準々決勝: 小酒井良平 vs. 高橋一成 (by Fujita Toshitake)

投稿日: このエントリーをはてなブックマークに追加


予選1位通過の小酒井。青白ブリンクというデッキを駆ってのトップ通過は目を見張るものがある。対する高橋も赤緑と逆風吹き荒れる赤を使用してのベスト8だ。
デッキ相性を考えると、メインで《エイヴンの裂け目追い/ Aven Riftwatcher》が入っている分、若干小酒井が有利か?
そんな注目の準決勝第1試合をお届けしよう。

game1

ダイスロールの結果、先行は高橋。迷った小酒井も結局キープし、お互いがマリガン無しでのスタートとなった。

高橋は2t《タルモゴイフ/ Tarmogoyf》3t《獣群の呼び声/ Call of the Herd》、4t《野生語りのガラク/ Garruk Wildspeaker》の流れるような展開。また、その後も浮いたマナを利用してプレーヤーに火力を討ちう
対する小酒井も《エイヴンの裂け目追い/ Aven Riftwatcher》からガラクを攻めるが、それ以外に手が打てない。《熟考漂い/ Mulldrifter》の想起からデッキを掘るが後続が現れないのだ。ここはおとなしく《神の怒り/Wrath of God》を。

思えば、《神の怒り/Wrath of God》と打つのは今日初めてだ。

高橋は《獣群の呼び声/ Call of the Herd》FBでリカバリを測るが小酒井は《誘惑蒔き/ Sower of Temptation》をプレイ。そのリカバリを打ち消してしまう。それを受け高橋は路線変更。《火葬/ Incinerate》をプレーヤーに打ち始めたのだ。これで小酒井のライフが5に。このライフを考えると、この選択は正しい。高橋はカウンターを警戒してゆっくりと動いたが、それがない小酒井はそのまま焼き殺された。


sidebord
小酒井
in
3《真髄の針/ Pithing Needle
3《糾弾/ Condemn
1《神の怒り/Wrath of God

out
1《熟考漂い/ Mulldrifter
3《否定の契約/ Pact of Negation
1《虹色のレンズ/ Prismatic Lens
1《裂け目翼の雲間を泳ぐもの/ Riftwing Cloudskate
1《突風粉の魔道士/ Galepowder Mage


高橋
in
2《クァーグノス/ Quagnoth
1《チャンドラ・ナラー/ Chandra Nalaar
2《魔力のとげ/ Manabarbs

out
4《タール火/ Tarfire
1《獣群の呼び声/ Call of the Herd


高橋の大胆なサイドが光る。


game2

先攻の小酒井が痛恨の2マリガン。これは痛い。このアドバンテージがどう響くのか。

後攻の高橋が、《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》、《モグの狂信者/ Mogg Fanatic》と並べ、さらに《樹上の村/ Treetop Village》で攻撃。小酒井は《糾弾/ Condemn》でかわす。
しかし高橋の攻勢はとどまることを知らず、《野生語りのガラク/ Garruk Wildspeaker》を展開し、1番目の能力で起こした土地を使用して、小酒井の《突風粉の魔道士/ Galepowder Mage》を《火葬/ Incinerate》。店舗のいい動きを見せる。そしてそのまま《チャンドラ・ナラー/ Chandra Nalaar》まで展開すると、1番目の能力で小酒井のライフをじわじわと削る。もちろんプレインズウォーカーの能力にマナはかからないため、クリーチャーを展開しながらの行動だ。


展開されたクリーチャーまでは《神の怒り/Wrath of God》で対応できた小酒井だが、それを尻目に《チャンドラ・ナラー/ Chandra Nalaar》の3番目の能力が小酒井陣営を焼き払い、あっという間に10ものライフを奪い去った。

さすがに2マリガンで失ったアドバンテージを取り戻すことは出来なかったか。

winner 高橋 2-0

同一カテゴリの記事一覧

  1. 2007岩手県選手権
  2. TOP8デッキリスト
  3. 決勝: 佐藤和幸 vs. 伊藤正洋 (by Fujita Toshitake)
  4. 準決勝: 伊藤正洋 vs. 高橋一成 (by Fujita Toshitake)
  5. ラウンド 5: 阿部聖 vs. 森達貴 (by Fujita Toshitake)
  6. ラウンド 4: 佐藤和幸 vs. 阿部裕貴 (by Fujita Toshitake)
  7. ラウンド 3: 伊藤正洋 vs. 千田揚輔 (by Fujita Toshitake)
  8. ラウンド 2: 小酒井 良平 vs. 阿部 裕貴 (by Fujita Toshitake)
  9. ラウンド 1: 佐久間俊充 vs. 鴨田達典 (by Fujita Toshitake)