色別分析:アーティファクト

投稿日: このエントリーをはてなブックマークに追加


Special Thanks! 心輝浪Wheel of Fortune's

カード考察 (by 心輝浪)

●構築編

  久しぶりにアーティファクトが出てきました。オデッセイ以来なので1年ぶりの復活です。1年ぶりで出たアーティファクトがどのような影響を及ぼすのか、考えていきたいと思います。

  今の環境の中で、一番使用頻度がある物と言ったら、《激浪の複製機/Riptide Replicator》でしょう。使うデッキはもちろん"黒単コントロール"です。このデッキは《次元の門/Planar Portal》、《霊魂焼却/Soul Burn》などが抜けるのですが、トーメントはまだまだ健在です。《陰謀団の貴重品室/Cabal Coffers》からのマナ生産能力を考えると十分に戦力になるでしょう。そのほかではあまり見るべき物はありませんが、《系図の石版/Slate of Ancestry》は、まだ使われる可能性があるでしょう。これからの環境のスピードによって使用されるかどうかが変わっていきます。

  他のカードは使われることは少ないでしょう。

●リミテッド編

  この環境にアーティファクトを壊せるカードがどれだけ存在しているか、数えてみた人はいらっしゃるでしょうか? 緑版の《解呪/Disenchant》である、《帰化/Naturalize》が注目されてしまい、壊されやすくなった印象を持つアーティファクト群ですが、なんと、ターゲットを取って壊せる方法は2枚しかありません。ちなみにそのすべてが緑です。対象を取らずに壊す方法も《アクローマの復讐/Akroma's Vengeance》のみです。

  この世界には3種類しかアーティファクトを壊す方法がありません。

  それでは、アーティファクトは壊されにくいという事を前提に話を進めたいと思います。注目はドロー能力が尋常じゃない《系図の石版/Slate of Ancestry》です。"言わずもがな"なので、次に行きます。《部族のゴーレム/Tribal Golem》も限定戦では活躍してくれそうです。出来れば二つほど能力がほしいところですが、贅沢を言わなくても、活躍してくれるでしょう。ただ、ウィザードはこの世界に少ないので、付けることが出来たらラッキーくらいの気持ちで良いかもしれません。《部族のゴーレム/Tribal Golem》は、多少面白そうです。パックの引き、ドラフトで取った数を考えて、使っても良いかもしれません。筆者的には8くらい「変異」が入っていれば使う価値があると思っています。が、まだ、オンスロートでの限定戦をやってないので、これは間違っているかもしれません。




●ピックアップカード

Riptide Replicatr
X4
アーティファクト
激浪の複製機が場に出るに際し、色を1色と、クリーチャー・タイプを1つ選ぶ。激浪の複製機は、X個の蓄積カウンターを置いた状態で場に出る。
4, T:X/Xの、選ばれた色で選ばれたタイプのクリーチャー・トークンを1個場に出す。Xは、激浪の複製機の上の蓄積カウンターの総数に等しい。

・デッキが限られますが…いや、はっきり言いましょう。黒コン限定ですが、活躍します。オンスロートが出て直後は黒は使われると思われますので、このカードも使われると思います。問題は、環境が固まってからのこのカードの行方ですが…。

同一カテゴリの記事一覧

  1. オンスロート・ベスト5
  2. 色別分析:土地
  3. 色別分析:黒
  4. 色別分析:青
  5. 色別分析:緑
  6. 色別分析:赤
  7. 色別分析:白