CARDSHOP晴れる屋(インタビュー編)

投稿日: このエントリーをはてなブックマークに追加

プロプレイヤー斎藤友晴さんが店主を務める「CARDSHOP晴れる屋」が高田馬場にオープン。

お店までの道順は、こちらの記事をご覧下さい。

放課後まじっく倶楽部「情報局」は、このオープンを記念して、「CARDSHOP晴れる屋」にお邪魔し、店主の斎藤友晴さん、そして、店長の若山史郎さんにインタビューをお願いしました。

普段なかなか聞く事の出来ないマジック以外のお話をお楽しみ下さい。



【晴れる屋を通して『喜びの交換』が出来ればいいと思っています】

情報局 まずは「CARDSHOP晴れる屋」オープン、おめでとうございます。

斎藤 若山 「ありがとうございます」

情報局 実際に店舗としてお店を構えるっていうのは凄い事ですよね。

斎藤 「そうですね。でも、いつかやるんだと思っていました」

情報局 成功する見通しがあったという事ですか?

斎藤 「見通しって程じゃないですけど、マジックを通して、日本の友人や海外の友人と交流していく中で、やりたい!っていう気持ちがどんどん大きくなっていったんです」

情報局 どういった経緯でお店を出そうと思ったんですか?

斎藤 「元々トレーダーをやっていて、世界中で沢山喜びと喜びの交換が出来て、それをもっと大きな形でやりたいなって思って」

若山 「5年くらい前から考えていたようですけど、現実的に動きだしたのは1年くらい前からだと思います」

情報局 若山さんと協力して始めたんですか?

斎藤 「はい。まあ、もともと通販の方も何人かでやっていて、若山もそれに協力してくれてたんです」

情報局 通販サイト「晴れる屋」ですね。
 
斎藤 「そうですね。その時は、自宅の殆どが在庫で埋まってました(笑)。晴れる屋をオープンしたんで、もうそんな事はなくなりましたが」



情報局 それでは、まずお店のメンバーをお願いします。

斎藤 「主なスタッフは、店長の若山と、もう一人、プロプレイヤーでもある中島主税になります」

情報局 斎藤さんも常にお店にいるんですか?

斎藤 「僕は、店にはいますが、基本的にスタッフには数えないんです。もちろん、忙しい時はお店に立つ事もありますが」

情報局 他は、アルバイトさんがいらっしゃるんですね?

斎藤 「はい、6人います」

情報局 オープン当初で6人というのは多いような感じもしますね。

若山 「そうかもしれませんが、最初が肝心だと思うんですよ」

情報局 肝心と言いますと?

若山 「最初だからこそ、サービス、接客の面で落ち度があってはならないんです」



【「晴れる屋に行きたい!」と思われるようなお店へ】

若山 「僕は、斎藤友晴と一緒にお店を開くという事に、ビジネス的な可能性を感じたんですよね」

情報局 商売としてやっていけるという事ですか?

若山 「はい。ただ、その為には、当たり前の事なんですが、気持ちの良いお店づくりが大切だと思っています。カードショップはどこにでもあるものですから、その中で選んでもらう為には、カードの価格以上に「この店で買い物がしたいっ!」て思ってもらう事が必要だと」

情報局 個人的には、カードショップの接客というのは、なんと言いますか「普通」の印象ですが、それではいけないという事ですね?

若山 「そうですね。対面営業というのは、文字通りお客様が目の前にいるものですから、例えば、挨拶ひとつとってもしっかりとしないといけないと思っています」

情報局 それが「晴れる屋に行きたい!」という事に繋がりますよね。

若山 「自分が買い物する時も結局そうなんですよ。お客様は価格以上に店の雰囲気を大事にされますから」

情報局 そういう意味でも、店内は凄く明るい雰囲気ですよね。



斎藤 「中には、もう、定期を高田馬場まで買うって言ってくれたお客さんもいて、うれしかったですね」

若山 「そう思って頂けるように頑張りたいです」

情報局 オープン初日の感触はいかがだったのでしょうか?

斎藤 「初日から100人以上のお客様がいらっしゃいました」

若山 「最初はカードを買いたいって人が殆どで、段々とデュエルスペースにも人が集まって来たという感じです」


【これからマジック人にとって良いお店になっていく事をお約束します】

情報局 今後「CARDSHOP晴れる屋」をどのようなお店にしていきたいかですか?

若山 「大げさな言い方になるかもしれませんが『マジックの聖地』になれば良いと思ってます」

斎藤 「昔のDCIセンターのようになったら理想ですね。まだまだ難しいですけど」

若山 「それと品揃えは確りしていきたいです。せっかく来てもらったのにカードが無いという事はあってはならない事ですから」

斎藤 「欲しいものが必ずあるお店にしたいですね」

情報局 「CARDSHOP晴れる屋」ならではの、オススメがあれば教えて下さい

斎藤 「平日大会を毎日行います!」

情報局 晴れる屋ブログにも載っていましたね。

斎藤 「そうですね」

若山 「平日大会は、曜日によってレギュレーションを固定して、土日は、その都度決める形になります」

情報局 他に何かオススメはありますか?

斎藤 「他言語カードのコーナーがあります。通販ではやっていなかったので「CARDSHOP晴れる屋」オープンと同時にそのコーナーを作りました」

若山 「開店してから、今のところ他言語コーナーが一番人気ですね。二日で在庫の4分の1は無くなったと思います。英語や中国語は当たり前ですが、欧州圏の言語はなかなか手に入りませんから」

情報局 そうですね。いざドイツ語やフランス語のカードが欲しいと思っても、どうやって手に入れるのかわかりませんものね。

若山 「そういう時には、晴れる屋にはあるって思って頂けたら嬉しいですね」



【マジックで繋がる人と人、拡大していくハッピー】

情報局 最後に斎藤さんからのメッセージをお願いします。

「沢山のマジックプレイヤーに喜んでもらえるよう晴れる屋は頑張っていきます。マジックはとても面白いゲームだし、人と人の掛け算には無限の可能性があると思います。皆でマジックを盛り上げていけたら最高です!」

斎藤さん、若山さん、お忙しい中、誠にありがとうございました。

取材協力:CARDSHOP晴れる屋


お二人の言葉の端々から、マジックに対する気持ちや、人と人との繋がりの大切さを非常に感じた取材でした。

取材・構成 伊藤 
取材・文・写真 宇佐美

(※放課後まじっく情報局では、今後も様々な形で取材を行っていきます。その際には、ご協力頂ければ幸いです)

同一カテゴリの記事一覧

  1. 第265回 PWC(川崎)におじゃましてきました
  2. 突撃!隣のデュエリスト!!青茶増殖デッキ(田中久也様)
  3. 第93回五竜杯(板橋)におじゃましてきました
  4. The Finals 2010地区予選(板橋)におじゃましてきました
  5. PWC 川崎 256th Finals地区予選で聞きました
  6. メタゲームから創る最強のヴァラクートについて
  7. ミスターPWCによるPWC 川崎 256th Finals地区予選TOP8デッキ解説
  8. PWC 新宿 255thで聞きました
  9. 第255回 PWC(新宿)におじゃましてきました
  10. ミラディンの傷跡プレリリース(千葉)におじゃましてきました
  11. ミラディンの傷跡プレリリース(川崎)におじゃましてきました
  12. 第254回 PWC(東神奈川)におじゃましてきました
  13. エターナル・フェスティバル(板橋)におじゃましてきました
  14. Lunatic Moon Convention 297th(代々木)におじゃましてきました
  15. Lunatic Moon Convention 295th(千葉)におじゃましてきました
  16. Garden City Convention 41th(長津田)におじゃましてきました
  17. 第249回 PWC(横浜)におじゃましてきました
  18. 第90回五竜杯(板橋)におじゃましてきました
  19. エクステンデッドが今熱い!! その3
  20. エクステンデッドが今熱い!! その2
  21. Lunatic Moon Convention 289th(千葉)におじゃましてきました
  22. Garden City Convention 40th(溝の口)におじゃましてきました
  23. Absolute Zero(沖縄)におじゃましました
  24. 第50回あかつき杯(宇都宮)におじゃましてきました
  25. GPコロンバス優勝トロフィーを生で見てきた!!
  26. エクステンデッドが今熱い!!
  27. Lunatic Moon Convention 288th(代々木)におじゃましてきました
  28. 晴れる屋スタンダード(高田馬場)におじゃましてきました
  29. 第243回 PWC(新宿)におじゃましてきました
  30. 基本セット2011プレリリース(宇都宮)におじゃましてきました
  31. 基本セット2011プレリリース(川崎)におじゃましてきました
  32. 「晴れる屋」高田馬場店がついにオープン!おじゃましてきました