放課後スタンダードコレクション 2013年1月①

投稿日: このエントリーをはてなブックマークに追加

新年あけましておめでとうございます。
本年も、放課後まじっく倶楽部を宜しくお願い致します。

2013年最初のコレクション

まずは昨年末に行われた、
関東ファイナルズ」の結果から見ていきたいと思います。

それでは、コレクション!!


台頭する2つのビートダウン

初日スタンダード成績優秀者デッキリスト

初日スタンダード成績優秀者デッキリスト

デッキ人数
ラクドス5
セレズニア4
ナヤ2
リアニメイト1
トリコフラッシュ1
4色ジャンク1

[セレズニア」と「ラクドス」。

この2つのビートダウンデッキが、現スタンダード環境の先頭を走っているようです。

どちらも「ぶんまわり」のあるデッキで、

セレズニアであれば、マナクリーチャから《銀刃の聖騎士/Silverblade Paladin》《荘厳な大天使/Sublime Archangel》と展開出来れば、相手のライフをあっという間に持って行く事が可能です。

また、ラクドスであれば、1マナ域のクリーチャ―から流れるように《地獄乗り/Hellrider》《ファルケンラスの貴種/Falkenrath Aristocrat》 《雷口のヘルカイト/Thundermaw Hellkite》と繋げる事が出来れば勝利は目前でしょう。

相手が少しでもモタモタするようであれば、すぐにでも勝ちを手にする事が出来るのが魅力のデッキです

それでは、この2つのデッキを詳しく考察していきましょう。

関東ファイナルズでの勝ち頭、セレズニア

白緑というカラーコンビネーションのこのデッキですが、後述するラクドスデッキとは異なり、様々なチューンナップが見られます。

こちらは、人間に特化した形のセレズニア。


ロクソドンの強打者/Loxodon Smiter》などのパワーカードも、サイドボードに落としていますね。

本来、スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thrabenを採用しているスペースに、《議事会の招集/Call of the Conclave》が入っているのが特徴でしょうか。

勿論、出てくるクリーチャは緑の3/3のケンタウルス(Centaur)・クリーチャー・トークンですが、そのクロックの大きさからの採用かと思われます。

また、《イゼットの静電術師/Izzet Staticaster》が環境に多いのも理由のひとつかもしれません。

こちらは、やや重めにシフトしたバージョン。

速度はありませんが、《修復の天使/Restoration Angel》や《スラーグ牙/Thragtusk》などの、パワーカードを採用する事が出来ます。

トリックカードとして入っている《根生まれの防衛/Rootborn Defenses》や、《ドルイドの講話/Druid's Deliverance》が面白いですね。

「居住」もデッキと合致しています。

このように一口に「セレズニア」と言っても、デッキコンセプトや、採用するスペルも様々な形があるようです。

「セレズニア」はこれからも形を変えながら解答を模索していく、伸び代のあるデッキと言えるでしょう。

ラクドスデッキ

昨年のGP名古屋で猛威をふるったラクドスデッキ。

最近では、同型や、ビートダウン対決を制する為に、メインから《吸血鬼の夜鷲/Vampire Nighthawk》を採用しているレシピも多く見られます。

また、このデッキはスペルを《火柱/Pillar of Flame》を4枚しか採用していませんが、他のスペルを何枚採用するかが難しい所ですね。

また赤を多めに採用している、この形も今やお馴染みです。

ラクドスデッキよりも、マナ域を下げている為、手数で勝ちやすい形になっています。

ちなみに、《流城の貴族/Stromkirk Noble》の「人間(Human)にはブロックされない。 」というテキストも、セレズニアが台頭している今、見逃せない所ですね。

ボードコントロール、ナヤデッキの増加

ボードコントロールデッキといえば、一時期はジャンドデッキでしたが、最近は《修復の天使/Restoration Angel》や《静穏の天使/Angel of Serenity》などを採用できるナヤデッキが増加してきました。

前述したセレズニアデッキ以上に、《高原の狩りの達人/Huntmaster of the Fells》、《スラーグ牙/Thragtusk》など、《修復の天使/Restoration Angel》を活用出来るような構成になっています。

4色JUNK 《ラクドスの復活/Rakdos's Return

前述のナヤか、ジャンドかを選ぶ場合、ジャンドカラーを採用する理由のひとつは《ラクドスの復活/Rakdos's Return》にありました。

しかし、白の汎用性の高さから、ナヤデッキが台頭してきたわけですが、その《ラクドスの復活/Rakdos's Return》を利用したデッキがこちらです。

一見、人間リアニメイトデッキのようにも思えてしまいますが、《ベラドンナの行商人/Nightshade Peddler》と《イゼットの静電術師/Izzet Staticaster》のコンボは採用しているものの、墓地から釣るようなカードは使用していません。

息切れ防止に《追跡者の本能/Tracker's Instincts》、相手の手札を攻める《ラクドスの復活/Rakdos's Return》と、興味深い構成になっていますね。

ビートダウンに強い構成のリアニメイト

ビートダウンデッキが台頭してくれば、このような《ケンタウルスの癒し手/Centaur Healer》《スラーグ牙/Thragtusk》を採用している形のリアニメイトも増加してくるでしょう。


フラッシュ

また青白フラッシュ、トリコフラッシュと言われる系統のデッキも成績を残しています。

こちらも《修復の天使/Restoration Angel》で、アドバンテージを稼ぐような構成になっています。

いままで紹介した白を使うデッキの殆どが、採用している程のパワーカードです。

しかしながら、このデッキは勝ち筋の細さ、使用の難しさから、玄人好みのデッキと言えるかもしれませんね。


最近注目のデッキを2つ

あのブライアン・キブラーが世に送り出したデッキです。

ビデオインタビュー


また、それを翻訳をしているサイトもございました。

絡み根の霊/Strangleroot Geist》、《ロッテスのトロール/Lotleth Troll》、《捕食者のウーズ/Predator Ooze》、《ウルフィーの報復者/Wolfir Avenger》と除去に強いクリーチャーで構成し、

怨恨/Rancor》《ウルヴェンワルドの足跡追い/Ulvenwald Tracker》で、
攻勢を維持するビートダウンデッキです。

送還/Unsummon》や《アゾリウスの魔除け/Azorius Charm》対策に、サイドボードでは《強迫/Duress》や《レインジャーの悪知恵/Ranger’s Guile》を採用しているようです。

赤単の進化

MO上で一大勢力として、良く見かける赤単デッキ。

灰の盲信者/Ash Zealot》をはじめとした赤のクリーチャーで構成されています。

地獄乗り/Hellrider》があるため、クリーチャーは多めにとられている構成が多いようです。

キークリーチャーは《紅蓮心の狼/Pyreheart Wolf》。

このクリーチャーのおかげで、一回り大きい《スラーグ牙/Thragtusk》などを無視して、ダメージを叩き込む事が可能です。

また、《石大工/Stonewright》と結魂したクリーチャは、後半の赤マナを有効に使うことができます。

サイドボードの《いかづち/Thunderbolt》は、有効な《修復の天使/Restoration Angel》対策と言えるでしょう。

2013年も宜しくお願いします!

2013年、最初のスタンダードコレクション。

いかがだったでしょうか?

スタンダード環境は、昨年の数々のグランプリを経て、ある程度のデッキが出揃ってきた感じもありますね。

次回は、眼先を変えて、意外なカードを採用しているデッキなどをコレクションして行きたいと思っています。

それでは、また次回もお楽しみに!!

同一カテゴリの記事一覧

  1. 放課後スタンダードコレクション(※番外編付)2013年12月②
  2. 放課後スタンダードコレクション 2013年12月①
  3. 放課後スタンダードコレクション 2013年11月①
  4. 放課後スタンダードコレクション 2013年10月②
  5. 放課後スタンダードコレクション 2013年10月①
  6. 放課後スタンダードコレクション 2013年9月②
  7. 放課後スタンダードコレクション 2013年9月①
  8. 放課後スタンダードコレクション 2013年8月②
  9. 放課後スタンダードコレクション 2013年7月①
  10. 放課後スタンダードコレクション 2013年6月①
  11. 放課後スタンダードコレクション 2013年5月②
  12. 放課後スタンダードコレクション 2013年5月①
  13. 放課後スタンダードコレクション 2013年4月①
  14. 放課後スタンダードコレクション 2013年3月②
  15. 放課後スタンダードコレクション 2013年3月①
  16. 放課後スタンダードコレクション 2013年2月②
  17. 放課後スタンダードコレクション 2013年2月①
  18. 放課後スタンダードコレクション 2013年1月②