色別分析:青

投稿日: このエントリーをはてなブックマークに追加

カード考察 (by 美岳)

●構築編

  前環境では青緑、サイカにと大活躍だった青。オンスロート加入後も、この2つのデッキはまだ勢力を維持するかと思われます。さて、そんな青にとってオンスロートではどんなものが得られたでしょうか。

   まず注目のクリーチャーは、何と言っても《非凡なる虚空魔道士/Voidmage Prodigy》。2マナ2/1と青にしては珍しいサイズで、マナさえあれば相手にとって十分な牽制になるでしょう。フィンケルとともに、ウィザードデッキの核になりそうなクリーチャーです。…問題は彼ら以外に使えそうなウィザードがあまりいないことなんですが。あと、帰ってきた《クローン/Clone》もいろいろな使い方が考えられるため、デッキ次第では思わぬ働きをしてくれるかもしれません。

   青の代名詞、カウンターも新たに3種類程加わってます。しかし、実用レベルだと思われるのは《紛糾/Complicate》くらいでしょうか。《まごつき/Discombobulate》は今の環境では少し重すぎ、《イクシドールの意思/Ixidor's Will》は使える場面が限定されますし。

   それにしてもワームトークン全盛の現在、《排撃/Repulse》《急流/Rushing River》に代わるバウンスが欲しいところなんですが…《蒸気の連鎖/Chain of Vapor》? 使えるんでしょーかコレ。いや、使えないこともないでしょーけど、《送還/Unsummon》《ブーメラン/Boomerang》あたりの強さと変わらない気もします。微妙。

   ドローサポート…というよりは並びかえスペルの多い今回ですが、そんな中《ルーンの解読/Read the Runes》は、青絡みのデッキになら入れておいて損はなさそうな、良いカードです。サイカなら《再処理》を使わずとも決め手になりますし、オデッセイブロックのシステムとも噛み合ってます。序盤では完全な死にカードなのが玉に傷ですが。

  もうひとつ面白いのが《諜報網/Spy Network》。青1マナであらゆる情報を得られます。そのためにカード1枚使うのもアレなんですが。《予報/Predict》とでも組み合わせますか? 

   全体としては、そこそこ使えそうなカードがいくつか加わったという印象ですオンスロート。新たなデッキの可能性として、ウィザード以外挙げられないのが少し寂しいですが。

●リミテッド編

  今までにないくらい、リミテッドでは最弱と噂されている青。…まー、無理もないのですが。コモンのカードプールを見渡す限り、使えそうなフライヤーは《上昇するエイヴン/Ascending Aven》と《霧衣の夢幻/Mistform Dreamer》。とはいえ、今回は他の色にもかなりフライヤーが多く、その上「畏怖」のせいで、黒のほうが回避能力高い気すらします。あとは地を這う貧弱なウィザードばかり。バウンスはといえば、例の《蒸気の連鎖/Chain of Vapor》。むー。オデッセイの頃が懐かしいですさ。

  しかしながら、アンコ、レアまで考えるなら一体で場を支配できる生物は結構います。《霧衣の天空裂き/Mistform Skyreaver》や《水銀のドラゴン/Quicksilver Dragon》、《運命をかたどるエイヴン/Aven Fateshaper》あたりが取れるのなら、十分青をドラフトする理由になるでしょう。どんな色であれカードプールを独占できるのなら十分強いデッキが組めるはずですし。

  スペルに関しては、《背教/Backslide》が変異に対してかなりの奇襲効果を発揮しそうです。《分散する宝珠/Dispersing Orb》や《本質の裂け目/Essence Fracture》も、コモンでは物足りないバウンス能力を補ってくれるでしょう。

  ただ、困ったことに使えそうなカードはたいていコストに(青)(青)を含むため、スプラッシュすることが割と困難なのです。…でもメインカラーで使うにはコモンの薄さが頭痛の種。ドラフトではうまく立ち回れば何とかなるかもですが、シールドではかなり厳しいかもしれません。

●ピックアップカード

Voidmage Prodigy
(青)(青)
クリーチャー  ウィザード
2/1
(青)(青),ウィザードを1体生贄に捧げる:対象の呪文を打ち消す。
変異(青)

・一体でも場にいればそうそうキーカードはプレイできません。変異して突然カウンターするもよし。ビートダウンも出来るため、効果的にプレッシャーをかけられるニクい奴。

Complicate
(2)(青)
インスタント
対象の呪文を、そのコントローラーが(3)を支払わない限り打ち消す。
サイクリング(2)(青)
あなたが紛叫をサイクリングしたとき、あなたは「対象の呪文を、そのコントローラーが(1)を支払わないかぎり、それを打ち消す。」ことを選んでもよい。

・1マナ重い《マナ漏出/Mana Leak》。ときどき《Force Void》、あるいはただのサイクリング。…3マナなら十分なスペックと言えるでしょう。《堂々巡り/Circular Logic》とどちらを使うかはデッキによりますが。青マナが薄いのも好感触。普通に使い勝手はよさそうです。

Artificial Evolution
(青)
インスタント
対象の呪文かパーマネントの文章に出てくる1つのクリーチャー・タイプを全て、他のものに置換する。新たなクリーチャー・タイプは、レジェンドや壁であってはならない。(この効果は、ターン終了時に終わらない)

・誰もが試すであろう(?)、種族デッキに対するひとつの回答がコレ。特に青の苦手な、土地シリーズを何とかできるのは大きいです。ゾンビやクレリック系が実戦レベルになり得るなら、サイドに忍ばせるのも面白いかもしれません。

同一カテゴリの記事一覧

  1. オンスロート・ベスト5
  2. 色別分析:アーティファクト
  3. 色別分析:土地
  4. 色別分析:黒
  5. 色別分析:緑
  6. 色別分析:赤
  7. 色別分析:白