第109回五竜杯(板橋)におじゃましてきました

投稿日: このエントリーをはてなブックマークに追加

今回の放課後まじっく情報局は五竜杯主催者の工藤様がハイライフプラザ板橋で主催した第109回 五竜杯におじゃましてきました。(会場へのアクセスはこちら


「アヴァシンの帰還」発売直後のスタンダード環境である事もあり、旧環境のデッキを新環境へ対応させたものが多く見受けられました。

上位卓は、青白《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》や赤緑ケッシグ、《出産の殻/Birthing Pod》デッキなど、前環境で好成績を残しているデッキが引き続き猛威をふるっていたようです。

最終戦の上位16人のデッキを覗いてみると、

赤緑ケッシグ(ビートタイプや《出産の殻/Birthing Pod》タイプ等)×6、青白《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》×4、リアニメイト×2、赤コントロール、青白人間、白赤ウイニー、赤緑結魂。

「アヴァシンの帰還」で使用されているカードとしては、

青白人間や、赤白ウイニーには《銀刃の聖騎士/Silverblade Paladin》が採用され、ただでさえ優秀なクリーチャーがいっそう強化されています。

結魂デッキには《ウルフィーの銀心/Wolfir Silverheart》が採用。
極楽鳥/Birds of Paradise》が巨大化して殴ったり一気に高ダメージをたたき出しています。

さらに《ファイレクシアの変形者/Phyrexian Metamorph》までが採用されており、「結魂」シナジーを効果的に使おうとしています。《ファイレクシアの変形者/Phyrexian Metamorph》を採用したメリットは、ケッシグやリアニメイトと当たっても相手のクリーチャーをコピー出来る事です。

そして、多くの青系デッキでは《月の賢者タミヨウ/Tamiyo, the Moon Sage》を採用していました。+1の《霜のタイタン/Frost Titan》能力に加え、-2のドロー能力もよく使われていました。特にソーラフレア系のデッキに多く採用され《審判の日/Day of Judgment》の後の《月の賢者タミヨウ/Tamiyo, the Moon Sage》。《月の賢者タミヨウ/Tamiyo, the Moon Sage》でタップしたクリーチャーを《ギデオン・ジュラ/Gideon Jura》で暗殺等、様々な活躍を見せていました。

また、《出産の殻/Birthing Pod》には《士気溢れる徴集兵/Zealous Conscripts》が使われています。奪うのはパーマネントになるので能力は非常に凶悪です。

そして、《火柱/Pillar of Flame》。不死などがはやっているので当然対策として採用されています。

最終的な上位5名は、

白赤ウイニー、青白《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》、赤緑ケッシグ、赤緑結魂、青白人間でした。(大会結果はこちら

今回は、アヴァシンの帰還発売直後ということで従来のデッキを改良した形が多かったように思います。今後どんなデッキが出てくるのか非常に楽しみですね。


取材協力:DRAGONS GUIDE

(※放課後まじっく情報局では、今後も沢山の皆様にインタビューをしていく予定です。その際には、ご協力の頂ければ幸いです。宜しくお願いします)

同一カテゴリの記事一覧

  1. 早稲田祭におじゃましてきました
  2. GPT名古屋(代々木)におじゃましてきました
  3. 第350回 PWC(新宿)におじゃましてきました
  4. 第349回 PWC(川崎)におじゃましてきました
  5. GPT台北(代々木)におじゃましてきました
  6. 第343回 PWC(川崎)におじゃましてきました
  7. 第339回 PWC(横浜)におじゃましてきました
  8. PTQラヴニカへの回帰(新宿)におじゃましてきました
  9. 第337回 PWC(横浜)におじゃましてきました
  10. 第336回 PWC(秋葉原)におじゃましてきました
  11. GPT横浜(川崎)におじゃましてきました
  12. 第330回 PWC(横浜)におじゃましてきました
  13. GPT横浜(町田)におじゃましてきました
  14. GPT横浜(新宿)におじゃましてきました
  15. 発見!!アヴァシンの帰還新デッキ 青黒ゾンビ編
  16. GPTマニラ(新宿)におじゃましてきました
  17. GPT横浜(川崎)におじゃましてきました
  18. GPT横浜(代々木)におじゃましてきました
  19. PTアヴァシンの帰還予選(川崎)におじゃましてきました
  20. 闇の隆盛プレリリース(新宿)におじゃましてきました