2013GP横浜ショートインタビュー(諸藤様)

諸藤 拓馬様
最終成績:9位

※飛行機の時間の都合で、メールインタビューという形を取らせて頂きました。
 詳細な解説誠にありがとうございました。

ギルド門侵犯環境について(ドラフト)

1.好きなアーキタイプは。また、好きな理由は。

ボロス、オルゾフ、グルール。
その理由は、今回の環境にある、白黒、白赤、青黒、赤緑、青緑の5種類のカラーリングにあります。

自分のやりかたでは、序盤に白か緑のカードに注目します。
上が白をやっていたら、緑のカードが良く流れてきて、緑をやっていれば、白のカードが流れてきます。

今回の環境は、白と緑が両方使われる事はないので、1パック目に出来るだけ早くそれを察知できるようにピックしていきます。


  
また、赤のカードは、多色カード以外あまり強くないので、上の方が赤白をやっていたとしても赤緑のカードとはあまり被らない事が多いです。


2.やりたくないアーキタイプは。また、その理由は。

シミック、ディミーア


3.個人的に評価している1枚は


正義の突撃/Righteous Charge

取れやすいし、このカードを3~4枚位取れれば、低マナ域のカードから赤白のクリーチャをピックしていっても、強いデッキになると思います。

赤白の個人的理想は

1マナクリーチャー3枚
2マナクリーチャー8枚
3マナクリーチャー3枚
4マナ以上のクリーチャーは3枚
スペル6枚
ランド17枚

ですね。勿論ドラフトでの話ですが…。

また白黒を組んだ時の注目カードは《強打/Smite》です

白黒は地上は《聖堂の護衛/Basilica Guards》や《死体の道塞ぎ/Corpse Blockade》等で守り飛行でぺちぺちしながら『強請』して勝つので相手は湧血などを使用して《聖堂の護衛/Basilica Guards》や《死体の道塞ぎ/Corpse Blockade》を倒しにきます、そこで《強打/Smite》を使うと簡単に1対2交換を取れるからです。
更に《強打/Smite》は取れやすいからですからね。

赤緑を組んだ時の注目カードは《旧き道の信奉者/Disciple of the Old Ways》。

赤緑を組んだ時は低マナのクリーチャーカードに気を使います。
旧き道の信奉者/Disciple of the Old Ways》があれば大体序盤で負ける事はなくなるので、個人的にはかなりの評価してます。


スタンダード来週出るなら
モダン来週出るなら

やっていないのでわかりません。
昨日、再来週にモダンのPTQがあることを知ったくらいで…

ご協力ありがとうございました。

(※放課後まじっく情報局では、今後も沢山の皆様にインタビューをしていく予定です。その際には、ご協力の頂ければ幸いです。宜しくお願いします)

同一カテゴリの記事一覧

  1. 2013GP横浜ショートインタビュー ~プレイヤーに聞きました~
  2. 2013GP横浜ショートインタビュー(小澤様)
  3. 2013GP横浜ショートインタビュー(井川様)
  4. 2013GP横浜ショートインタビュー(渡辺様)
  5. 2013GP横浜ショートインタビュー(八十岡様)
  6. 2013GP横浜ショートインタビュー(石村様)
  7. デュエリストは外国人(簡単マジック英会話)