発見!新アーキタイプ「ななズニア」(大橋様)

集団的祝福/Collective Blessing》を使ったセレズニアとして、有名なデッキタイプである「ななずにあ」のデッキ制作者、大橋様にインタビューしました。


Q.《集団的祝福/Collective Blessing》を使ったキッカケは何ですか?

キッカケは、RTRのスポイラーを読んだ時に、《集団的祝福/Collective Blessing》のテキストに書いている事が、オカシイと思ったからです。

でも、このカードは正直10円レアで、使われないだろうなという予感もしていました(笑)。

ただ、周りの人間に「《集団的祝福/Collective Blessing》が強い!」と、自分で言っていたので、試してみる事にしました。

全くの自作デッキです。

今回のグランプリで使っている人が沢山いて嬉しく思いました。


Q.どのように調整を行ったのでしょうか?

その時は、ゾンビ、青白コンがメタの中心にありました。

青白対策として《情け知らずのガラク/Garruk Relentless》も4枚採用しました。

また、青白コンに対しては《集団的祝福/Collective Blessing》さえ張ってしまえば、それだけで勝ちだという事がわかりました。

デッキ開発の段階では、バントカラーで調整していましたが、どうしてもマナ基盤が弱く、最終的には2色に落ち着いた感じです。

やはり、マナクリーチャーから《集団的祝福/Collective Blessing》や、《ガヴォニーの居住区/Gavony Township》という動きは強いと思います。

集団的祝福/Collective Blessing》を活躍させるカードとして瞬速や、速攻を持ったクリーチャーも多く投入しました。

これらのカードを利用することによって、コントロールデッキには非常に有利に戦うことが出来ます。

瞬速(《修復の天使/Restoration Angel》や《セレズニアの魔除け/Selesnya Charm》の2/2トークン)や速攻(《絡み根の霊/Strangleroot Geist》)を持っていれば、《至高の評決》を撃たれてもその返しに勝つ事が出来ますし。


Q.今後改良すべき点はありますか?

改良すべき点は、今のところ特にありません。

今回のグランプリを経て、ラクドスが増えて来ると思いますが、これ以上対応しようとすると、別のデッキになってしまいます。

ただ、今は青白フラッシュデッキがツライので、《ロクソドンの強打者/Loxodon Smiter》を採用していますが、ラクドスが増えるようであれば、《ケンタウルスの癒し手/Centaur Healer》にすると良いと思います。

ロクソドンの強打者/Loxodon Smiter》は、《スラーグ牙/Thragtusk》に対してただの相打ちするだけの存在ですが、《ケンタウルスの癒し手/Centaur Healer》ならば3点のライフゲインをした上で、相打ちできるので十分な仕事をしてくれます。


Q.61枚の理由は?

魂の洞窟/Cavern of Souls》を増やしたからです。

トラフト相手に入れたかったカードで1枚だと引けそうにないし、2枚にしたくて1枚増やしています。

魂の洞窟/Cavern of Souls》を2枚に増やそうと思うと、マナベースに森13枚、平地2枚、《ガヴォニーの居住区/Gavony Township》4枚を入れようと思っても、スロットが足りずに1枚余ってしまいます。

また、自分は土地が詰まって負けるゲームが好きではないので、普通であれば23枚で回りますがあえて1枚増やしています。

デッキの名前は自分が付けたわけではなく勝手に付けられました。


Q.どなたがお付けになったんですか?

デッキの名付け親の海老江様

自分で使ってみて強くてびっくりしました。

GPTの準決勝まで自分を連れて行ってくれました。

ネーミングは個人を特定できる名前にしたかった。

※大橋様のハンドルネーム「ななし」と、デッキタイプであるセレズニアにちなんで「ななずにあ」にされたそうです。

同一カテゴリの記事一覧

  1. 2012グランプリ名古屋を終えて
  2. 2012GP名古屋ショートインタビュー(渡辺様)
  3. 2012GP名古屋ショートインタビュー(三原様)
  4. 2012GP名古屋ショートインタビュー(大谷様)
  5. 2012GP名古屋ショートインタビュー(津村様)
  6. 2012GP名古屋ショートインタビュー ~プレイヤーに聞きました~
  7. 2012GP名古屋ショートインタビュー(篠原様)
  8. 2012GP名古屋ショートインタビュー(中島様)
  9. 2012GP名古屋写真館 キューブドラフト編
  10. 2012GP名古屋写真館 アーティスト編
  11. デュエリストは外国人(簡単マジック英会話)
  12. 2012GP名古屋に向けて 地元プレイヤーがこっそり教える名古屋おすすめ食事スポット
  13. マジックを楽しむ為に、ルールについて目を通しておきましょう!
  14. GPT名古屋(代々木)におじゃましてきました
  15. 第350回 PWC(新宿)におじゃましてきました
  16. 第349回 PWC(川崎)におじゃましてきました
  17. GPT台北(代々木)におじゃましてきました
  18. 2012GP名古屋に向けて スタンダード新環境を把握しよう!!