準決勝: 伊藤正洋 vs. 高橋一成 (by Fujita Toshitake)

投稿日: このエントリーをはてなブックマークに追加

なんと、準々決勝でスイスラウンドの上位4人全てが倒れる展開となった。デッキの相性差などもあるのでなんともいえないが、これがシングルエリミネーションの怖いところかもしれない。

さて、そんな激戦を勝ち抜いたのが、今大会の最大勢力である黒緑の強さを実践している伊藤。デッキレシピは見てもらえれば分かるが、もうデッキがお金に見えてしょうがない。対する高橋も《タルモゴイフ/ Tarmogoyf》《野生語りのガラク/ Garruk Wildspeaker》を抱え、ある意味惹けを取っていない。
今の緑の強さを支えるもの同士が、ぶつかり合う。

game1

ラノワールの荒原/Llanowar Wastes》からの《思考囲い/ Thoughtseize》スタートの先攻伊藤。3点を失っての価値はあるか、高橋の手札から《野生語りのガラク/ Garruk Wildspeaker》を落とす。
対する高橋は《モグの狂信者/ Mogg Fanatic》から、2t《ペンデルヘイヴン/ Pendelhaven》セットで強化。伊藤のライフがすでにライフが15まで落ちる。

高橋はそのまま《獣群の呼び声/ Call of the Herd》で攻勢をかけるが、そこに待っているのは伊藤の《滅び/ Damnation》。高橋も手札の許す限り《タルモゴイフ/ Tarmogoyf》と《獣群の呼び声/ Call of the Herd》FBを返しで並べて攻撃。さすがにすぐに回答を用意できず数度の攻撃を受けるが、伊藤は何とか引いてきた《滅び/ Damnation》で耐える。これで伊藤のライフが4まで減少。お互いに《獣群の呼び声/ Call of the Herd》で場を整える。

さらに攻勢をかけたい高橋は象と《樹上の村/ Treetop Village》で総攻撃、伊藤も残りの象と《樹上の村/ Treetop Village》で総ブロック。いったん場がきれいになる。

ここから伊藤は《獣群の呼び声/ Call of the Herd》を表裏で象二体、対する高橋は《タルモゴイフ/ Tarmogoyf》でにらみあう。墓地を確認すると、なんと《タルモゴイフ/ Tarmogoyf》の大きさは6/7と破格のサイズにまで成長していた。ここで伊藤が《調和/ Harmonize》。お互いこれで何とかなるか?

高橋はそのまま《タルモゴイフ/ Tarmogoyf》で攻撃。これで象が1体墓地に落ち、伊藤も苦しい展開になる。だが、この劣勢を跳ね返す救世主が現れたのだった。
それでも、その救世主《剃刀毛のマスティコア/ Razormane Masticore》だけなら高橋も何とでもなったのかもしれない。が、あの剃刀毛が装備したのはかの有名な《ロクソドンの戦槌/Loxodon Warhammer》ではしょうがない。8/5先制攻撃のマスティコアは往年の怪物に勝るとも劣らない圧倒的な暴力を見せ付けたのだった。


sideborad
伊藤
in
ロクソドンの戦槌/Loxodon Warhammer
無残な収穫/ Grim Harvest

out
2《剃刀毛のマスティコア/ Razormane Masticore

高橋
in
2《魔力のとげ/ Manabarbs
1《チャンドラ・ナラー/ Chandra Nalaar
2《真髄の針/ Pithing Needle

out
4《タール火/ Tarfire
1《モグの狂信者/ Mogg Fanatic


魔力のとげ/ Manabarbs》がキーカード足りえるか!?

game2

先手は高橋。お互いマリガンなくスタート。

後攻伊藤の1ターン目は予想通り《思考囲い/ Thoughtseize
ここで見えたカードが《魔力のとげ/ Manabarbs》と《野生語りのガラク/ Garruk Wildspeaker》《タルモゴイフ/ Tarmogoyf》《トロールの苦行者/Troll Ascetic》とそうそうたる顔ぶれが並び、伊藤は非常にいい顔をした。少し考え《魔力のとげ/ Manabarbs》を選択。

高橋は《タルモゴイフ/ Tarmogoyf》、《トロールの苦行者/ Troll Ascetic》と展開すると、伊藤はお約束の通り《滅び/ Damnation》。しかし高橋も《野生語りのガラク/ Garruk Wildspeaker》から《獣群の呼び声/ Call of the Herd》をつなげ《樹上の村/ Treetop Village》で攻め立てる。高橋の流れるような展開に伊藤がやや苦しいか?

伊藤が《タルモゴイフ/ Tarmogoyf》と《ロクソドンの戦槌/Loxodon Warhammer》を出すと、高橋は《真髄の針/Pithing Needle》で《ロクソドンの戦槌/Loxodon Warhammer》を指定。高橋が若干押し気味にデュエルを進めるが、勝負のバランスは大きく偏りはしない。

そんな両者の天秤を傾けさせたのは、やはり《野生語りのガラク/ Garruk Wildspeaker》だった。そしてそれは高橋に呼ばれやってきた。一度土地を起こした後、唱えた呪文は《踏み荒らし/ Overrun》。そしてそのまま高橋のクリーチャーが伊藤の《タルモゴイフ/ Tarmogoyf》の上を踏み荒らしていった。


game3

先行の伊藤が《ラノワールの荒原/Llanowar Wastes》からの《思考囲い/ Thoughtseize》。3戦連続の展開に高橋も苦笑い。(指定は《裂け目の稲妻/ Rift Bolt》)

伊藤の《タルモゴイフ/ Tarmogoyf》(2/3)と高橋の火力が行ったり来たりする中、高橋の《トロールの苦行者/ Troll Ascetic》だけが静かにクロックを刻む。序盤のタルモゴイフはどうしても弱さをぬぐえない。その、今まで墓地が超えてなかったおかげで頼りなかった《タルモゴイフ/ Tarmogoyf》が《無残な収穫/ Grim Harvest》経由での登場のおかげでようやく《トロールの苦行者/ Troll Ascetic》のブロッカーとなった。

そこで高橋が《獣群の呼び声/ Call of the Herd》から攻勢をかけるが、それを待っていたかのように飛んできたのは伊藤の《滅び/ Damnation》。一進一退の展開を見せる。

ここで高橋が《チャンドラ・ナラー/ Chandra Nalaar》を引く。忠誠度を3払い、伊藤の象を焼き、そして自分の象で攻撃。これで伊藤のライフが3まで落ち込む。ゴールが見えてきた。

しかし伊藤は、これで後がなくなったと割り切った。象と《樹上の村/ Treetop Village》でそれぞれ《チャンドラ・ナラー/ Chandra Nalaar》とプレーヤーを攻撃。これでチャンドラが倒れ、高橋のライフも残り10。先頭終了後に《タルモゴイフ/ Tarmogoyf(FUT)》を召喚し、ブロッカーを送り出す。

ここで場を整理すると、伊藤のクリーチャーは《タルモゴイフ/ Tarmogoyf》(4/5)、象、そして《樹上の村/ Treetop Village》。ちょうどクリーチャーのパワーの合計と相手のライフが同じなのだ。となると、高橋はこれ以上攻撃することが出来ない。引いたカードを確認し、そして静かにターンを返す。

しかし伊藤も残りの手札が2枚。この時点で伊藤は解決になりうるカードを持っていたのだが、しきりに迷っていた。だが、意を決すると伊藤は行動を取った。《ラノワールの荒原/Llanowar Wastes》経由で唱えたカードは《突然の死/ Sudden Death》。これで伊藤のライフは、2


伊藤「《タール火/ Tarfire》、ある?」

高橋「サイドに」

かくして象は突然死を向かえ、そして高橋のライフはちょうど0になった。


winner 伊藤 2-1

同一カテゴリの記事一覧

  1. 2007岩手県選手権
  2. TOP8デッキリスト
  3. 決勝: 佐藤和幸 vs. 伊藤正洋 (by Fujita Toshitake)
  4. 準々決勝: 小酒井良平 vs. 高橋一成 (by Fujita Toshitake)
  5. ラウンド 5: 阿部聖 vs. 森達貴 (by Fujita Toshitake)
  6. ラウンド 4: 佐藤和幸 vs. 阿部裕貴 (by Fujita Toshitake)
  7. ラウンド 3: 伊藤正洋 vs. 千田揚輔 (by Fujita Toshitake)
  8. ラウンド 2: 小酒井 良平 vs. 阿部 裕貴 (by Fujita Toshitake)
  9. ラウンド 1: 佐久間俊充 vs. 鴨田達典 (by Fujita Toshitake)