デュエリストは外国人(簡単マジック英会話)

グランプリはMTGの大きなお祭りです。日本国内はもとより全世界からMTGプレイヤーがやってきます。当然、自分の対戦相手が外国人プレイヤーということもあるでしょう。

みなさんは、いままで外国人とデュエルした事はありますか?どんな風に会話したらいいかわかりますか?

別に不安に思う必要はありません。これから紹介する3つのポイントさえ守れば、初めて外国人とデュエルする人もスムーズに進めることがでるのです。


■ポイント1:まず話しかける

まず、「ニホンゴ、ハナセマスカ?」と日本語で聞いてみましょう。

たいていの場合、流ちょうな日本語で「話せます」と帰ってくるはずです。あとは日本語でデュエルをすればよいだけです。

これは考えてみれば当然です。あなたが、友人と外国旅行をする時の事を考えてください。訪問する国の簡単な言葉は事前に勉強しますよね。

また、会場の外国人の方が全員グランプリに参加するために来日したわけではありません。元々日本で学校に通ったり仕事をしたり生活している外国人の方が参加している場合もあります。

不安に思う必要はありません。日本語で堂々と話しかけてみましょう。

もし相手がほとんど日本語を理解できない場合は、始める前にジャッジに相談してもよいかもしれません。
コミュニケーション・エラーができるだけおきないようにアドバイスやフォローしてくれると思います。
また、下記の簡単なマジック英語を使ってやりとりするだけでも、ゲームの進行はある程度可能です。


■ポイント2:各ステップとダメージ・ライフを正しく宣言をする

外国人とのデュエルで一番コミュニケーション・エラーが発生しやすいのが、ターンの進行とダメージ・ライフの計算です。日本人同士でもアップキープ・ステップの間に能力をプレイしようと思ったら対戦相手はすでにドロー・ステップを解決していたり、ライフの計算トラブルはよくあります。

自分のターンが来たら開始フェイズ、第1メインフェイズ、戦闘フェイズ、第2メインフェイズ、最終フェイズと各フェイズと各フェイズのステップを正しく宣言し、二人の認識をあわせながら進めるように心がけましょう。


■ポイント3:困ったらジャッジを呼ぶ

対戦相手とのコミュニケーションがうまくいっていない場合、それは対戦相手の表情や態度に表れます。そのような態度を示しているようであれば「アー ユー オーケー?(大丈夫ですか?)」と聞いてみましょう。

多分、腑に落ちなかったプレイについて外国語で話してくるでしょう。話している内容を理解できれば良いのですが、不幸にも理解できなかった場合、ジャッジを呼びましょう。とにかく理解できなかったら勝手に処理せずにジャッジを呼びましょう。

コミュニケーションがとれないままデュエルが進んでしまい、取り返しのつかない状態になって初めてジャッジを呼んでも手遅れです。


■試合の流れ

実際に英語を使ったデュエルの流れは以下のようになります。

①.先攻後攻の決定~マリガンチェック

あなた:「ダイスロール ハイナンバー(出目の大きい方が選択します)」

(あなたが勝利したなら)
あなた:「ゴー(プレイ)、ファースト(先攻)」or「ドロー、ファースト(後攻)」
あなた:「キープ」or「マリガン」
あなた:(対戦相手に向かって)「キープ? オア マリガン?」
対戦相手:「キープ」

②.自分のターンの進め方

1).開始フェイズ
あなた:「アンタップ」
あなた:「アップキープ」
あなた:「ドロー」

2)第1メインフェイズ
  特別な宣言はいりません。必要に応じて呪文を唱えたり、能力を起動してください。

3)戦闘フェイズ
あなた:「コンバット」
(攻撃するクリーチャーがいるならば、カードをタップしつつ)
あなた:「アタック プレイヤー」or「アタック プレインズウォーカー」
対戦相手:「ブロック」 またはプレイヤーで直接受ける場合は「テイク」と言う場合があります。
あなた:「コンバット ダメージ オーケー?」
対戦相手:「オーケー」
あなた:「○ダメージ、ユー(○点のダメージをプレイヤーに与えます)」

4)第2メインフェイズ
  特別な宣言はいりません。必要に応じて呪文を唱えたり、能力を起動してください。

5)最終フェイズ
あなた:「ゴー」(または「ユア ターン」、「ゴー アヘッド」、「ターンエンド」)


とにかく英会話は実践あるのみです。
相手もあなたの話す内容を理解しようとしますので、臆することなくコミュニケーションをとりマジックを楽しみましょう!

それでは、このへんで。
次回の放課後まじっく倶楽部情報局にご期待ください。

同一カテゴリの記事一覧

  1. 2011グランプリ広島を終えて
  2. 発見!新アーキタイプ「神束ブレード」(海老江様、大橋様、原野様)
  3. 2011GP広島(2日目)GP広島メタゲーム模様編
  4. 2011GP広島(1日目)大会雑感とおまけ編
  5. 2011GP広島(1日目)写真館 会場・プレイヤー編
  6. 2011グランプリ広島 放課後まじっく倶楽部の活動について
  7. 2011GP広島に向けて(おまけ記事付き)!
  8. 突撃!隣のデュエリスト!!人気急上昇中のぱうグリーン(ぱう様)
  9. グランプリ広島トライアル 神奈川一次(川崎)におじゃましてきました
  10. グランプリ広島トライアル 東京一次(板橋)におじゃましてきました
  11. 発見!!イニストラード新デッキ 青白ビートダウン編
  12. 発見!!イニストラード新デッキ 赤ビートダウン編
  13. 発見!!イニストラード新デッキ 白緑ビートダウン編
  14. 第304回 PWC(新宿)におじゃましてきました
  15. 第303回 PWC(川崎)におじゃましてきました