第392回 PWC(新宿)におじゃましてきました

投稿日: このエントリーをはてなブックマークに追加

今回の放課後まじっく情報局はPlanes Walker's Cup主催者の中嶋様が東京マルチメディア専門学校で主催した第392回 PWC(新宿)におじゃましてきました。(会場へのアクセスはこちら

テーロスが発売されてから2週間が経過。それそれのデッキの形が見えてきたスタンダード環境に132名のプレイヤーが集まりました。


勢力として多かったのはやはり赤系ビートとエスパーコン。デッキの構成については前回の記事のとおりです。

しかし決勝に残ったのはセレズニアが二人。一時期数を減らしていたゾンビも復活しているようです。

そんななか注目したのが青黒緑。《悪夢の織り手、アショク/Ashiok, Nightmare Weaver》、《思考を築く者、ジェイス/Jace, Architect of Thought》、《冒涜の悪魔/Desecration Demon》、《森の女人像/Sylvan Caryatid》、《突然の衰微/Abrupt Decay》、《霧裂きのハイドラ/Mistcutter Hydra》等々の『コントロールに強く、ビートにも硬いカードで固められたデッキ』に仕上がっていました。

そういう意味ではセレズニアも全体的に高タフネスで赤系除去に強く、《復活の声/Voice of Resurgence》や《ロクソドンの強打者/Loxodon Smiter》、エンドに打てる《ワームの到来/Advent of the Wurm》のがあるからコントロールに強いので、どちらも大会当日のメタゲームには合致していたのかもしれません。
すが。



ちなみにTOP8は白緑ビートダウン×2、赤単ビートダウン×2、赤緑ビートダウン、グットスタッフ、青緑黒ビートダウン、白青黒コントロール。(大会結果はこちら


取材協力:New Expansion

(※放課後まじっく情報局では、今後も沢山の皆様にインタビューをしていく予定です。その際には、ご協力の頂ければ幸いです。宜しくお願いします)

同一カテゴリの記事一覧

  1. 第393回 PWC(新宿)におじゃましてきました
  2. 晴れる屋日曜おかわりスタンダード(高田馬場)におじゃましてきました
  3. 「晴れる屋トーナメントセンター」におじゃましました。
  4. 晴れる屋日曜スタンダード(高田馬場)におじゃましてきました
  5. 第365回 PWC(川崎)におじゃましてきました
  6. PTQドラゴンの迷路(川崎)におじゃましてきました