2011GP神戸に向けて エクテンデッキ特集!!「赤緑ヴァラクート」「青黒フェアリー」

東北地方太平洋沖地震、震災津波の影響により延期となったGP神戸。その開催まで、後1ヶ月を切りました。

当「放課後まじっく倶楽部」は、岩手県発のサイトという事もあり、被災地の皆様の健康と、一刻も早い復興を心より願っております。


今回は、エクステンデットという環境をより理解する為、取材の結果を踏まえ、サイドボードのアウトインを含めたデッキ特集をしていきたいと思います。

ただ、取材を重ねた結果、Tier1もハッキリしない、多種多様なデッキが混在する、非常に面白い環境という結論に至りました。

例えば、こんな感じです。

「ヴァラクートとフェアリーは必ずいるけど、それ以外は団子状態だよね」

「何が勝ってもおかしくないよ」

「最近は、青白石鍛冶、ボロスが多くなってる気がする」

「バントデッキが強いよ。ミラディン包囲戦の恩恵を一番受けた」

「クリーチャ―系は殆どグットスタッフになってきて、4色ビートダウン(びゅーてぃにゃや)まで出てきたね」

「まあ、クリーチャ―デッキが多くなってるのは間違いないから、青白やトーストがまた増えてくるんじゃない?」

という事で、絞り切れないのが現状です。


今回はまず「赤緑ヴァラクート」デッキ、「青黒フェアリー」デッキをTier1として考え、その二つを、初回の特集デッキとして取り上げていきます。

日々メタゲームが変わり、正解がハッキリしない事も確かですので、そういう考え方もあるのかと、参考程度にご覧頂ければと思います!

 サンプルデッキ 「赤緑ヴァラクート」
   
MainBoard

 6 森/Forest
10 山/Mountain
2 進化する未開地/Evolving Wilds
2 火の灯る茂み/Fire-Lit Thicket
2 怒り狂う山峡/Raging Ravine
2 広漠なる変幻地/Terramorphic Expanse
4 溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacle

4 原始のタイタン/Primeval Titan

2 虹色の前兆/Prismatic Omen
4 探検/Explore
4 カルニの心臓の探検/Khalni Heart Expedition
4 不屈の自然/Rampant Growth
2 耕作/Cultivate
2 砕土/Harrow
4 火山の流弾/Volcanic Fallout
4 風景の変容/Scapeshift
2 原初の命令/Primal Command
SideBoard

 2 難問の鎮め屋/Vexing Shusher
4 耳障りな反応/Guttural Response
2 自然の要求/Nature's Claim
2 漸増爆弾/Ratchet Bomb
2 余韻/Reverberate
2 金屑の嵐/Slagstorm
1 引き裂く突風/Fracturing Gust








山/Mountain》を並べ《溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacle》の効果で勝利を目指すデッキ。

このサンプルデッキは、メインから《火山の流弾/Volcanic Fallout》を使用しています。

現在のエクステンデット環境において、クリーチャーを使っていないデッキが少なく、またファアリーデッキに効果的なのも採用の理由でしょう。

それでは、サイドボードのアウトイン、その考え方をご紹介します。

対同型(赤緑ヴァラクート)

Out
 4火山の流弾/Volcanic Fallout
In
 2余韻/Reverberate
 2自然の要求/Nature's Claim


同型対決では、火力は必要がなくなるので、そこに後手でも強く様々な効果を期待できる《余韻/Reverberate》を追加。

また、相手の《虹色の前兆/Prismatic Omen》を割る為に《自然の要求/Nature's Claim》も入れるそうです。

同型対決が多くなれば、もっと具体的な(試していないのですが)、例えば《トンネルのイグナス/Tunnel Ignus》などのカードが必要かもしれません。

対フェアリー

Out
 2原始のタイタン/Primeval Titan
 4探検/Explore
 2砕土/Harrow
In
 2難問の鎮め屋/Vexing Shusher
 4耳障りな反応/Guttural Response
 2自然の要求/Nature's Claim

探検/Explore》や、打ち消し呪文に弱い《砕土/Harrow》をアウト。

また、意外でしたが《原始のタイタン/Primeval Titan》は重いという事で2枚抜くそうです。

難問の鎮め屋/Vexing Shusher》は、ファアリー側が除去を抜いてくるのを踏まえての採用。

自然の要求/Nature's Claim》は、《苦花/Bitterblossom》や《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》対策。

耳障りな反応/Guttural Response》は、もう少し試してみてから本採用になるか考えるという事でした。

対クリーチャ―デッキ(エルフやナヤなど)

Out
 4カルニの心臓の探検/Khalni Heart Expedition
In
 2漸増爆弾
 2金屑の嵐(必要なら、自然の要求も)

カルニの心臓の探検/Khalni Heart Expedition》は、クリーチャ―デッキ相手に使用すると、起動するまでの数ターンの間に場が固まってしまう事が多いという理由で、除去を優先するというご意見でした。

まだ使っていないサイドボードの《引き裂く突風/Fracturing Gust》は、親和対策という事になるでしょうが、クリーチャ―デッキ対策がそのまま親和対策ともなりえるので、メタゲーム次第の追加の1枚ですね。


では、次に「青黒ファアリー」デッキを紹介します。

 サンプルデッキ「青黒フェアリー」
   
MainBoard

 4 島/Island
4 人里離れた谷間/Secluded Glen
4 忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pit
4 闇滑りの岸/Darkslick Shores
3 沈んだ廃墟/Sunken Ruins
4 変わり谷/Mutavault
2 地盤の際/Tectonic Edge

4 呪文づまりのスプライト/Spellstutter Sprite
3 ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique
4 霧縛りの徒党/Mistbind Clique

2 コジレックの審問/Inquisition of Kozilek
3 思考囲い/Thoughtseize
3 見栄え損ない/Disfigure
2 喉首狙い/Go for the Throat
4 苦花/Bitterblossom
3 マナ漏出/Mana Leak
2 精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor
1 饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine
4 謎めいた命令/Cryptic Command
SideBoard

 1 見栄え損ない/Disfigure
 1 喉首狙い/Go for the Throat
 1 饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine
2 誘惑蒔き/Sower of Temptation
2 コジレックの審問/Inquisition of Kozilek
2 消耗の蒸気/Consuming Vapors
3 吸血鬼の夜鷲/Vampire Nighthawk
2 漸増爆弾/Ratchet Bomb







青黒のクロックパーミッションデッキ。

サンプルデッキでは、《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》を1枚しか使用していませんが、メタゲームによっては2枚でも良いかもしれません。

それでは、サイドボードのアウトインを見ていきましょう。

対同型(青黒フェアリー)

Out
 2見栄え損ない
 3ヴェンディリオン三人衆
 2霧縛りの徒党
In
 1喉首狙い
 1饗宴と飢餓の剣
 2コジレックの審問
 3吸血鬼の夜鷲

ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》は、効果は強いのですが、
苦花トークンと相打ちになってしまうのでアウト。

ファアリーの枚数の減少と、相手の追加の除去を踏まえて《霧縛りの徒党/Mistbind Clique》も抜くそうです。

1ターン目に手札破壊を打てるかが重要という事で、手札破壊は合計7枚となります。
多いような気もしますが、《苦花/Bitterblossom》が落とせるか落とせないかで勝率も変わってくるので、必要な枚数なのでしょう。

ただ、そんな《苦花/Bitterblossom》ゲーにしない為の《吸血鬼の夜鷲/Vampire Nighthawk》、そして、《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》、この二つのカードが同型対決では肝になります。

また、除去が残る場合が多いので、《誘惑蒔き/Sower of Temptation》は入れないとの事でした。

対赤緑ヴァラクート

Out
 3見栄え損ない
 2喉首狙い
In
 2コジレックの審問
 1饗宴と飢餓の剣
 2消耗の蒸気

手札破壊を増やし、有利に進めるプランです。

後半になれば、《霧縛りの徒党/Mistbind Clique》《謎めいた命令/Cryptic Command》を使用できるので、勝率は悪くなくなります。

また、《難問の鎮め屋/Vexing Shusher》《大貂皮鹿/Great Sable Stag》など触れないクリーチャ―がサイドから増える事を考え、除去は《消耗の蒸気/Consuming Vapors》の方を試しているという事でした。

対クリーチャーデッキ

Out
 3思考囲い
 4苦花
In
 1見栄え損ない
 1喉首狙い
 1コジレックの審問
 2誘惑蒔き
 2消耗の蒸気

ナヤ、バント、エルフ、ヴァラクート、赤単など沢山のパターンについてお聞きしましたが、《思考囲い/Thoughtseize》《苦花/Bitterblossom》を抜くのが基本だという結論に至ったそうです。

苦花/Bitterblossom》を抜くのは不思議な気もしますね。

漸増爆弾/Ratchet Bomb》はエルフや親和の時だけ入れるそうです。

また、《吸血鬼の夜鷲/Vampire Nighthawk》は同型対決用のカードとして考え、余裕があればの投入とおっしゃっていました。

以上になります。


GP神戸に向けて、少しでも参考になれば幸いです。

次回も、様々なデッキを取材し、紹介したいと思います。

また、具体的に取り上げて欲しいデッキがありましたら、ここまでご連絡下さい。

ご意見を賜りました沢山の皆様、ありがとうございました。

それでは、「マジックウィークエンド」GP神戸まであと少しです!!

同一カテゴリの記事一覧

  1. 2011グランプリ神戸を終えて
  2. 2011GP神戸ショートインタビュー (村上様)
  3. 2011GP神戸ショートインタビュー (伊藤様)
  4. 2011GP神戸ショートインタビュー (佐々木様)
  5. 2011GP神戸ショートインタビュー (三田村様)
  6. 2011GP神戸ショートインタビュー (Alex様)
  7. 2011GP神戸ショートインタビュー (小松様)
  8. 2011GP神戸ショートインタビュー (三原様)
  9. 2011GP神戸ショートインタビュー (小室様)
  10. 2011GP神戸ショートインタビュー (井川様)
  11. 2011GP神戸ショートインタビュー (八朔様)
  12. 2011GP神戸ショートインタビュー (Juza様)
  13. 2011GP神戸ショートインタビュー
  14. 2011GP神戸(最終日)写真館 決勝トーナメント編
  15. 2011GP神戸(最終日)デッキ分布の紹介
  16. 2011GP神戸(最終日)写真館 プレイヤー編
  17. 2011GP神戸(1日目)初日全勝者へインタビュー(阿嘉様)
  18. 2011GP神戸(1日目)初日全勝者とデッキの紹介
  19. 2011GP神戸(1日目)写真館 プレイヤー・会場編
  20. 2011GP神戸(前日)写真館 会場風景編
  21. 2011グランプリ神戸 放課後まじっく倶楽部の活動について
  22. デュエリストは外国人(簡単マジック英会話)
  23. 2011GP神戸に向けて エクステンデッド最新事情
  24. グランプリ神戸トライアル 板橋二次(東京)におじゃましてきました
  25. グランプリ神戸トライアル 川崎二次(川崎)におじゃましてきました
  26. 2011GP神戸に向けて 地元プレイヤーがこっそり教える神戸おすすめ食事スポット
  27. 2011GP神戸に向けて ミラディン包囲戦がエクステンデッドに与えた影響
  28. グランプリ神戸トライアル 川崎一次(川崎)におじゃましてきました
  29. 2011GP神戸に向けて まだ間に合う、エクステンデッド環境を把握しよう!!
  30. 2011GP神戸に向けて 交通・宿泊編