います。


もっとも「神々の軍勢」を採用したデッキタイプ

また、赤緑「グルール」系のデッキも増加しています。

クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix》と、《歓楽の神、ゼナゴス/Xenagos, God of Revels》という強力カードを採用し、《ドムリ・ラーデ/Domri Rade》や《歓楽者ゼナゴス/Xenagos, the Reveler》といった有力なPWも採用できるこのデッキ。

今後デッキが練られてくれば、ポテンシャルを発揮する可能性は十分にあると思います。


また今現在は、《ニクスの祭殿、ニクソス/Nykthos, Shrine to Nyx》を使用しない形が主流のようですが、今後の展開にも注目です。

個人的には、《森の女人像/Sylvan Caryatid》からのミッドレンジ的な展開よりも、もっと純粋に殴る古きよきステロイドのような構成も試してみたいです。


ナヤカラーの《天上の鎧/Ethereal Armor

また、ナヤカラーでの呪禁オーラデッキも取り上げておきましょう!

天上の鎧/Ethereal Armor》を使用したデッキの最新版。

ひるまぬ勇気/Unflinching Courage》や《オルゾヴァの贈り物/Gift of Orzhova》によって、
ビートダウンデッキに有利をつけることができます。


<

黒単が採用する《肉貪り/Devour Flesh》などの、生贄に捧げさせるカードの枚数によって、勝率が変わりそうな為、メタゲームによっては《復活の声/Voice of Resurgence》の採用なども検討すると良いでしょう。

加護のサテュロス/Boon Satyr》や《ワームの到来/Advent of the Wurm》など、インスタントタイミングで動けるカードを採用しているので、コントロールデッキにも戦える構成になっています。


新環境はまだまだこれから

今回の「放課後スタンダードコレクション」は、環境初期の雑感をお伝えするのみとなりました。

新しくコレクションした「神々の軍勢」のカードは、メイン、サイド含めて、



クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix
彩色マンティコア/Chromanticore
流浪/Peregrination
胆汁病/Bile Blight
悲哀まみれ/Drown in Sorrow
歓楽の神、ゼナゴス/Xenagos, God of Revels
霊気のほころび/Unravel the AEther

7枚のみのお披露目です。


大会を取材していると、「神々の軍勢」注目のカード、《都市国家の神、エファラ/Ephara, God of the Polis》を採用したデッキの姿も見かけます。

次回は、そのような取り上げることの出来なかったカードも含め、出来るだけ多くのデッキをコレクションしながら、環境の初期初動をまとめて行ければと思います。

どうぞお楽しみに!

同一カテゴリの記事一覧

  1. 放課後スタンダードコレクション「世界選手権2014」 2014年12月①
  2. 放課後スタンダードコレクション 2014年10月③
  3. 放課後スタンダードコレクション 2014年10月②
  4. 放課後スタンダードコレクション 2014年10月①
  5. 放課後スタンダードコレクション 2014年9月①
  6. 放課後スタンダードコレクション 2014年8月①
  7. 放課後スタンダードコレクション 2014年5月①
  8. 放課後スタンダードコレクション 2014年4月①
  9. 放課後スタンダードコレクション 2014年3月①
  10. 放課後スタンダードコレクション 2014年1月①