色別分析:マルチカラー

投稿日: このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回のマルチカラーは非常に優秀なカードがそろっています。

 《虚空粘/Voidslime》は呪文か起動能力か誘発能力を打ち消すことが出来ます。マルチカラーであるためコストに多色を必要としますが3マナでこの能力は非常に強力です。《ラクドスの穴開け魔道士/Rakdos Augermage》は能力サイズとも申し分ありません。コントロールデッキにとっては脅威の1枚となることでしょう。《とぐろ巻きの巫女/Coiling Oracle》は《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》に似た能力を持ったクリーチャーです。土地であれば場に出すことが出来るし、それ以外であればドローが出来ます。ただ、《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》のように確実に土地を出すことは出来ませんが。

 《アウグスティン四世大判事/Grand Arbiter Augustin IV》。このカードをキーカードとしたデッキが簡単に組めそうである。
夜景学院の使い魔/Nightscape Familiar》のような凶悪さがないのは確かであるが。《血の魔女リゾルダ》は能力的には《火葬のゾンビ/Pyre Zombie》にちかいであろうか。マルチカラーのクリーチャーを生け贄に捧げれば1ドローのおまけ付きである。

 《棄却/Overrule》は非常に優秀なカウンターである。そのうち消し能力もさることながらライフ回復という得点が非常に大きい。《シミックの空呑み/Simic Sky Swallower》は非常に強力なフィニッシャーである。全体除去呪文以外でコイツを除去することは不可能である。また、《風を裂くもの/Windreaver》も同じく非常に強力なフィニッシャーである。

同一カテゴリの記事一覧

  1. 色別分析:ハイブリッド・分割
  2. 色別分析:緑
  3. 色別分析:赤
  4. 色別分析:黒
  5. 色別分析:青
  6. 色別分析:白
  7. ディセンション・ファーストインプレッション