2011PT名古屋に向けて SOMブロック構築への布石

PT名古屋のフォーマットでもある「SOMブロック構築」。

取材を踏まえ記事にまとめてみましたが、 正直に言って環境はまだまだ手探りの状態にありますので、 この記事が環境を理解する為の手助けのひとつになればと思います。


まず、この環境には全体除去が多いという事があげられます。

→まず、この環境には全体除去には、《黒の太陽の頂点/Black Sun's Zenith》《金屑の嵐/Slagstorm》《ファイレクシアの再誕/Phyrexian Rebirth》など多数のカードが存在します。

「感染」「金属術」などのキーワード能力も、クリーチャ―に付随した能力である事を鑑みれば、環境はこれらのカードを使ったコントロール寄りになっていくかもしれません(それを最大限に利用したビートダウンの台頭も否定できませんが…)。


そんな中、「新たなるファイレクシア」のカードたちが、どのように噛み合ってくるのかは、まだまだ未知数。

非常に楽しみです。

殴打頭蓋/Batterskull》《戦争と平和の剣/Sword of War and Peace》《解放された者、カーン/Karn Liberated》《ファイレクシアの抹消者/Phyrexian Obliterator》などのカードの評価が高いようですね。


この環境において、「感染」は注目の能力です。

ファイレクシアの十字軍/Phyrexian Crusader》《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus

ぎらつかせのエルフ/Glistener Elf》という1マナの感染持ちクリーチャーも現れました。


また、それに伴う「増殖」システムも一考に値します。

伝染病の留め金/Contagion Clasp》《ゲスの玉座/Throne of Geth

すでに《転倒の磁石/Tumble Magnet》は環境を代表する1枚で、多くなるのは必定です。本当に磁石ゲーになると思っています。なので、除去カードとして、《転倒の磁石/Tumble Magnet》が数多くのアーキタイプに採用されています。そのため、対象にならない《ニューロックの猛士/Neurok Commando》《最後のトロール、スラーン/Thrun, the Last Troll》の存在も見逃せないでしょう。


エンチャントが破壊されにくい環境であるという事も、忘れてはいけません。

決断の手綱/Volition Reins》《鍛えられた鋼/Tempered Steel


以下は、考えられるアーキタイプを羅列してみました。

構築にヒントになれば幸いです。


【アーキタイプ】

「青白コントロール」
キーカード:《決断の手綱/Volition Reins》《エルズペス・ティレル/Elspeth Tirel》《滞留者ヴェンセール/Venser, the Sojourner

2種類のプレインズウォーカーが入った青白のコントロールデッキ。


「青黒コントロール」
キーカード:《聖別されたスフィンクス/Consecrated Sphinx》《決断の手綱/Volition Reins

皮裂き/Skinrender》《喉首狙い/Go for the Throat》で盤面をコントロールし、フィニッシャーである《聖別されたスフィンクス/Consecrated Sphinx》で決める。このデッキも《決断の手綱/Volition Reins》を使用できる。


「白単鋼ビート」
キーカード:《鍛えられた鋼/Tempered Steel》《信号の邪魔者/Signal Pest》《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker

鍛えられた鋼/Tempered Steel》により支援されたアーティファクトクリーチャーを素早く展開しビートダウンする。《転倒の磁石/Tumble Magnet》などの対策として、《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker》のメイン投入も考えれらる。


「赤緑ランデス」
キーカード:《液鋼の塗膜/Liquimetal Coating》《シルヴォクの模造品/Sylvok Replica》《ミミックの大桶/Mimic Vat

液鋼の塗膜/Liquimetal Coating》で土地をアーティファクト化し、《シルヴォクの模造品/Sylvok Replica》などでその土地を破壊する。ファンデッキのような動きだが、コントロールを打ち倒すことを焦点にしたデッキ。


「青黒テゼレット」
キーカード:《ボーラスの工作員、テゼレット/Tezzeret, Agent of Bolas》《ゲスの玉座/Throne of Geth》《胆液の水源/Ichor Wellspring

ゲスの玉座/Throne of Geth》と相性の良いアーティファクトを多く投入し、《ボーラスの工作員、テゼレット/Tezzeret, Agent of Bolas》のアドバンテージを最大限生かしていく。

カルドーサの鍛冶場主/Kuldotha Forgemaster》+《荒廃鋼の巨像/Blightsteel Colossus》のタイプも考えられる。


「赤単コントロール(Big Red)」
キーカード:《槌のコス/Koth of the Hammer》《カルドーサのフェニックス/Kuldotha Phoenix》《蔵製錬のドラゴン/Hoard-Smelter Dragon

アーティファクト除去や《金屑の嵐/Slagstorm》などでコントロールし、《槌のコス/Koth of the Hammer》やフィニッシャーで後半の盤面を支配する。


「黒青感染」
キーカード:《ファイレクシアの十字軍/Phyrexian Crusader》《屍百足/Necropede》《堕落した良心/Corrupted Conscience

黒の除去でブロッカーを排除し、毒殺を狙う。
堕落した良心/Corrupted Conscience》を活用出来るのも強み。


「緑黒グリッサ」
キーカード:《裏切り者グリッサ/Glissa, the Traitor》《緑の太陽の頂点/Green Sun's Zenith》《危険なマイア/Perilous Myr

裏切り者グリッサ/Glissa, the Traitor》等優秀な緑クリーチャーを《緑の太陽の頂点/Green Sun's Zenith》でサーチし、《危険なマイア/Perilous Myr》などでアドバンテージを稼ぐ。

同一カテゴリの記事一覧

  1. 2011プロツアー名古屋を終えて
  2. 何切る!?サイドボード!! ボロス 中島様
  3. 何切る!?サイドボード!! 青黒コントロール 八十岡様
  4. 2011PT名古屋ショートインタビューと特別インタビュー (八十岡様)
  5. 2011PT名古屋ショートインタビュー (ジェームス様)
  6. 2011PT名古屋ショートインタビュー (ダニエル様)
  7. 2011PT名古屋ショートインタビュー (吉森様)
  8. 2011PT名古屋ショートインタビュー (中島様)
  9. 2011PT名古屋ショートインタビュー (角岡様)
  10. 2011プロツアー名古屋(最終日)表彰式編
  11. 2011プロツアー名古屋(最終日)コミュニケーション編
  12. 2011プロツアー名古屋(最終日)決勝編
  13. 2011プロツアー名古屋(最終日)準決勝編
  14. 2011プロツアー名古屋(最終日)準々決勝編
  15. 2011プロツアー名古屋(最終日)ドラフトデッキ構築編
  16. 2011プロツアー名古屋(最終日)決勝ドラフトピック編
  17. 2011プロツアー名古屋(2日目)TOP8プレイヤー編
  18. 2011プロツアー名古屋(2日目)MTGチャンネル撮影風景編
  19. 2011プロツアー名古屋(2日目)写真館 プレイヤー編
  20. 2011PT名古屋(2日目)写真館 会場編
  21. 2011PT名古屋(1日目)写真館 プレイヤー・会場編
  22. 2011PT名古屋に向けて 放課後まじっく倶楽部の活動について
  23. 2011PT名古屋に向けて 週末を楽しむための本番直前特集
  24. 2011PT名古屋に向けて 地元プレイヤーがこっそり教える名古屋おすすめ食事スポット
  25. プロツアー名古屋 東京三次予選(板橋)におじゃましてきました
  26. プロツアー名古屋 神奈川三次予選(川崎)におじゃましてきました
  27. プロツアー名古屋 神奈川二次予選(東神奈川)におじゃましてきました
  28. プロツアー名古屋 千葉三次予選(千葉)におじゃましてきました
  29. プロツアー名古屋 千葉二次予選(千葉)におじゃましてきました
  30. プロツアー名古屋 東京二次予選(町田)におじゃましてきました
  31. プロツアー名古屋 神奈川一次予選(東神奈川)におじゃましてきました
  32. プロツアー名古屋 東京一次予選(板橋)におじゃましてきました
  33. プロツアー名古屋 千葉一次予選(千葉)におじゃましてきました