決勝: 佐藤和幸 vs. 伊藤正洋 (by Fujita Toshitake)

投稿日: このエントリーをはてなブックマークに追加


ここまで来たら、ないても笑っても最後の試合。だが、岩手独特の空気が流れていた。

インタビュアー:本日の予定は?
佐藤:途中でドロップして麻雀に行く予定でした。
伊藤:俺もこの時間は飯に行ってる予定だったんですよ。
   あ、新幹線大丈夫かな?
   さて、早く終えて飯を食おうか。そして帰ってサザ○さんみるか。
   (現在の時刻、17時50分)

と、そんなのほほんとしたやり取りをする目の前の二人だが、この大会を象徴する黒緑同士の対戦となった。しかしアプローチはまったく違う。

「ガラクが強いなら、ガラクを使えばいいじゃない」
とマリーさんを髣髴とさせる伊藤に対し、

「ガラクが強いなら、森を渡ればいいじゃない」
の合言葉からエルフを選択した佐藤。

しかし、どちらも分かっていることがひとつある。
この世界を支配しているのは、緑色だということだ。
さあ、最後の戦い、どちらが優勝する?


game1

伊藤の《思考囲い/ Thoughtseize》と佐藤の《Llanowar
Elves》からスタートは両者が思い描く最高の回りだろうか。そしてそのまま佐藤は2tに《レンの地の克服者/ Wren's Run Vanquisher》と、《ボリアルのドルイド/ Boreal Druid》、そして《傲慢な完全者/ Imperious Perfect》と繋げる。

対する伊藤は《突然の死/ Sudden Death》を《レンの地の克服者/ Wren's Run Vanquisher》に唱えるのみ。いや、佐藤の周りがひどいとしかいえない。

しかも土地が3枚で止まっってしまった伊藤の手札には《滅び/ Damnation》が今か今かと出番を待っていた。安心しろ、出番は一生来ない。

次の攻撃を受けライフが2まで落ち込んだ伊藤は、ふと手札を見ると唱えることが出来る呪文があることに気がつく。

これしかない!

伊藤の最後の抵抗は《思考囲い/ Thoughtseize》!!!! ・・・あれ?
ちなみにこれまでの所要時間、5分。


out
4《ガイアの頌歌/ Gaea's Anthem
1《墓穴までの契約/Grave Pact

in
3《麗しき者の勇気/ Prowess of the Fair
2《猛牛の目/ Eyes of the Wisent

伊藤
out
4《思考囲い/ Thoughtseize
2《突然の死/ Sudden Death

in
4《名も無き転置/ Nameless Inversion
2《真髄の針/ Pithing Needle


…佐藤さん、横で見ている自分が代わりに泣いてもいいですか?
と誰しもが突っ込みをいてたくなる《猛牛の目/ Eyes of the Wisent》だが、
佐藤曰く「青の〜」の部分を見逃した。との事。
・・・うん、まぁそんなこともありますよね。


game2

伊藤が《苔汁の橋/ Mosswort Bridge》、《樹上の村/ Treetop Village》とタップインランドを続ける中、佐藤は《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》から《エルフのチャンピオン/Elvish Champion》、《傲慢な完全者/ Imperious Perfect》と繋げる。

かなりの周りを見せる佐藤に対する伊藤の土地は緑しか出ない…。仕方がなくクリーチャーを展開するが、墓地の肥えていない《タルモゴイフ/ Tarmogoyf》に過度な期待を持つのは野暮ってものだ。

ちなみに伊藤の手札を確認するとやっぱりというか秘密兵器の《滅び/ Damnation》がある。二度目の台詞になるが、安心しろ。お前の出番はやっぱり来ない。
ちなみに苔汁の橋でライブラリの下に落としたカードの中にはお約束のように《沼/ Swamp》があるのはいまさら書かなくても、周知の事実ではないだろうか。

さて、佐藤の攻撃。
あ、森がある。


森渡りぱーんち。

所要時間、やっぱり5分。

winner 佐藤 2-0



ということで少々あっけない幕切れとなってしまったが、12ロードの黒緑エルフを駆った佐藤が2007年の岩手杯を制することになった。それはやはりメタゲームの勝利だったのであろうと思う。

おめでとう、佐藤!

同一カテゴリの記事一覧

  1. 2007岩手県選手権
  2. TOP8デッキリスト
  3. 準決勝: 伊藤正洋 vs. 高橋一成 (by Fujita Toshitake)
  4. 準々決勝: 小酒井良平 vs. 高橋一成 (by Fujita Toshitake)
  5. ラウンド 5: 阿部聖 vs. 森達貴 (by Fujita Toshitake)
  6. ラウンド 4: 佐藤和幸 vs. 阿部裕貴 (by Fujita Toshitake)
  7. ラウンド 3: 伊藤正洋 vs. 千田揚輔 (by Fujita Toshitake)
  8. ラウンド 2: 小酒井 良平 vs. 阿部 裕貴 (by Fujita Toshitake)
  9. ラウンド 1: 佐久間俊充 vs. 鴨田達典 (by Fujita Toshitake)