放課後スタンダードコレクション 2013年9月②

投稿日: このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

放課後スタンダードコレクションです。

「テーロス」の感触はいかがですか?
プレリリースでは良いカードプールに恵まれたでしょうか?

この原稿を書き始めている段階では、まだ新スタンダード環境のデッキが姿を現していないので、今回は、M14とイニストラードブロックの脱落/テーロス加入後の雑感を、テーロスのカードの紹介とともにコレクション!

ついに来た「神」のカード!赤系デッキの可能性

まず、新環境で気になるのは、

テーロス加入で注目される、赤の神こと《鍛冶の神、パーフォロス/Purphoros, God of the Forge》。

まずは、このカードを中心に赤デッキを組んでみたいところです。

4マナとやや重いですが、《鍛冶の神、パーフォロス/Purphoros, God of the Forge》がいる状態でクリーチャーを連打していれば、ただそれだけでゲームに勝てるほど強力。

また、赤系デッキは旧環境から失ったものが少なく、逆に《マグマの噴流/Magma Jet》という、往年の強力カードが「テーロス」で帰ってきました。



鍛冶の神、パーフォロス/Purphoros, God of the Forge》を生かすカードとして、《軍勢の集結/Assemble the Legion》が考えられます。

量産されるトークンと赤い神の相性は抜群。

毎ターン、2点、4点…とダメージを与える事が可能です。

同じトークンの戦略として《若き紅蓮術士/Young Pyromancer》との相性も良いでしょう。

ソーサリーとインスタントを撃つだけでトークンが出てくるので、あっという間に相手のライフを削り切ってしまいます。

優秀すぎるクリーチャ達。「セレズニア」白緑系デッキの安定感

白緑(セレズニア)は《復活の声/Voice of Resurgence》、《ロクソドンの強打者/Loxodon Smiter》、《ワームの到来/Advent of the Wurm》が存在します。

そこに、《万神殿の兵士/Soldier of the Pantheon》、《羊毛鬣のライオン/Fleecemane Lion》などの強力クリーチャーが加入。


シンプル・イズ・ベスト。マナカーブに沿って、白緑ならではの優秀なクリーチャを採用していけば、簡単に白緑ビートダウンデッキが完成します。

さきほどの赤系デッキと同じく失ったカードが少ないデッキと言えるでしょう。
失ったと言えば、土地くらいでしょうか。

当然、新環境のメタデッキとして白緑系デッキは外せません。

マナクリーチャーがいない状態でも2マナからマナカーブ通りに動いて、

2ターン目 《復活の声/Voice of Resurgence》や《羊毛鬣のライオン/Fleecemane Lion
3ターン目 《ロクソドンの強打者/Loxodon Smiter
4ターン目 《ワームの到来/Advent of the Wurm

が驚異的なのは言うまでもないでしょう。

コントロール、青白系の未来は

ビートダウンデッキが台頭すれば、当然、対抗するのはコントロールデッキ。

青白系のデッキもメタゲーム上に姿を現す事は間違いなし。

様々な形が生まれるでしょうが、《スフィンクスの啓示/Sphinx's Revelation》を撃ち、アドバンテージを稼ぐ形は変わらないと思われます。

このカードがいかに強力かは、今更言う必要はないでしょう。

また、《至高の評決/Supreme Verdict》も、《絡み根の霊/Strangleroot Geist》などの不死クリーチャーが存在しないので、相対的に強くなりました。

テーロスから加入した《太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun's Champion》も非常に強く、コントロールの基盤を支えてくれます。


ジャンド

旧環境のジャンドは失ったカードの代替え品を探し、存在し続ける事と思います。

優秀なクリーチャと除去を採用できるので、クリーチャ戦を有利に戦う事が出来るデッキです。

ジャンドを組むために必要だった《遥か見/Farseek》は、新たに登場した《森の女人像/Sylvan Caryatid》などで埋めることになるでしょう。

クリーチャをブロック出来るので、《遥か見/Farseek》よりもクリーチャ耐性が上がります

紅蓮の達人チャンドラ/Chandra, Pyromaster》、「ラクドスの復活」などアドバンテージを取れるカードはまだまだ強力。

ドロースペルとしては《骨読み/Read the Bones》もまた優秀です。


前環境の最大勢力「グルール」赤緑ビートダウン

絡み根の霊/Strangleroot Geist》《地獄乗り/Hellrider》などの速攻クリーチャを失い、マナクリーチャから展開するものをこれから吟味する必要があります。

雷口のヘルカイト/Thundermaw Hellkite》の代わりは《嵐の息吹のドラゴン/Stormbreath Dragon》が担うでしょう。

また、《歓楽者ゼナゴス/Xenagos, the Reveler》から《自由なる者ルーリク・サー/Ruric Thar, the Unbowed》などの流れなど、新たなカードの活躍が見込まれます。


新スタンダードへの期待、そして、雑感

新環境のスタートは、やはり、ビートダウンが強い環境だと思われます。

その為、対クリーチャーとしても心強い《ボロスの反攻者/Boros Reckoner》が環境に増えるかもしれません。

スペルよりもクリーチャの性能が優っている時代なので、当然かもしれませんが、それに対抗するコントロールデッキの存在も見過ごせません。

思考を築く者、ジェイス/Jace, Architect of Thought》や《スフィンクスの啓示/Sphinx's Revelation》を利用したコントロールデッキが対抗馬として出てくる事でしょう。



ただし、その形が、《拘留の宝球/Detention Sphere》などを利用した、タップアウトコントロールになるのか、《本質の散乱/Essence Scatter》や《解消/Dissolve》を積んだパーミッションになるのかは興味深い所です。

神の評価はどうなるか

神は破壊出来ないため対処方法が限られます。

白緑の《セレズニアの魔除け/Selesnya Charm》が今後、神対策として重要なカードとなってくるかもしれません。


注目は、前述した《鍛冶の神、パーフォロス/Purphoros, God of the Forge


白の《太陽の神、ヘリオッド/Heliod, God of the Sun》もどうなるか。

少し重い気もしますが、トークンが出るのが強く、青白コントロールに活躍の場があるかもしれません。


個人的には、黒の《死者の神、エレボス/Erebos, God of the Dead》が期待の1枚。

ライフの回復をふせぐ能力が《スフィンクスの啓示/Sphinx's Revelation》に対して刺さり、また、ライフを失ってしまいますが、2マナで1ドローの能力も驚異的です。

テーロス加入後のスタンダード

今回は、テーロスのカードを紹介しながら、新スタンダードで登場するであろうカードをコレクション。

メタゲームの波はどのようなうねりを見せるのか!?

次回のスタンダードコレクションの頃には、ある程度の環境の傾向がわかってくると思いますので、それを中心にまとめて行こうと考えています。

どうぞ次回も、お楽しみに!!

同一カテゴリの記事一覧

  1. 放課後スタンダードコレクション(※番外編付)2013年12月②
  2. 放課後スタンダードコレクション 2013年12月①
  3. 放課後スタンダードコレクション 2013年11月①
  4. 放課後スタンダードコレクション 2013年10月②
  5. 放課後スタンダードコレクション 2013年10月①
  6. 放課後スタンダードコレクション 2013年9月①
  7. 放課後スタンダードコレクション 2013年8月②
  8. 放課後スタンダードコレクション 2013年7月①
  9. 放課後スタンダードコレクション 2013年6月①
  10. 放課後スタンダードコレクション 2013年5月②
  11. 放課後スタンダードコレクション 2013年5月①
  12. 放課後スタンダードコレクション 2013年4月①
  13. 放課後スタンダードコレクション 2013年3月②
  14. 放課後スタンダードコレクション 2013年3月①
  15. 放課後スタンダードコレクション 2013年2月②
  16. 放課後スタンダードコレクション 2013年2月①
  17. 放課後スタンダードコレクション 2013年1月②
  18. 放課後スタンダードコレクション 2013年1月①