色別分析:黒

投稿日: このエントリーをはてなブックマークに追加

カード考察 (by 麓)

●構築編

  オンスロートの黒はなかなか優秀なカードが多そうである。まずは、クリーチャーを見ると面白そうな変異クリーチャーが多い。

  マイナス能力があるものの4マナ6/6の《にやにや笑いの悪魔/Grinning Demon》、わずか2マナで出て手札破壊能力のある《首を狩る者/Headhunter》、除去能力を持つ《陰謀団の処刑人/Cabal Executioner》などがいる。

  変異で出せば何かわからないので、こちらに4マナあるなら相手はブロックするかどうか迷う事になるだろう。

  クリーチャー除去もかなり優秀である。雑種犬、サイカトグ、ワームトークンなどを一撃で倒せる《燻し/Smother》は間違いなくこれからのデッキに入ってくることだろう。そして、サイクリングにより手札を減らすことなく使うこともできる《死の脈動/Death Pulse》も期待できる。

  また、新しい1マナの手札破壊である《脅迫状/Blackmail》や一瞬にして相手の手札をボロボロにできる《頭脳いじり/Head Games》も少々重いが撃てれば強い。

  他の面白そうなカードといえば《宿命のネクロマンサー/Doomed Necromancer》や《総帥の召集/Patriarch's Bidding》である。これらのカードによリアニメイトデッキを作る事ができるかもしれない。

  さらに、クリーチャーをどんどん手札に戻せる《定員過剰の墓地/Oversold Cemetery》もサイクリングなどを上手く使えばすばらしい働きをしてくれるだろう。

●リミテッド編

  リミテッドの黒はコモンに《切り刻まれた軍勢/Severed Legion》や《卑劣なアヌーリッド/Wretched Anurid》、アンコモンに《陰謀団の執政官/Cabal Archon》など軽く優秀なクリーチャーが結構いる。

  さらに、フィニッシャーになりそうな《魂無き者/Soulless One》もいる。《蔓延/Infest》、《燻し/Smother》、《虫つぶし/Swat》と除去が多くそろっている事も強みになるだろう。

  回避能力として畏怖が大量導入されており《戦慄の葬送歌/Dirge of Dread》などは勝負を決めれるカードである。

  しかし、優秀な大型クリーチャーはレアリティーが高かいので緑の大型クリーチャーや白の防御力を追加すると良い。

●ピックアップカード

Rotlung Reanimator
(2)(黒)
クリーチャー  ゾンビ・クレリック
2/2
腐れ肺の再生術師か他のクレリックが場から墓地に置かれるたびに、2/2の黒のゾンビ・クリーチャー・トークンを1個場に出す。

・トークン製造クリーチャーですね。ブレイズとの相性がすごく良さそうです。

Grinning Demon
(2)(黒)(黒)
クリーチャー  デーモン
6/6
あなたのアップキープの開始時に、あなたは2点のライフを失う。
変異(2)(黒)(黒)

・4マナ6/6でワームトークンと同じ大きさです。さらにバウンスされてもなくならないとこが良いですね。ロスライフがちょっと痛いです。

Ebonblade Reaper
(2)(黒)
クリーチャー   クレリック
1/1
漆黒の刃の死神が攻撃に参加するたびに、あなたはあなたのライフの半分を失う。(端数切り上げ) 漆黒の刃の死神がプレイヤーに戦闘ダメージを与えるたびに、そのプレイヤーは自分のライフの半分を失う。(端数切り上げ)
変異(3)(黒)(黒)

・何ですかこれ?確かに変異したら驚きますが・・・・2発目行くのはきっと無理でしょうね。

同一カテゴリの記事一覧

  1. オンスロート・ベスト5
  2. 色別分析:アーティファクト
  3. 色別分析:土地
  4. 色別分析:青
  5. 色別分析:緑
  6. 色別分析:赤
  7. 色別分析:白