「晴れる屋トーナメントセンター」におじゃましました。

投稿日: このエントリーをはてなブックマークに追加

「CARDSHOP晴れる屋」から、「晴れる屋トーナメントセンター」へと、更なる進化を遂げた「晴れる屋」にインタビューをお願いしました。

お店までの道順は、こちらからご覧下さい。

放課後まじっく倶楽部「情報局」が、「CARDSHOP晴れる屋」オープン時にインタビューしたのは3年前。

その間の軌跡と、これからの展望を、「株式会社Good Games」代表取締役会長の齋藤友晴さんに語って頂きました。


【よりときめく方へと!】

情報局
まずは「晴れる屋トーナメントセンター」おめでとうございます。
また、セレモニーへ招待して頂きありがとうございます。
    
※このインタビューは、晴れる屋トーナメントセンター開店記念パーティ時に、お願いしました。




齋藤
ありがとうございます。

情報局
まずは、この広さに圧倒されますね。

齋藤
そうですね。プレイススペースが最大300名と、以前の6倍になっています。

情報局
お店もそうですが、店内にいるスタッフの数も増えていますね。

齋藤
スタッフは30名程。役員を含めると、社員も7名になりました。

情報局
インタビューする前に以前の記事を読み直したんですよ。
その時は、スタッフが6名とおしゃっていましたから、三年で席数もスタッフも約6倍になったという事ですね。

齋藤
あっ、そうなりますね。

情報局
こういう言い方は変かもしれませんが、300名来るという見通しがあっての移転ですか?

齋藤
いや、正直に言うと、最初は100~150名程度入る物件を探してたんです。
以前のお店は、大会を開くと50席全てが埋まっちゃって、フリースペース目当てのお客様が入れないという事態もよくありました。

情報局
以前の店舗では、もう足りなかったという事ですね。

齋藤
そうですね。全部埋まってしまうって事は、来たくてもこれないという潜在的顧客を逃してしまっていて、お客様にも迷惑をかけてしまう事になるので。

齋藤
それで、それ位の規模の物件を探してたんですが、この場所に出会って、まあ、巡り合って、リスクは勿論あるんですが、よりときめく方を選んだという事ですね。

情報局
「昔のDCIセンターのようになったら理想ですね」って言葉が、前回のインタビューであったんですが、まさにそのような形になりましたね。

齋藤
まだどうなるかわかりあませんが、そうなるように努力していきます。


【これは、挑戦です】

情報局
お店の特徴を教えて頂けますか?

齋藤
まずは座席数ですね。どこにも負けない広さがあります。
それからフィーチャー エリアを用意してあります。

情報局
ジェイスのフィーチャー エリアですね。
上についているのはカメラですか?

齋藤
そうです。店内のディスプレイに映す事も出来ます。
ここでフィーチャー マッチをやりたい!って思って頂けるようにしたいですね。
 
情報局
300名のトーナメントセンターを運営するというのは、並大抵のことではないですよね?

齋藤
そうですね。最大の挑戦になると思います。
皆様の応援があってこそですね

情報局
希望としては、何名いらっしゃって頂ければいいと考えていますか?

齋藤
勿論、希望は、毎日300名ですけど(笑)。

まずは、平日トーナメントで毎日100名を目標にしています。

とにかくここに来れば、マジックが楽しめる場所にしたいですね。

入場は無料ですし、マジック書籍や、雑誌なども置いたりして、過ごしやすくしたつもりです。


【マジックが好きでつながる可能性】

情報局
晴れる屋から、晴れる屋トーナメントセンターに変わり、何か心境の変化はありましたか?

齋藤
短い期間で移転したので、まだあまり実感はないのですが、何て言うんですか、ただただマジックが好きで色々やってきたんですが、段々と出来る事も増えてったように思うんです。

気持ちに、実現力が加わって、マジックをもっと盛り上げたい、より良いものにしていきたいとあらためて思いましたね。

オールインの挑戦です。


【毎年続けたいという願いを込めて】

情報局
年末のイベントについてもお聞きして宜しいですか?

齋藤
The Last Sun2013」ですね。

情報局
予選大会情報も次々に更新されていますね。

齋藤
ようやく動き出してきました。

情報局
これは毎年のイベントになるんですか?

齋藤
そうなれば良いなという意味を込めて「2013」とつけたんですが、まずは今年の結果次第です。宜しくお願いします!


【東京には晴れる屋トーナメントセンター】

情報局
最後にメッセージを頂けますか?

齋藤
トーナメントセンターと言うと、格式ばったところのように聞こえますが、気軽に足を運んで頂きたいと思います。
    
大きなイベントの運営や、ジャッジの育成など、店側としてやる事はしっかりやりますが、全てのマジックユーザーがふらっと気軽に遊びに来れるような、東京にきた際には是非寄って頂けるような、そんな場所にしたいですね。

齋藤さん、お忙しい中、誠にありがとうございました。


取材協力:晴れる屋トーナメントセンター

構成 伊藤 
取材・文・写真 宇佐美

(※放課後まじっく情報局では、今後も様々な形で取材を行っていきます。その際には、ご協力頂ければ幸いです)


『晴れる屋トーナメントセンター』

電話番号:03-5332-7544
住所:東京都新宿区高田馬場3-12-2OCビル2F
営業時間:9:00~23:00(土日祝含む)無休
アクセス:高田馬場駅から徒歩5分

【晴れる屋の軌跡】

会社略歴

2009年 1月東京都豊島区にて個人事業として、 屋号「晴れる屋」で通販サイト「MTG通販晴れる屋」営業開始
2010年 1月通販サイト「晴れる屋プレイド店」営業開始
2010年 6月東京都新宿区にて実店舗「CARDSHOP晴れる屋」オープン
2010年 9月通販サイト「晴れる屋Japanese」営業開始
2011年 4月トレーディングカードゲーム情報サイト「happymtg.com」オープン。通販サイトを全て統合して「MTG通販晴れる屋」を全面リニューアル
2011年 11月CARDSHOP晴れる屋がスポンサードする彌永淳也氏が,マジック・ザ・ギャザリング世界選手権2011で優勝
2011年 12月事業拡大に伴い、「晴れる屋」事業を法人化。 株式会社GoodGamesを設立
2012年 12月Webでの不用品買取サイト「MTG通販晴れる屋 買取り処」オープン
2012年 6月海外向け通販サイト「saitocardshop.com」オープン
2012年 6月グランプリ横浜2012を主催。日本最高となる1523名の動員を記録
2013年 3月グランプリ横浜2013を主催。世界第2位となる2297名の動員を記録
2013年 8月晴れる屋トーナメントセンターを設立
2013年 8月「MTG通販晴れる屋」の名称を「MTGSHOP晴れる屋」に変更

同一カテゴリの記事一覧

  1. 第393回 PWC(新宿)におじゃましてきました
  2. 第392回 PWC(新宿)におじゃましてきました
  3. 晴れる屋日曜おかわりスタンダード(高田馬場)におじゃましてきました
  4. 晴れる屋日曜スタンダード(高田馬場)におじゃましてきました
  5. 第365回 PWC(川崎)におじゃましてきました
  6. PTQドラゴンの迷路(川崎)におじゃましてきました