第343回 PWC(川崎)におじゃましてきました

投稿日: このエントリーをはてなブックマークに追加

今回の放課後まじっく情報局はPlanes Walker's Cup主催者の中嶋様が川崎市教育文化会館で主催したGPT横浜におじゃましてきました。(会場へのアクセスはこちら

「ミラディンの傷跡ブロック」と「基本セット2012」が使用できるのはあと1ヶ月。そんなシーズン終盤のスタンダードに98名のプレイヤーが集まりました。

上位卓を見渡して見ると、一時期の《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》一色ではなく様々なデッキが見受けられます。

その中でも「2012フライデー・ナイト・マジック選手権」で優勝した感染デッキや「放課後スタンダードコレクション 2012年8月①」で紹介したタッチ青《ケッシグの狼の地/Kessig Wolf Run》などの使用人数が多くなっています。

また、《クウィリーオンのドライアド/Quirion Dryad》を投入した青緑赤《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》が上位卓で勝ち上がっていたのも印象的です。

逆に、一時期増殖していた赤黒や赤青のゾンビは数を減らしています。

とにかく会場で大暴れしていたのは、感染デッキでした。

緑の強化呪文の補助による爆発力で一気に殴り倒します。

速いときでは3ターン目、4ターン目で勝負をつけることが出来ます。今環境で一番速いデッキなのではないでしょうか。

また、感染は数が多いため会場内では、感染同士のミラーマッチなどちょっと前のメタゲームでは考えられない状況も発生していました。

ちなみに、同系対決は結構複雑で、《はらわた撃ち/Gut Shot》を警戒して《怨恨/Rancor》のエンチャントするタイミングを図ったりなど、コンバットトリックをめぐる攻防が発生しています。

同系のマッチアップでは《精神的つまづき/Mental Misstep》や《はらわた撃ち/Gut Shot》が手札にあるかどうかがキープ基準になったりと、なかなか他のマッチで発生しないような状態が見れました。

今後《シルヴォクののけ者、メリーラ/Melira, Sylvok Outcast》や《呪文滑り/Spellskite》等のサイドボードも必要になってくることでしょう。

また、会場内には感染に加えて青赤緑の《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》デッキが多く見受けられました。《クウィリーオンのドライアド/Quirion Dryad》と《高原の狩りの達人/Huntmaster of the Fells》のために赤と緑を足し、青や赤の軽量スペルを唱えて《クウィリーオンのドライアド/Quirion Dryad》を強化させます。昔のミラクルグロウデッキを彷彿とさせます。



ちなみにTOP8はナヤ《出産の殻/Birthing Pod》、感染×3、タッチ青《ケッシグの狼の地/Kessig Wolf Run》、青赤緑グッドスタッフ、エルフ、青黒ゾンビ。(大会結果はこちら

取材協力:New Expansion

(※放課後まじっく情報局では、今後も沢山の皆様にインタビューをしていく予定です。その際には、ご協力の頂ければ幸いです。宜しくお願いします)

同一カテゴリの記事一覧

  1. 早稲田祭におじゃましてきました
  2. GPT名古屋(代々木)におじゃましてきました
  3. 第350回 PWC(新宿)におじゃましてきました
  4. 第349回 PWC(川崎)におじゃましてきました
  5. GPT台北(代々木)におじゃましてきました
  6. 第339回 PWC(横浜)におじゃましてきました
  7. PTQラヴニカへの回帰(新宿)におじゃましてきました
  8. 第337回 PWC(横浜)におじゃましてきました
  9. 第336回 PWC(秋葉原)におじゃましてきました
  10. GPT横浜(川崎)におじゃましてきました
  11. 第330回 PWC(横浜)におじゃましてきました
  12. GPT横浜(町田)におじゃましてきました
  13. GPT横浜(新宿)におじゃましてきました
  14. 発見!!アヴァシンの帰還新デッキ 青黒ゾンビ編
  15. GPTマニラ(新宿)におじゃましてきました
  16. GPT横浜(川崎)におじゃましてきました
  17. 第109回五竜杯(板橋)におじゃましてきました
  18. GPT横浜(代々木)におじゃましてきました
  19. PTアヴァシンの帰還予選(川崎)におじゃましてきました
  20. 闇の隆盛プレリリース(新宿)におじゃましてきました