放課後スタンダードコレクション(※番外編付)2013年12月②

投稿日: このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さん、こんにちは!

放課後スタンダードコレクションです!!

季節は冬ながらも熱かった「GP静岡」が終わり、2013年のマジックも年納めに向かっている時期かもしれません。

しかしながら、関東圏では、今週末に「The Last Sun 2013」という大きなイベントが待ち構えています。

スタンダードとレガシーの混合フォーマットという、非常に興味深い大会です。

そんな中、今回は「GP静岡」の結果を中心に、スタンダード環境を振り返っていきたいと思います。


それではコレクション!!

GP静岡優勝デッキは!?

仲田 涼さんの「白黒人間」!

大会直前にアップした「放課後スタンダードコレクション 2013年12月①」では、「細かいクリーチャが多く、脆さが目につくデッキに見えますが、放課後まじっく倶楽部内でメタデッキを全て使いリーグ戦をした結果、一番勝率が良かったのが、実はこのデッキでした。」

「優秀な1マナクリーチャから始まるビートダウンは、どのデッキとも台頭に戦うポテンシャルを感じさせました。」

とまとめましたが、優勝に輝くとは(失礼ながら)思いませんでした。

とはいうのも、このデッキには、《至高の評決/Supreme Verdict》以上に、《ヴィズコーパの血男爵/Blood Baron of Vizkopa》という、明確に苦手なカードが存在していたからです。

白と黒というカラーコンビネーション上、《ヴィズコーパの血男爵/Blood Baron of Vizkopa》に対抗出来るカードは、《肉貪り/Devour Flesh》などの不確定なカードしかありませんでした。

有利がつくであろう「青単信心」の数が減り、「青白コントロール」や「エスパーコントロール」が増加すると考えていたメタゲームにおいて、「白黒人間」がどれほどのパフォーマンスを見せる事ができるのか?

…などと考えていたものの、ウィニーという相手のライフを減らすという明確な戦略が、その杞憂を乗り越えたようです。

優勝に輝いた仲田さんには、まさに脱帽の一言。

「GP静岡」優勝おめでとうございます!!

TOP8のデッキをコレクション!

それでは、TOP8のデッキにも目を向けていきましょう。

デッキは、優勝した「白黒人間」が1名、準優勝の「エスパー人間」が1名、「青単信心」が2名、「青黒コントロール」が1名、「赤緑ビートダウン」が1名、「青白コントロール」が2名、といった結果です。

直前の「GPダラスフォートワース」で優勝した「黒単信心」の姿はなく、また「赤単信心」もTOP8には残っていないようです。

「赤単信心(タッチ白)」は中速にデッキをシフトした影響で、青白コントロールに分が悪くなり、全体的に勝ちきれなかった印象です。

今後、1マナクリーチャを多めに採用した形に変化するかなど、「赤単信心」の動向にも注目したいところ。

さて、TOP8で気になるデッキは、

Deck Tech:高尾 翔太の「エスパー人間」でも取り上げてられていたこのデッキ。

「白黒人間」に青を足し、《リーヴの空騎士/Lyev Skyknight》や、《拘留の宝球/Detention Sphere》《至高の評決/Supreme Verdict》《遠隔+不在/Far+Away》といった受けの広いカードを採用。

青を足すことにより、前述した《ヴィズコーパの血男爵/Blood Baron of Vizkopa》に、多少ながらも対応することが可能となっています。

もうひとつ注目のデッキが、こちら。

佐藤啓輔さんの赤緑のビートダウンデッキ。

放課後スタンダードコレクション 2013年11月①」で特集した、「GPサンディエゴ」のTOP8にも入っていますが、今回の「GP静岡」でも結果を残しています。

コントロールの増加というメタゲームの変化によって、《変わり谷/Mutavault》を2枚使用。

また、プレインズウォーカーを多めに採用し、コントロールデッキに対する耐性をつけているようです。

各色の「信心」デッキの陰に隠れていた「緑」の可能性を感じさせてくれるデッキです。

TOP16のデッキをコレクション!

TOP16まで範囲を広げると、

「黒単信心(タッチ白含む)」が4名、「青単信心」が1名、「黒白人間」が2名、「青白コントロール」が1名と、「黒単信心」のポテンシャルを感じさせます。

このデッキの、キーカードは《群れネズミ/Pack Rat》。

このカードは本当に強力で、対処できなければ、あっという間にゲームを決めてしまいます。

デッキとしては、黒単の形で《アスフォデルの灰色商人/Gray Merchant of Asphodel》を採用するか、あるいは、白を足して《ヴィズコーパの血男爵/Blood Baron of Vizkopa》や《幽霊議員オブゼダート/Obzedat, Ghost Council》を使用するか、細部に様々な違いが見られ、どのような形が最善なのか、メタゲームの動向によって変化するでしょう。

今回の「白黒人間」の優勝によって、「白黒人間」が台頭してくるのであれば、白を足し《ヴィズコーパの血男爵/Blood Baron of Vizkopa》を採用する形が良いと思われます。

GP静岡を終えて

「青単信心」などの、各色の「信心」から始まった「テーロス」後のスタンダード。

様々なデッキが登場し、中心には「青単信心」「黒単信心」「赤単信心」といったデッキがある中、「青白コントロール」が流行、そのどれかのデッキが優勝するかと思いきや、「黒白人間」という新たなTier1が姿を現しました。

「赤単信心」は、今回は負け組となってしまった印象ですが、環境初期に見られたような、速度の速い形に変化し、また台頭してくるかもしてれません。

さて、そんな中。おそらく2013年最後の大きな大会になるであろう「The Last Sun 2013」では、どのデッキが結果を残すのか!?

その結果は、来年、2014年の放課後スタンダードコレクションで追いかけたいと思います。

2013年も放課後まじっく倶楽部をご覧頂き、誠にありがとうございました。

それでは、良いお年を!!

(番外編)スタンダード(?)トーナメント開催のお知らせ!!

放課後まじっく倶楽部のチームメイトでもある佐々木主催で、晴れる屋様の協力を頂き、「細けえことはいいから家に眠ってる(当時のスタンダードの)デッキそのままもってこい杯(家眠杯)」というスタンダード(?)の大会が2014年1月8日(水)に開催されます。

スタンダード(?)と言っても、題名を見れば、そのまんまなのですが、皆さんが「その当時」使っていた「スタンダード」の思い出深いデッキを持って来て、マジックを楽しもうという趣旨の大会です。

「それは、モダンじゃないの?レガシー?」と思ってしまう方が多いと思いますが、細かい事は気にせずに、自分の好きなデッキを持って来れば、サイドボードなしの一本先取で、次々と色んなデッキと対戦が出来ます。

「とはいえ、MOMAとか持ってくる人いるんじゃないの?」という疑問はあると思いますが、

その辺りの細かいところは、運営スタッフが調整し、「強いデッキ同士は、強いデッキ同士で当てる」変則リーグ戦という形になる予定です。

実は、この「強い」というのがまだ読めてなくて、

「カウンタースリヴァー?」→「今のスタンに勝てるの?」
「補充デッキだと空気読めてない?」→「いやいや、補充位なら許してくれるでしょ」
「ちょっと前のスタンだと、カウブレード?」→「強すぎだと思われたら、MoMaとかと当てられまくるんじゃないかな?」

なんて会話をしている感じです(笑)。

「ヨーロピアンブルー」「赤単スライ」「レベル」「ファイアーズ」「ヘイトレッド」「青茶」「赤茶」「補充」などなど、

どうですか?思い出すだけで、当時の楽しさが蘇ってくる感じがしませんか??

とにかく、自分の使いたいデッキを持って来て参加すれば大丈夫です!!

また、デッキのない人には、デポジット制でデッキの貸出も行われます(デッキ返却時に返金)。

もちろん、現スタンダードのデッキでも構いません。

「今のカードは強すぎる」というのは、はたして本当なのか!?
昔の「スタンダード」と夢の対戦をしてみましょう。

当日のスケジュールは、

18:30 参加受付・デッキレンタル開始
19:00 リーグ戦スタート。晴れる屋の店舗スタッフから簡単な説明。
20:00 イベントを一時中断し、あらためて主催者あいさつ。
21:30 終了。アンケート記入のお願い。この時刻でやりかけのゲームが終わり次第、
   結果記録用紙を回収し、最多勝の方の表彰式。
23:00 閉店(この時間までは、会場内でフリー対戦OK)。

となっています。

参加費は500円。
参加賞として「テーロス」日本語版1パックと、ライフの推移をメモする「めもんちゅ」を配布。
豪華賞品も用意との事!

真剣にトーナメントに挑むこともマジックの面白さなら、こんな「お祭り」もマジックの醍醐味。

是非とも奮ってご参加下さい^^!!

同一カテゴリの記事一覧

  1. 放課後スタンダードコレクション 2013年12月①
  2. 放課後スタンダードコレクション 2013年11月①
  3. 放課後スタンダードコレクション 2013年10月②
  4. 放課後スタンダードコレクション 2013年10月①
  5. 放課後スタンダードコレクション 2013年9月②
  6. 放課後スタンダードコレクション 2013年9月①
  7. 放課後スタンダードコレクション 2013年8月②
  8. 放課後スタンダードコレクション 2013年7月①
  9. 放課後スタンダードコレクション 2013年6月①
  10. 放課後スタンダードコレクション 2013年5月②
  11. 放課後スタンダードコレクション 2013年5月①
  12. 放課後スタンダードコレクション 2013年4月①
  13. 放課後スタンダードコレクション 2013年3月②
  14. 放課後スタンダードコレクション 2013年3月①
  15. 放課後スタンダードコレクション 2013年2月②
  16. 放課後スタンダードコレクション 2013年2月①
  17. 放課後スタンダードコレクション 2013年1月②
  18. 放課後スタンダードコレクション 2013年1月①