2011GP広島(1日目)大会雑感とおまけ編

全九回戦。

初日の雑感を記しておきたいと思います。全体像を把握してない部分もありますので、「あくまで参考程度に」ご一読下さい。


上位卓は青白、白緑、白単など白が絡んだデッキで埋め尽くされています。

その理由は、先週までのメタゲームはGPブリズベンで優勝した青黒コントロールに対して相性の良い緑ケッシグの一人勝ち。まさに緑ケッシグの天下でした。

そんな中、緑ケッシグに対抗すべく多くのプレイヤーが取った対策が白をとるという選択です。

白を採用する理由。それは《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》。


現在の最大勢力である緑ケッシグに対してこの1枚だけで完封することが出来るため多くのプレイヤーが採用しています。


そして、《深夜の出没/Midnight Haunting》。


地上を這い回るしかないうえに、全体除去を持たない緑ケッシグには非常に辛い1枚となります。


ただし、緑ケッシグも手をこまねいてこの状況をただ見ているだけではありません。赤緑ケッシグという選択です。

全体除去として《金屑の嵐/Slagstorm》を採用した赤緑ケッシグ。


業火のタイタン/Inferno Titan》や火力の投入が見られます。


緑ケッシグをメタった連合軍が勝つのか、新たな進化を果たしたケッシグが勝つのか、それとも新たな勢力が勝ち上がるのか。

2日目の展開が非常に楽しみですね。


おまけ編。

今回参加した放課後勢は4名のプレイヤーがバブルマッチに挑み2名が2日目進出を果たしました。

ちなみに、バブルマッチを戦ったプレイヤーのデッキ選択は、

「青白ブレード」×2、「バンド殻」、「白単鋼」になります。


それでは、それぞれから初日の雑感を。

「3BYE後に当たったのは青系(青黒、青白、青白)が多かったです。ただ、周りを見廻すと白緑が勝ち組だったんじゃないかと思います。ケッシグは上位に勿論多かったけど、数がいただけで、勝ち組にはなれなかったんじゃないかな。ダングローブを使った緑系は、ミラクルの前に攻めあぐんでたのをよく見ましたね」

「白単鋼」を使用したプレイヤー


「ケッシグがやはり多かった。今のところ5回当たって5勝1敗です。動きが緩慢になりがちだから対応力のある青白を選択して正解だったと思います」

「青白ブレード」を使用したプレイヤー


「自分のデッキは、マイノリティだから、結局は好きなデッキを使った結果が上手く作用したんだと思います。でも、選択肢の幅があるデッキを使えたから、対応出来た部分も大きいんじゃないかな。刻が来た(笑)」

「バンド殻」を使用したプレイヤー


「まずは、自分が好きなデッキなので選択しました。そして《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》と《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》の組み合わせが強いです。この組み合わせによって、劣勢な場をひっくり返すことも出来るし、後半に余剰マナを利用できる。そしてプロテクションが現在の環境で強いので。」

「青白ブレード」を使用したプレイヤー


明日が二日目。どのような物語が紡がれるか非常に楽しみですね。

ちなみに、珍しい形を使った青白デッキを使ったプレイヤー記事は明日掲載予定です。

新しいアーキタイプかもしれませんので、お楽しみに!!

同一カテゴリの記事一覧

  1. 2011グランプリ広島を終えて
  2. 発見!新アーキタイプ「神束ブレード」(海老江様、大橋様、原野様)
  3. 2011GP広島(2日目)GP広島メタゲーム模様編
  4. 2011GP広島(1日目)写真館 会場・プレイヤー編
  5. デュエリストは外国人(簡単マジック英会話)
  6. 2011グランプリ広島 放課後まじっく倶楽部の活動について
  7. 2011GP広島に向けて(おまけ記事付き)!
  8. 突撃!隣のデュエリスト!!人気急上昇中のぱうグリーン(ぱう様)
  9. グランプリ広島トライアル 神奈川一次(川崎)におじゃましてきました
  10. グランプリ広島トライアル 東京一次(板橋)におじゃましてきました
  11. 発見!!イニストラード新デッキ 青白ビートダウン編
  12. 発見!!イニストラード新デッキ 赤ビートダウン編
  13. 発見!!イニストラード新デッキ 白緑ビートダウン編
  14. 第304回 PWC(新宿)におじゃましてきました
  15. 第303回 PWC(川崎)におじゃましてきました