トーナメント生中継のススメ その2

投稿日: このエントリーをはてなブックマークに追加


今回の放課後まじっく情報局はLunatic Moon Convention主催者の宮坂様にUstreamによる生中継についてインタビューしてきました。

今回は、Ustream導入手順についての解説します。(前回の記事はこちら

①.Ustreamアカウントの取得
Ustreamにアクセスしてアカウントを取得します。

アカウント登録画面で必要事項を記入します。画面の指示に従って進んでいけばものの数分で終わります。

②.事前準備
中継に必要な機材を用意します。必要な機材は以下のとおりです。


a.Webカメラ
 対応している機種であればどのようなWebカメラでもかまいません。推奨されるカメラのリストはHelp Center(英語)で確認してください。

b.PC
 Adobe Flash PlayerがインストールされたPCが必要です。高画質で配信するためにはPCの性能の高い物を用意する事をおすすめします。

c.インターネット環境
 モバイル接続や有線接続(ADSL、光ケーブル等)の環境が必要になります。品質を重視する場合は有線接続を選択するとよいでしょう。

③.生放送の開始
Ustreamのホームページを立ち上げ「ライブ配信」ボタンを押します。すると、Webカメラをセットを促す画面が表示されるので「OK」ボタンを押して、生放送スタートです。

④.より快適に配信するために
a.三脚の導入
定点撮影を前提としているので三脚があると便利です。また、三脚はなるべく安定して揺れないところにセットします。机の上に置くと、震動で画像がブレてしまいます。


b.高性能のウェブカメラの導入
高性能のウェブカメラ(1万円前後)とFMLEを組み合わせることでで、Ustream Broadcast(ブラウザ配信)を利用し、無料で高画質の配信が期待できます。

また玄人向けとして、Webカメラと違って値段がはりますが、HDビデオカメラを導入すると高画質での配信が可能になります。この場合、Ustream Producer Pro(有料)の導入、HD配信プラグイン(有料)を追加で購入する必要がありますので本当に玄人向けです。

c.Ustream Producerの導入
より高画質で配信する場合はUstream Producer(無料)かUstream Producer Pro($199)をインストールすると良いでしょう。


d.高スペックPCの導入
高スペックPCを利用すれば映像を配信する際には、PCに取り込んでエンコード処理を加える事ができます。この処理を加えることによって高画質での配信が可能になります。

⑤.より詳しく知りたい人は
Ustreamのホームページにヘルプなどが用意されています。そちらもご参照下さい。

取材協力:MAGIC DAILY NEWS

(※放課後まじっく情報局では、今後も沢山の皆様にインタビューをしていく予定です。その際には、ご協力の頂ければ幸いです。宜しくお願いします)

同一カテゴリの記事一覧

  1. 新生活特集!!大会会場に行ってみよう
  2. WPNプログラム変更についてWPN日本担当にメールで聞いてみた
  3. トーナメント生中継のススメ その1
  4. 「灰色熊の冒険」ってご存じですか?