ジャンド使い必見!何故「今」デーモンジャンドだったのか!?

投稿日: このエントリーをはてなブックマークに追加

GP仙台が終わり、スタンダード環境は日本選手権へと続いていきます。

今回の放課後まじっく情報局は、先日のGP仙台において《深淵の迫害者/Abyssal Persecutor》が搭載された「デーモンジャンド」を使い初日を全勝、二日目も見事トップ8に入った「地元東北の雄」小澤 毅(宮城)さんにインタビューをお願いしました。

対ジャンドの成績は驚異的なものだったようです。

何故「今」デーモンジャンドだったのか!?

キーワードは「《復讐蔦/Vengevine》」!?

それでは、インタビューに行ってみたいと思います。

小澤さん、宜しくお願いします。

1.このデッキを選択した理由は?

1番の理由は使い慣れていた事です。トライアルも、これでbyeを取りましたし。

GP直前の2週間はMOで「Super Friends」を試していたんですが、やっぱり2色の方が安定しているなと思い「青白タップアウト」を調整していました。

しかし、青白系のデッキはゲームに時間がかかってしまうので、GPのような長丁場ではキツそうで、ミラーマッチに自信が持てないので諦めました。
 
ジャンドに戻ったのはGP2日前です。

2.想定していたメタデッキはありますか?

バントかナヤの《復讐蔦/Vengevine》をフィーチャーしたデッキが一番多いと思っていました。
 
その次に青白コントロール系、ジャンドは3番手ぐらい、と想定していました。

3.デッキの工夫したポイントを教えて下さい。

復讐蔦/Vengevine》のことを意識して《深淵の迫害者/Abyssal Persecutor》を入れたことですね。

GP前に一般的に出回っていたジャンドのクリーチャー構成では《復讐蔦/Vengevine》に対して有効な解答が無く、《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》を固め引きすれば何とか止まるかな程度のものでした。

また、仮に《復讐蔦/Vengevine》がどうにかなったとしても攻めれないと感じました。

そこで《復讐蔦/Vengevine》に対する解答が何かしら必要だと思ったんです。

考えたのは、

瀝青破/Bituminous Blast》で行動回数を稼いで、こちらが殴れる場にする。

ブロッカー兼ハードパンチャーの《深淵の迫害者/Abyssal Persecutor》を入れる。

という二つ。

悩んだ末、結局後者にしました。これがGP前日です。

4.サイドボードのアウトインについてもお聞きして宜しいですか?

・対バント

Out:
3 《朽ちゆくヒル/Putrid Leech
2 《狂乱のサルカン/Sarkhan the Mad
1 《荒廃稲妻/Blightning

In:
2 《破滅の刃/Doom Blade
2 《消耗の蒸気/Consuming Vapors
2 《二股の稲妻/Forked Bolt

バントには除去を目一杯入れます。それだけです。

・対ナヤ

Out:
3 《朽ちゆくヒル/Putrid Leech
1 《荒廃稲妻/Blightning

In:
2 《消耗の蒸気/Consuming Vapors
2 《二股の稲妻/Forked Bolt

ナヤ相手には《狂乱のサルカン/Sarkhan the Mad》でドラゴンを出す事で大分有利になると思っています。(一般的には)《悪斬の天使/Baneslayer Angel》が入ってないので《破滅の刃/Doom Blade》よりも《狂乱のサルカン/Sarkhan the Mad》を優先します。

・対青白系

Out:
4 《稲妻/Lightning Bolt
4 《芽吹くトリナクス/Sprouting Thrinax
2 《狂乱のサルカン/Sarkhan the Mad
2 《終止/Terminate

In:
4 《ゴブリンの廃墟飛ばし/Goblin Ruinblaster
3 《強迫/Duress
2 《真髄の針/Pithing Needle
2 《破滅の刃/Doom Blade
1 《消耗の蒸気/Consuming Vapors

破滅の刃/Doom Blade》は《コーの火歩き/Kor Firewalker》を処理するために《終止/Terminate》と入れ替えます。ただ《深淵の迫害者/Abyssal Persecutor》が入っている都合上《コーの火歩き/Kor Firewalker》には目を瞑って《終止/Terminate》のままでもいいかもしれません。

あっ、今気づきましたけど《消耗の蒸気/Consuming Vapors》の2枚目を入れればいいのかもしれませんね(笑)。

・対ジャンド

Out:
4 《稲妻/Lightning Bolt

In:
4 《ゴブリンの廃墟飛ばし/Goblin Ruinblaster

稲妻/Lightning Bolt》はあった方がいい場面が結構あるのですが、ミラーマッチで抜けるカードは除去ぐらいしかなく《深淵の迫害者/Abyssal Persecutor》を使う都合上こうなります。


メタゲームの末に辿り着いた「デーモンジャンド」。

スタンダードの王道と言われる「ジャンド」デッキにも、様々なアプローチが試されています。

果たして、今後はどのような進化を遂げるのでしょうか!?

それでは、次回の放課後まじっく情報局をお楽しみに。

小澤さん、ご協力ありがとうございました。

(文 宇佐美)

(※放課後まじっく情報局では、今後も沢山の皆様にインタビューをしていく予定です。その際には、ご協力の頂ければ幸いです。宜しくお願いします)

同一カテゴリの記事一覧

  1. GP仙台前日トライアルにおじゃましました
  2. GP仙台に参加するプレイヤーへの応援メッセージ(中嶋様)
  3. 3Byeプレイヤーの過ごし方(三原プロの場合)
  4. GP仙台参加者のための周辺カードショップ情報
  5. 地元プレイヤーが教える仙台おすすめ食事スポット
  6. デュエリストは外国人(簡単マジック英会話)
  7. GP仙台に参加するプレイヤーへの応援メッセージ(工藤様)
  8. GP仙台に参加するプレイヤーへの応援メッセージ(中野様)
  9. GP仙台に参加するプレイヤーへの応援メッセージ(宮坂様)
  10. GP仙台へ向けて!! 放課後まじっく情報局
  11. 「エルドラージ覚醒」後のスタンダード 注目デッキ