MR加入後のメタゲーム

投稿日: このエントリーをはてなブックマークに追加

新環境のスタンダード


  ミラディンが発売されて、だいぶたちました。みなさんは、新環境に向けていろいろなデッキを試している時期ではないでしょうか?そこで、今回は今月から始まる新環境について考察していこうと思います。



前環境からの生き残り


【ゴブリン】

  現在、一番有力視されているのがこのデッキです。なにせ、オデッセイの入れ替えが起こり、他のデッキがキーカードを失い弱体化していく中、このデッキはメインボードでは《炎の稲妻/Firebolt》、サイドボードでは《鋭い痛み/Flaring Pain》を失っただけで、ほかに何も影響を受けていないのです。《赤の防御円/Circle of Protection: Red》に弱くなるなど問題はありますが、変わりに《忘却石/Oblivion Stone》を入れたり無色のダメージソースを駆使すれば何ら影響もありません。ただ、ミラディン加入で得るものがあったか?と聞かれれば、《黄鉄の呪文爆弾/Pyrite Spellbomb》くらいでしょうか・・・。


  メタデッキ:ゴブリン
(備考:地方大会 4-8th)  
MainBoard


  3 ゴブリンの穴ぐら/ Goblin Burrows
  20 山/ Mountain
 
  4 ゴブリンそり乗り/ Goblin Sledder
  3 ゴブリンの名手/ Goblin Sharpshooter
  4 火花鍛冶/ Sparksmith
  4 スカークの探鉱者/ Skirk Prospector
  4 ゴブリンの群衆追い/ Goblin Piledriver
  4 つつき這い虫/ Clickslither
  4 包囲攻撃の司令官/ Siege-Gang Commander
  4 ゴブリンの戦長/ Goblin Warchief
 
  4 黄鉄の呪文爆弾/ Pyrite Spellbomb
  2 忘却石/ Oblivion Stone
 
SideBoard


 1 ゴブリンの名手/ Goblin Sharpshooter
  3 ボトルのノーム/ Bottle Gnomes
  3 罠の橋/ Ensnaring Bridge
  3 硫黄の渦/ Sulfuric Vortex
  3 波停機/ Stabilizer
  2 粉砕/ Shatter
 
 
カード名をクリックすると、カード画像が表示されます



【召集ゴブリン】

  デッキのキーカードが落ちていないのは「ゴブリン」と同じですね。サイクリングが流行ることは簡単に予測できるので、「ゴブリン」より「サイクリング」に耐性のある「召集ゴブリン」を選択するというのもありですね。また、ミラディンで加入した《恐怖/Terror》を入れることにより《賛美されし天使/Exalted Angel》を殺すことも可能になったりというメリットもあったり。


  メタデッキ:召集ゴブリン
(備考:サンプル)  
MainBoard


  2 真鍮の都/ City of Brass
 2 沼/ Swamp
 15 山/ Mountain
 4 血染めのぬかるみ/ Bloodstained Mire
 
 4 ゴブリンそり乗り/ Goblin Sledder
 4 スカークの探鉱者/ Skirk Prospector
 2 火花鍛冶/ Sparksmith
 4 ゴブリンの群衆追い/ Goblin Piledriver
 4 ゴブリンの戦長/ Goblin Warchief
 4 ゴブリンの名手/ Goblin Sharpshooter
 4 包囲攻撃の司令官/ Siege-Gang Commander
 4 宝石の手の焼却者/ Gempalm Incinerator
 
  3 総帥の召集/ Patriarch's Bidding
 4 恐怖/ Terror
 
SideBoard

 
 3 ボトルのノーム/ Bottle Gnomes
  3 罠の橋/ Ensnaring Bridge
  3 硫黄の渦/ Sulfuric Vortex
  3 波停機/ Stabilizer
  3 粉砕/ Shatter
 
 
カード名をクリックすると、カード画像が表示されます



【サイクリング】

  こちらも、「ゴブリン」とおなじく失ったカードはほとんどありません。もちろんメタゲームの筆頭です。失ったカードといえば《燃え立つ願い/Burning Wish》が無くなったくらいでしょうか。元々このデッキはオンスロートブロック構築で使われていたデッキなので、影響が無いというのも当然といえば当然のことでしょう。ただし、このデッキも「ゴブリン」と同じようにミラディン加入によって得た者があったかと効かれると何もないのですが(笑)。


  メタデッキ:サイクリング
(備考:地方大会 優勝)  
MainBoard


  4 隔離されたステップ/ Secluded Steppe
  4 忘れられた洞窟/ Forgotten Cave
  2 大闘技場/ Grand Coliseum
  6 山/ Mountain
  7 平地/ Plains
  4 邪神の寺院/ Temple of the False God
 
 4 永遠のドラゴン/ Eternal Dragon
  3 賛美されし天使/ Exalted Angel
  2 トリスケリオン/ Triskelion
 
  4 神の怒り/ Wrath of God
  3 火花のしぶき/ Spark Spray
  4 新たな信仰/ Renewed Faith
  4 稲妻の裂け目/ Lightning Rift
  3 霊体の地滑り/ Astral Slide
  2 正義の命令/ Decree of Justice
  2 アクローマの復讐/ Akroma's Vengeance
  2 めった切り/ Slice and Dice
 
SideBoard


 3 因果応報/ Karma
  1 滅殺の命令/ Decree of Annihilation
  4 赤の防御円/ Circle of Protection: Red
  2 象牙の仮面/ Ivory Mask
  1 アクローマの復讐/ Akroma's Vengeance
  1 正義の命令/ Decree of Justice
  2 拭い去り/ Wipe Clean
  1 抹消/ Obliterate
 
 
カード名をクリックすると、カード画像が表示されます




構成が大きく変わったデッキ


【黒コントロール】

  オデッセイブロックが脱落してすっかりデッキのキーカードが無くなってしまった「黒コントロール」。《もぎとり/Mutilate》《陰謀団の貴重品室/Cabal Coffers》などの強力カードがごっそりと落ちてしまいました。しかし、ミラディンで加わった新しいカードを使って新環境対応版「黒コントロール」へと変貌を遂げました。
  《忘却石/Oblivion Stone》やクリーチャー除去で場をコントロールし、ライフが減ったら《魂の消耗/Consume Spirit》でライフ回復。あとは《力の確約/Promise of Power》などのエンドカードで一気に勝負を決めるという新しいパターンを手にしました。 ただし、《因果応報/Karma》でゲームが終わってしまうという弱点も・・・。


  メタデッキ:黒コントロール
(備考:サンプル)  
MainBoard


  23 沼/ Swamp
 3 邪神の寺院/ Temple of the False God
 
 2 ネクラタル/ Nekrataal
 2 よじれた嫌悪者/ Twisted Abomination
 
 2 苦痛の命令/ Decree of Pain
 4 ファイレクシアの闘技場/ Phyrexian Arena
 4 魂の消耗/ Consume Spirit
 4 恐怖/ Terror
 3 力の確約/ Promise of Power
 3 魔性の教示者/ Diabolic Tutor
 4 忘却石/ Oblivion Stone
 4 蔓延/ Infest
 2 超次元レンズ/ Extraplanar Lens
 
SideBoard

 
 3 迫害/ Persecute
 4 ボトルのノーム/ Bottle Gnomes
 4 精神ねじ切り/ Wrench Mind
 4 陰謀団の取調官/ Cabal Interrogator
 
 
カード名をクリックすると、カード画像が表示されます



【青白パーミッション】

  従来の《狡猾な願い/Cunning Wish》で柔軟に相手に対応しながら勝つ。という戦略がとれなくなってしまいました。また、ドローやカウンターでも《強制/Compulsion》《堂々巡り/Circular Logic》などを失い、かなりの弱体化を余儀なくされました。
  ただし、ミラディンより《知識の渇望/Thirst for Knowledge》のようなドローカードを得たことや、環境がアーティファクトなため《アクローマの復讐/Akroma's Vengeance》などが使いやすいなどの理由により、これからのトーナメントでは新しい「青白コントロール」が活躍するのではないでしょうか。


  メタデッキ:青白パーミッション
(備考:地方大会 4-8th)  
MainBoard


  4 教議会の聖域/ Synod Sanctum
  4 古えの居住地/ Ancient Den
  4 溢れかえる岸辺/ Flooded Strand
  4 沿岸の塔/ Coastal Tower
  7 島/ Island
  2 平地/ Plains
 
  3 賛美されし天使/ Exalted Angel
 
  2 集中/ Concentrate
  4 巻き直し/ Rewind
  3 新たな信仰/ Renewed Faith
  3 知識の渇望/ Thirst for Knowledge
  4 神の怒り/ Wrath of God
  2 もみ消し/ Stifle
  4 上天の呪文爆弾/ AEther Spellbomb
  2 忘却石/ Oblivion Stone
  4 正義の命令/ Decree of Justice
  4 マナ漏出/ Mana Leak
 
SideBoard


 1 因果応報/ Karma
  2 供犠台の光/ Altar's Light
  2 象牙の仮面/ Ivory Mask
  1 未来予知/ Future Sight
  1 もみ消し/ Stifle
  3 無効/ Annul
  4 ボトルのノーム/ Bottle Gnomes
  1 賛美されし天使/ Exalted Angel
 
 
カード名をクリックすると、カード画像が表示されます



【ステロイド】

  オデッセイブロックの脱落で多くの者を失ってしまいました。《野生の雑種犬/Wild Mongrel》《獣群の呼び声/Call of the Herd》《幻影のケンタウロス/Phantom Centaur》《激発/Violent Eruption》・・・。
  ミラディン加入後のスタンダードではその穴を埋めるカード探しから始めなくてはいけません。まず《トロールの苦行者/Troll Ascetic》が入ることになるでしょう。足りないパワーはミラディンの新能力である装備品で解消しましょうか。


  メタデッキ:ステロイド
(備考:サンプル)  
MainBoard


  8 森/ Forest
 7 山/ Mountain
 2 真鍮の都/ City of Brass
 2 シヴのオアシス/ Shivan Oasis
 4 樹木茂る山麓/ Wooded Foothills
 
 3 焦熱の火猫/ Blistering Firecat
 1 刃の翼ロリックス/ Rorix Bladewing
 4 極楽鳥/ Birds of Paradise
 4 エルフの戦士/ Elvish Warrior
 3 ナントゥーコ自警団/ Nantuko Vigilante
 4 貪欲なるベイロス/ Ravenous Baloth
 4 トロールの苦行者/ Troll Ascetic
 
 4 骨断ちの矛槍/ Bonesplitter
 2 ロクソドンの戦槌/ Loxodon Warhammer
 4 炭化/ Carbonize
 1 ボガーダンの鎚/ Hammer of Bogardan
 3 火山の鎚/ Volcanic Hammer
 
SideBoard

 
 4 粉砕/ Shatter
 4 帰化/ Naturalize
 4 硫黄の渦/ Sulfuric Vortex
 3 藻の蔓延/ Spreading Algae
 
 
カード名をクリックすると、カード画像が表示されます




新たに誕生したデッキ


【白ウイニー】

  ミラディンでは《レオニンの空狩人/Leonin Skyhunter》《レオニンの陽準器/Leonin Sun Standard》などの、白ウイニーを支援するカードが増えました。そして、装備品も優秀なものがそろっています。《黄鉄の呪文爆弾/Pyrite Spellbomb》で《銀騎士/Silver Knight》を除去られるのがいやなら《レオニンの円月刀/Leonin Scimitar》。除去されてもかまわない人と、いつも《栄光の頌歌/Glorious Anthem》を張れる人は《骨断ちの矛槍/Bonesplitter》を採用するのがだとうでしょうか。


  メタデッキ:白ウイニー
(備考:サンプル)  
MainBoard


  22 平地/ Plains
 
 4 サバンナ・ライオン/ Savannah Lions
 4 銀騎士/ Silver Knight
 4 白騎士/ White Knight
 3 賛美されし天使/ Exalted Angel
 4 鞭縄使い/ Whipcorder
 4 陽光尾の鷹/ Suntail Hawk
 4 レオニンの空狩人/ Leonin Skyhunter
 
 4 栄光の頌歌/Glorious Anthem
 3 レオニンの陽準器/ Leonin Sun Standard
 4 骨断ちの矛槍/ Bonesplitter
 
SideBoard

 
 3 赤の防御円/ Circle of Protection: Red
 3 波停機/ Stabilizer
 3 因果応報/ Karma
 4 第二の日の出/ Second Sunrise
 2 供犠台の光/ Altar’s Light
 
 
カード名をクリックすると、カード画像が表示されます



【ブルードスター】

  ミラディンの新能力である親和を軸にしたデッキ。フィニッシャーである《ブルードスター/Broodstar》をはじめ《マイアの処罰者/Myr Enforcer》《金属ガエル/Frogmite》などの親和クリーチャーが採用されています。デッキには多数のアーティファクトが採用されており、速攻で巨大な《ブルードスター/Broodstar》が召還されます。しかし、《忘却石/Oblivion Stone》などを出されると対処しようがないのも事実。《アクローマの復讐/Akroma's Vengeance》くらいなら打たれる前に相手を殴り倒すことが可能ですが、《忘却石/Oblivion Stone》はちょっと・・・。


  メタデッキ:ブルードスター
(備考:サンプル)  
MainBoard


  4 大焼炉/ Great Furnace
 4 古えの居住地/ Ancient Den
 4 教議会の座席/ Seat of the[Synod
 4 伝承の樹/ Tree of Tales
 4 空僻地/ Glimmervoid
 
 4 金属ガエル/ Frogmite
 4 マイアの処罰者/ Myr Enforcer
 4 羽ばたき飛行機械/ Ornithopter
 4 ブルードスター/ Broodstar
 
 4 上天の呪文爆弾/ AEther Spellbomb
 2 骨断ちの矛槍/ Bonesplitter
 4 彩色の宝球/ Chromatic Sphere
 3 稲妻のすね当て/ Lightning Greaves
 4 発展のタリスマン/ Talisman of Progress
 3 知識の渇望/ Thirst for Knowledge
 4 物読み/ Thoughtcast
 
SideBoard

 
 2 メガエイトグ/ Megatog
 3 ヴィリジアンのシャーマン/ Viridian Shaman
 4 紅蓮地獄/ Pyroclasm
 4 踏みにじり/ Override
 2 帰化/ Naturalize
 
 
カード名をクリックすると、カード画像が表示されます



【メガエイトグ】

  《メガエイトグ/Megatog》と《ペンタバス/Pentavus》との単純明快なコンボデッキ。シールドでは《メガエイトグ/Megatog》《ペンタバス/Pentavus》のソートを引き当てそれだけで勝利、ということもしばしば起こっています。
  ミラディンでは多くの優秀アーティファクトが収録されており、このデッキを組むことは難しくありません。単色で組むことも可能ですが、白の《第二の日の出/Second Sunrise》や青の《知識の渇望/Thirst for Knowledge》との相性も抜群です。





最後に・・・


  まあ、思いつくままにデッキをあげていきましたけど、果たして今月からの新環境ではどのデッキが幅を利かせているのでしょうかね?普通に考えれば「ゴブリン」のデッキが一番有力であるとは思うのですが、ブロックの入れ替わった新環境では何が起こるか分かりません。新環境ではどんなデッキが出てくるのかこれから楽しみですね。

同一カテゴリの記事一覧

  1. ビートダウンの逆襲1
  2. 州選手権結果
  3. コントロールデッキの世界2
  4. コントロールデッキの世界1