コントロールデッキの世界1

投稿日: このエントリーをはてなブックマークに追加

場を支配するデッキたち


  ここ最近、ミラディン対応スタンダード大会の結果がちらほらでてきていますね。で、それらの大会の結果をみて思うのは、コントロールデッキの多さです。「サイクリング」のように前環境からの生き残りや、「青白パーミッション」のようにミラディンから新カードを得ることによって変化をしたデッキなど、いろいろなコントロールデッキがトーナメント上位にくい込んできています。

  トーナメントで上位に食い込んでいるコントロールの中でも、パーミッションデッキはバラエティーに富んでいます。これは、前環境でほぼ完成してしまった「サイクリング」とまだまだ発展途上である「パーミッション」の差ではないでしょうか。それでは、パーミッションデッキについて解説していきましょう。



青白パーミッションの基本パーツ


【マナ漏出/ Mana Leak】

  パーミッションの基本であるカウンター呪文。《対抗呪文/Counterspell》ほど万能ではありませんが、序盤であればその能力は《対抗呪文/Counterspell》と遜色ありません。また、(青)(青)のマナがそろっていなくても打てるというのが魅力です。


【巻き直し/ Rewind】

  4マナとちょっと重いですが、《マナ漏出/Mana Leak》とちがい確定でカウンターを行うことができます。また、フリースペルとしてカウンターした後、またカウンターを打つことが可能となります。


【神の怒り/ Wrath of God】

  基本中の基本。全体クリーチャー除去スペルです。このスペルの前ではどんな巨大クリーチャーも、どんな大群のクリーチャー群も生きていることはできません。


【知識の渇望/ Thirst for Knowledge】

  待望のドロー強化スペル。インスタントで3枚ライブラリーを掘り進めることができるのは驚異です。デッキにはアーティファクトランドが投入されており、相性も抜群です。


【賛美されし天使/ Exalted Angel】

  最強のフィニッシャー。この飛行クリーチャーを止める手段がなければたったこの1体のクリーチャーに完封されてしまいます。また、除去しようにもタフネスが5あり、火力での除去は困難です。そして、もっとやっかいなのがライフ回復能力。


【忘却石/ Oblivion Stone】

  あらたな全体除去。《神の怒り/Wrath of God》はクリーチャーだけですが、《忘却石/Oblivion Stone》はアーティファクト、エンチャント、クリーチャー。場にある土地以外のパーマネントをすべて破壊することができます。


【正義の命令/ Decree of Justice】

  サイクリングによるドローと、カウンターされない1/1兵士トークンを生成する優秀スペルです。ウイニー相手には2〜3体の兵士トークンを生成しブロッカーとして使うもよし、ミラーマッチでは、相手のターンエンドに兵士トークンを大量生成して、そのまま殴り勝手もよしと、万能スペルです。



多様化するパーミッション


【スタンダードタイプ】


  メタデッキ:青白パーミッション
(備考:地方大会 4-8th)  
MainBoard


  4 教議会の聖域/ Synod Sanctum
  4 古えの居住地/ Ancient Den
  4 溢れかえる岸辺/ Flooded Strand
  4 沿岸の塔/ Coastal Tower
  7 島/ Island
  2 平地/ Plains
 
  3 賛美されし天使/ Exalted Angel
 
  2 集中/ Concentrate
  4 巻き直し/ Rewind
  3 新たな信仰/ Renewed Faith
  3 知識の渇望/ Thirst for Knowledge
  4 神の怒り/ Wrath of God
  2 もみ消し/ Stifle
  4 上天の呪文爆弾/ AEther Spellbomb
  2 忘却石/ Oblivion Stone
  4 正義の命令/ Decree of Justice
  4 マナ漏出/ Mana Leak
 
SideBoard


 1 因果応報/ Karma
  2 供犠台の光/ Altar's Light
  2 象牙の仮面/ Ivory Mask
  1 未来予知/ Future Sight
  1 もみ消し/ Stifle
  3 無効/ Annul
  4 ボトルのノーム/ Bottle Gnomes
  1 賛美されし天使/ Exalted Angel
 
 
カード名をクリックすると、カード画像が表示されます


  まさに教科書通りの、ノーマルタイプ。《神の怒り/Wrath of God》でクリーチャー除去、《マナ漏出/Mana Leak》《巻き直し/Rewind》でカウンター。《知識の渇望/Thirst for Knowledge》などのドロースペルで手札を補充。クリーチャー数体と《神の怒り/Wrath of God》1枚。相手のデッキのキーカード、凶悪スペルとカウンター1枚。ドロースペルによるドロー強化。このように1対多のカード交換を繰り返し地道に相手とのアドバンテージを広げていきます。そして、最後に《賛美されし天使/Exalted Angel》を召還。相手のクリーチャー除去スペルからカウンターでフィニッシャーを守りながらそのまま殴り勝ちます。




【ユーティリティタイプ】


  メタデッキ:青白パーミッション
(備考:地方大会 2位)  
MainBoard


  8 平地/ Plains
 7 島/ Island
 1 沼/ Swamp
 4 沿岸の塔/ Coastal Tower
 1 教議会の座席/ Seat of the Synod
 1 古えの居住地/ Ancient Den
 1 大闘技場/ Grand Coliseum
 2 隠れ石/ Stalking Stones
 
 3 賛美されし天使/ Exalted Angel
 3 真面目な身代わり/ Solemn Simulacrum
 1 映し身人形/ Duplicant
 
 4 神の怒り/ Wrath of God
 2 正義の命令/ Decree of Justice
 4 知識の渇望/ Thirst for Knowledge
 2 加工/ Fabricate
 3 巻き直し/ Rewind
 3 マナ漏出/ Mana Leak
 2 蒸気の連鎖/ Chain of Vapor
 1 骸骨の破片/ Skeleton Shard
 1 波停機/ Stabilizer
 1 精神隷属器/ Mindslaver
 3 忘却石/ Oblivion Stone
 2 赤の防御円/ Circle of Protection: Red
 
SideBoard


 4 因果応報/ Karma
 2 もみ消し/ Stifle
 1 波停機/ Stabilizer
 2 聖なる場/ Sacred Ground
 2 赤の防御円/ Circle of Protection: Red
 1 正義の命令/ Decree of Justice
 1 巻き直し/ Rewind
 2 催眠の宝珠/ Mesmeric Orb
 
 
カード名をクリックすると、カード画像が表示されます


  かつての《狡猾な願い/Cunning Wish》を使ったパーミッションはサイドボードへアクセスすることによって相手のデッキに柔軟に対応してきたわけですが、このデッキは《加工/Fabricate》によってライブラリーの中へアクセスし、必要なカードを引っ張ってくるという構成になっています。デッキには《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》など、たくさんの強力アーティファクトや、《波停機/Stabilizer》などの対策カードが入っており、場合に応じて引っ張ってくることができます。

  また、デッキには沼が1枚だけ投入されており、《骸骨の破片/Skeleton Shard》を活用しやすくなっています。《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》がいるので沼を場に出すことは容易にできます。このカードで回収されるカードはアーティファクトに限りますが、《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》などを回収されればアドバンテージを大量に得ることができるので全く問題ありません。




【コンボタイプ】


  メタデッキ:青白パーミッション
(備考:地方大会 4-8th)  
MainBoard


  4 沿岸の塔/ Coastal Tower
  4 古えの居住地/ Ancient Den
  4 教議会の座席/ Seat of the Synod
  3 島/ Island
  3 平地/ Plains
  3 溢れかえる岸辺/ Flooded Strand
  2 隠れ石/ Stalking Stones
 
  4 上天の呪文爆弾/ AEther Spellbomb
 4 発展のタリスマン/ Talisman of Progress
 4 神の怒り/ Wrath of God
  4 新たな信仰/ Renewed Faith
  4 巻き直し/ Rewind
  3 正義の命令/ Decree of Justice
 3 知識の渇望/ Thirst for Knowledge
  2 もみ消し/ Stifle
 2 権威の確立/ Assert Authority
  2 動員令/ Mobilization
  2 マナ漏出/ Mana Leak
  2 変幻の杖/ Proteus Staff
  1 ゴブリンの放火砲/ Goblin Charbelcher
 
SideBoard


 2 無効/ Annul
  3 翼の破片/ Wing Shards
 2 象牙の仮面/ Ivory Mask
  2 永遠のドラゴン/ Eternal Dragon
 2 霊魂放逐/ Remove Soul
  1 もみ消し/ Stifle
 1 変幻の杖/ Proteus Staff
  1 隠れ石/ Stalking Stones
  1 ひっかき爪/ Scrabbling Claws
 
 
カード名をクリックすると、カード画像が表示されます


  《変幻の杖/Proteus Staff》と《ゴブリンの放火砲/Goblin Charbelcher》とのコンボを用意した白青コントロールデッキ。勝ち手段は簡単。トークンクリーチャーをライブラリーに戻して《変幻の杖/Proteus Staff》の能力でライブラリーを並び替え。あとは《ゴブリンの放火砲/Goblin Charbelcher》で大ダメージ。基本パーツは軽いので、はまれば速攻で試合が終わってしまいます。



これからのパーミッション


  上に書いたように、青白パーミッションはいろいろな方向への進化を始めました。パーミッションはミラディンの加入を受けこれからも進化していくことでしょう。さらにこれらのデッキを上回る高性能なデッキがでてくることを楽しみにしています。

同一カテゴリの記事一覧

  1. ビートダウンの逆襲1
  2. 州選手権結果
  3. コントロールデッキの世界2
  4. MR加入後のメタゲーム