トーナメント生中継のススメ その1

投稿日: このエントリーをはてなブックマークに追加


今回の放課後まじっく情報局はLunatic Moon Convention主催者の宮坂様にUstreamによる生中継についてインタビューしてきました。

①.Ustreamの生放送とはどのようなものですか。

インターネットを利用した動画配信です。

Ustreamがあれば、LMCに興味があっても遠方のため参加できな方や、当日予定があって会場へこれない方もLMCの会場風景を自宅のPCで生放送で見ることができます。

(*編集部注)
当日の生放送では常時40名近くの方が視聴。Twitterによるコメントも多く寄せられていたようです。大会会場と閲覧者、双方向のコミュニケーションが図られていました。

②.生放送を始めるのは難しくはないのですか。
今は非常に敷居が下がっていると思います。WiMAXなどワイヤレスでも通信速度が出る環境が整っているのでだれでも簡単に生放送を始められます。

Youtubeなどに公開されている対戦動画と違い、編集してアップロードする手間もいりません。


③.Ustreamを始めるにはどのような機材が必要ですか。
まずは、Ustreamへの会員登録。ウェブカメラとPCが必要です。Skype用のウェブカメラがあればそのまま利用できます。

④.機材を選ぶに当たって注意点はありますか。
安いWebカメラで簡単に生放送はできます。

ただし、画質にこだわるのであれば、ある程度性能の良いものを選ぶと良いと思います。

カメラはWebカメラだと、どうしても画像が荒くなってしまいますし、PCも性能が低いと動画編集の処理能力が足りずに綺麗な画像で放送できません。

(*編集部注)
カメラの違いでどのくらい画質に影響が出るのか確認したい方は8月15日以前(webカメラ)と8月21日以前(HDハイビジョンビデオカメラ)以降の画像を比べてみれば一目瞭然です。


(*編集部注)
先週訪問した際に、宮坂様はwebカメラを利用して放送していましたが、今回訪問した際には最新のHDハイビジョンビデオカメラにバージョンアップしていました。
「買っちゃったんですか」と質問すると「買っちゃいました」と笑顔のお答えが。

⑤.どのように活用していきますか。
LMC ChampionshipsやLMC Championshipsで生放送する予定なので、それに向けて現在いろいろ調整中です。

⑥.今後の課題はありますか。
いつ生中継するか告知する方法を考える必要がありますね。やはり告知をしないと誰も見てくれませんからね。


編集部から

試合の合間には、有志によるエキシビジョンマッチが。Twitterからのリクエストに答える形で、みんな我先にとビデオカメラの前でデュエルを繰り広げていました。

会場では完全にみんなのおもちゃになってしまったような感もある配信設備ですが、大会風景を大会に来ることの出来なかった人達にも伝えたいという宮坂様の狙い通りの効果を発揮しているようです。


次回は、Ustream導入手順を掲載します。(近日公開予定)
それでは、次回の放課後まじっく情報局をお楽しみに。

取材協力:MAGIC DAILY NEWS

(※放課後まじっく情報局では、今後も沢山の皆様にインタビューをしていく予定です。その際には、ご協力の頂ければ幸いです。宜しくお願いします)

同一カテゴリの記事一覧

  1. 新生活特集!!大会会場に行ってみよう
  2. WPNプログラム変更についてWPN日本担当にメールで聞いてみた
  3. トーナメント生中継のススメ その2
  4. 「灰色熊の冒険」ってご存じですか?