2011GP神戸に向けて まだ間に合う、エクステンデッド環境を把握しよう!!

2011年3月GP神戸開催の日が近づいてきています!

放課後まじっく情報局は、「マジックウィークエンド@GP神戸を楽しもう!」と題して、皆様が有意義なマジックウィークエンドを過ごせるよう、GP神戸に向けて様々な活動をしていきたいと思っています。


さて、GP神戸はご存じの通りエクステンデッドで開催されます。

詳しい日程につきましては、こちらをご覧下さい。

昨年からエクステンデッドの大会規定が変更になり、1年の間に発売されたカードセットは、次の年の秋、新セット発売によって使用出来なくなりました。

現在のカードプールは以下の通りとなっています。

ローウィン、モーニングタイド、シャドウムーア、イーヴンタイド、アラーラの断片、コンフラックス、アラーラ再誕、基本セット2010、ゼンディカー、ワールドウェイク、エルドラージ覚醒、基本セット2011、ミラディンの傷跡、ミラディン包囲戦


そこで、直近の「PTQ名古屋」「GPT神戸」の上位デッキリストから、デッキをリストアップし、環境を把握するお手伝いが出来たらと思います。


 フェアリー
 (グランプリトライアル神戸 神奈川1次 ベスト8)  
MainBoard

 4 島/Island
2 沼/Swamp
4 人里離れた谷間/Secluded Glen
4 忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pit
4 闇滑りの岸/Darkslick Shores
2 沈んだ廃墟/Sunken Ruins
4 変わり谷/Mutavault
2 地盤の際/Tectonic Edge

4 呪文づまりのスプライト/Spellstutter Sprite
2 ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique
4 霧縛りの徒党/Mistbind Clique

4 思考囲い/Thoughtseize
2 コショウ煙/Peppersmoke
2 見栄え損ない/Disfigure
4 苦花/Bitterblossom
2 マナ漏出/Mana Leak
2 喉首狙い/Go for the Throat
2 饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine
4 謎めいた命令/Cryptic Command
2 精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor
SideBoard

 2 地盤の際/Tectonic Edge
2 呪文貫き/Spell Pierce
2 コショウ煙/Peppersmoke
2 破滅の刃/Doom Blade
3 吸血鬼の夜鷲/Vampire Nighthawk
2 誘惑蒔き/Sower of Temptation
2 ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine







言わずとしれた、人気デッキです。

苦花/Bitterblossom》を張り、《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》や《霧縛りの徒党/Mistbind Clique》で相手を妨害しながら殴り倒します。

謎めいた命令/Cryptic Command》や《思考囲い/Thoughtseize》などの妨害カードが投入されており、安定してビートダウンできる環境を整えます。

そしてミラディン包囲戦から《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》が投入され、圧倒的な力を得ました。

また、サイドボードには《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine》や《吸血鬼の夜鷲/Vampire Nighthawk》を追加し、ビートダウンデッキへの耐性もあげています。


 赤緑ヴァラクート
 (プロツアー名古屋 東京予選1次 ベスト4)  
MainBoard

 6 森/Forest
10 山/Mountain
2 進化する未開地/Evolving Wilds
2 火の灯る茂み/Fire-Lit Thicket
2 怒り狂う山峡/Raging Ravine
2 広漠なる変幻地/Terramorphic Expanse
4 溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacle

1 ムル・ダヤの巫女/Oracle of Mul Daya
1 酸のスライム/Acidic Slime
4 原始のタイタン/Primeval Titan

4 探検/Explore
4 カルニの心臓の探検/Khalni Heart Expedition
4 不屈の自然/Rampant Growth
2 耕作/Cultivate
2 砕土/Harrow
4 火山の流弾/Volcanic Fallout
4 風景の変容/Scapeshift
2 原初の命令/Primal Command
SideBoard

 1 難問の鎮め屋/Vexing Shusher
3 強情なベイロス/Obstinate Baloth
4 耳障りな反応/Guttural Response
2 自然の要求/Nature's Claim
2 自然に帰れ/Back to Nature
3 炎渦竜巻/Firespout








スタンダードでも猛威をふるっているヴァラクート。エクステンデッドでも猛威をふるっています。

勝ち筋は簡単。戦場に《溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacle》と5枚以上の《山/Mountain》があれば、戦場に追加の《山/Mountain》を出すたびに好きなところへ3点ダメージを飛ばすことができます。

そして、スタンダードとは違いエクステンデッド環境には《風景の変容/Scapeshift》があります。

どんなに劣勢な状況であっても《風景の変容/Scapeshift》このカードを引くことができれば、瞬殺が可能となっています。


 オーメンヴァラクート
 (プロツアー名古屋 東京予選1次 ベスト4)  
MainBoard

 1 平地/Plains
4 島/Island
4 森/Forest
2 天界の列柱/Celestial Colonnade
1 つぶやき林/Murmuring Bosk
1 秘教の門/Mystic Gate
4 溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacle
4 霧深い雨林/Misty Rainforest
4 溢れかえる果樹園/Flooded Grove

4 虹色の前兆/Prismatic Omen
3 神聖の力線/Leyline of Sanctity
1 思案/Ponder
4 定業/Preordain
2 先読み/See Beyond
4 戦争門/Wargate
3 不屈の自然/Rampant Growth
4 探検/Explore
2 耕作/Cultivate
2 マナ漏出/Mana Leak
4 謎めいた命令/Cryptic Command
2 風景の変容/Scapeshift
SideBoard

 4 審判の日/Day of Judgment
1 神聖の力線/Leyline of Sanctity
4 払拭/Dispel
2 強情なベイロス/Obstinate Baloth
3 コーの火歩き/Kor Firewalker
1 炎渦竜巻/Firespout







基本的にデッキの勝ち筋はヴァラクートと同じ。

場に《溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacle》と6枚以上の《山/Mountain》を並べます。

しかし、一番違うのが、このデッキには《虹色の前兆/Prismatic Omen》が入っているということ。

すべての土地が基本地形(もちろん《山/Mountain》にもなる)になるため、《風景の変容/Scapeshift》で持ってくるカードが《溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacle》4枚と他の土地2枚と、非常に少なくてすみます。

その場にあったカードをサーチすることが可能な《戦争門/Wargate》まで投入され、コンボの安定感は抜群です。

ただし、すべてを《虹色の前兆/Prismatic Omen》に頼っているため、対処されると辛いという面ももっています。


 ナヤ
 (プロツアー名古屋 神奈川1次 ベスト8)  
MainBoard

 2 平地/Plains
2 山/Mountain
4 森/Forest
4 乾燥台地/Arid Mesa
3 霧深い雨林/Misty Rainforest
2 銅線の地溝/Copperline Gorge
2 剃刀境の茂み/Razorverge Thicket
2 怒り狂う山峡/Raging Ravine
1 活発な野生林/Stirring Wildwood
2 セジーリのステップ/Sejiri Steppe
1 地盤の際/Tectonic Edge
1 広漠なる変幻地/Terramorphic Expanse
3 貴族の教主/Noble Hierarch
3 極楽鳥/Birds of Paradise
4 獣相のシャーマン/Fauna Shaman
4 クァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemage
1 石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic
4 狡猾な火花魔道士/Cunning Sparkmage
4 聖遺の騎士/Knight of the Reliquary
4 復讐蔦/Vengevine
4 血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf
1 バジリスクの首輪/Basilisk Collar
1 肉体と精神の剣/Sword of Body and Mind
2 遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant
SideBoard

 1 ボジューカの沼/Bojuka Bog
3 流刑への道/Path to Exile
2 電弧の痕跡/Arc Trail
2 ガドック・ティーグ/Gaddock Teeg
1 肉体と精神の剣/Sword of Body and Mind
1 神聖の力線/Leyline of Sanctity
2 悪斬の天使/Baneslayer Angel
1 エルドラージの碑/Eldrazi Monument
1 太陽のタイタン/Sun Titan
1 領土を滅ぼすもの/Realm Razer







こちらも、一昔前のスタンダードデッキ。

血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》とパワーカード満載です。デッキに投入されているカード1枚1枚が本当にパワーカードなので対処する相手は大変です。

コントロールに対しては《獣相のシャーマン/Fauna Shaman》が一度、場に出てしまえば除去手段は少ないため致命的になります。

とうぜん《復讐蔦/Vengevine》も対処する手段がほとんど無いため、めっぽう強いです。

また、クリーチャーデッキに対しては《狡猾な火花魔道士/Cunning Sparkmage》と《バジリスクの首輪/Basilisk Collar》のコンボで封殺します。

一度、このコンボが完成してしまえば場にいるクリーチャーは何の役にも立たなくなります。


 青黒テゼレット
 (プロツアー名古屋 東京予選1次 ベスト4)  
MainBoard

 4 平地/Plains
2 沼/Swamp
4 金属海の沿岸/Seachrome Coast
4 闇滑りの岸/Darkslick Shores
4 湿地の干潟/Marsh Flats
4 羽ばたき飛行機械/Ornithopter
4 メムナイト/Memnite
4 宮廷のホムンクルス/Court Homunculus
4 信号の邪魔者/Signal Pest
4 潮の虚ろの漕ぎ手/Tidehollow Sculler
3 鋼の監視者/Steel Overseer
2 翻弄する魔道士/Meddling Mage
4 エーテリウムの達人/Master of Etherium
1 飛行機械の鋳造所/Thopter Foundry
3 鍛えられた鋼/Tempered Steel
2 ボーラスの工作員、テゼレット/Tezzeret, Agent of Bolas
3 オパールのモックス/Mox Opal
4 バネ葉の太鼓/Springleaf Drum
SideBoard

 2 石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic
1 饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine
1 肉体と精神の剣/Sword of Body and Mind
3 流刑への道/Path to Exile
4 刻まれた勇者/Etched Champion
4 思考囲い/Thoughtseize







従来から存在していた親和デッキが《ボーラスの工作員、テゼレット/Tezzeret, Agent of Bolas》のおかげでパワーアップしました。

低マナクリーチャーを高速展開してあっという間に相手のライフを0に削りきります。

ボーラスの工作員、テゼレット/Tezzeret, Agent of Bolas》のおかげで、打撃力が上がったのはもちろんのこと、ライブラリーサーチ能力が向上したことにより安定して相手を殴り倒せるようになりました。


 ジャンド
 (プロツアー名古屋 神奈川1次 ベスト8)  
MainBoard

 3 沼/Swamp
1 山/Mountain
2 森/Forest
4 銅線の地溝/Copperline Gorge
3 黒割れの崖/Blackcleave Cliffs
3 怒り狂う山峡/Raging Ravine
2 溶岩爪の辺境/Lavaclaw Reaches
4 野蛮な地/Savage Lands
4 新緑の地下墓地/Verdant Catacombs

4 朽ちゆくヒル/Putrid Leech
4 芽吹くトリナクス/Sprouting Thrinax
4 呪詛術士/Anathemancer
4 血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf

4 思考囲い/Thoughtseize
4 稲妻/Lightning Bolt
4 荒廃稲妻/Blightning
4 大渦の脈動/Maelstrom Pulse
2 瀝青破/Bituminous Blast
SideBoard

 2 強迫/Duress
2 帰化/Naturalize
3 大貂皮鹿/Great Sable Stag
3 ジャンドの魔除け/Jund Charm
3 強情なベイロス/Obstinate Baloth
2 若き群れのドラゴン/Broodmate Dragon







こちらも、一昔前のスタンダードデッキ。

デッキの基本はもちろん《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》。この3/2速攻持ちのクリーチャーの続唱から、強力なカードがめくれて相手を圧倒します。

荒廃稲妻/Blightning》《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》めくれるカードはすべてパワーカードです。

また、《獣相のシャーマン/Fauna Shaman》で《復讐の亜神/Demigod of Revenge》を墓地に送り込み、一気に空から殴り倒すプランを持っています。

当然、《復讐の亜神/Demigod of Revenge》を墓地に送りつつ《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》などの強力クリーチャーを引き込むことも可能です。

そして、旧スタンダードの時と比べて《黒割れの崖/Blackcleave Cliffs》《銅線の地溝/Copperline Gorge》のおかげでマナ基盤が安定しています。

今ひとつ勝ちきれていない感じですが、《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》のパワーは本物です。


一昔前のスタンダードデッキを持ちこむだけでも、十分に楽しめる事でしょう。

カードの選択肢が多い分、様々な可能性があるフォーマットだと思います。

是非、昔使っていたカードを探し、マジックウィークエンドを遊びつくしてやりましょう!


放課後情報局では、今後も沢山の記事をアップしていきます。

どうぞお楽しみに!

同一カテゴリの記事一覧

  1. 2011グランプリ神戸を終えて
  2. 2011GP神戸ショートインタビュー (村上様)
  3. 2011GP神戸ショートインタビュー (伊藤様)
  4. 2011GP神戸ショートインタビュー (佐々木様)
  5. 2011GP神戸ショートインタビュー (三田村様)
  6. 2011GP神戸ショートインタビュー (Alex様)
  7. 2011GP神戸ショートインタビュー (小松様)
  8. 2011GP神戸ショートインタビュー (三原様)
  9. 2011GP神戸ショートインタビュー (小室様)
  10. 2011GP神戸ショートインタビュー (井川様)
  11. 2011GP神戸ショートインタビュー (八朔様)
  12. 2011GP神戸ショートインタビュー (Juza様)
  13. 2011GP神戸ショートインタビュー
  14. 2011GP神戸(最終日)写真館 決勝トーナメント編
  15. 2011GP神戸(最終日)デッキ分布の紹介
  16. 2011GP神戸(最終日)写真館 プレイヤー編
  17. 2011GP神戸(1日目)初日全勝者へインタビュー(阿嘉様)
  18. 2011GP神戸(1日目)初日全勝者とデッキの紹介
  19. 2011GP神戸(1日目)写真館 プレイヤー・会場編
  20. 2011GP神戸(前日)写真館 会場風景編
  21. 2011GP神戸に向けて エクテンデッキ特集!!「赤緑ヴァラクート」「青黒フェアリー」
  22. 2011グランプリ神戸 放課後まじっく倶楽部の活動について
  23. デュエリストは外国人(簡単マジック英会話)
  24. 2011GP神戸に向けて エクステンデッド最新事情
  25. グランプリ神戸トライアル 板橋二次(東京)におじゃましてきました
  26. グランプリ神戸トライアル 川崎二次(川崎)におじゃましてきました
  27. 2011GP神戸に向けて 地元プレイヤーがこっそり教える神戸おすすめ食事スポット
  28. 2011GP神戸に向けて ミラディン包囲戦がエクステンデッドに与えた影響
  29. グランプリ神戸トライアル 川崎一次(川崎)におじゃましてきました
  30. 2011GP神戸に向けて 交通・宿泊編