色別分析:緑

投稿日: このエントリーをはてなブックマークに追加

カード考察 (by ティタニイ)

●構築編

  緑は基本的にクリーチャーが充実した色なので、まずはクリーチャーから見ていきます。最初に目に付いたのが《クローサの拳カマール/Kamahl, Fist of Krosa》《貪欲なるベイロス/Ravenous Baloth》《ヒストロドン/Hystrodon》です。《クローサの拳カマール/Kamahl, Fist of Krosa》は、6マナと重いが《踏み荒らし/Overrun》の能力を持つクリーチャー、もちろん一度出してしまえばかなり有利になるし、《チェイナーの布告/Chainer's Edict》を回避する手段をもっている。そして今回一番注目している(好きな?)クリーチャーが、《貪欲なるベイロス/Ravenous Baloth》《ヒストロドン/Hystrodon》。4マナ4/4なのにビーストを生け贄にささげて4点を回復する能力付き(本人もビースト)と、トランプルを持っていて《影魔道士の浸透者/Shadowmage Infiltrator》能力を持ったクリーチャーたち。オンスロートが入ってくることでインベンションブロックが落ち、《火炎舌のカヴー/Flametongue Kavu》がいなくなる。これによってタフネス4以上のクリーチャーは優秀なクリーチャーとして見ることができる。《貪欲なるベイロス/Ravenous Baloth》は、パワーも4あって攻撃の面でも十分に強い。指定マナに緑が2つが欠点といえば欠点・・・にならないな。

  次に、今回は種族に重点が置かれているエキスパンションなので、それについてみていきます。緑はエルフ。第一印象は、みんなすぐ死ぬ・・・。まあ、屈強なエルフもちょっといやだけど。で、注目のエルフは《エルフの先兵/Elvish Vanguard》《嘲るエルフ/Taunting Elf》《森林の声/Voice of the Woods》《幸運を祈る者/Wellwisher》の4体。《エルフの先兵/Elvish Vanguard》は、エルフが場に出るたびに強くなっていくエンドカードになれるクリーチャー。《嘲るエルフ/Taunting Elf》はUDからの再録。当時はまったっく日の目を浴びなかったが、クリーチャー戦が主の今なら十分に使えるカードだと思う。《森林の声/Voice of the Woods》は、7/7トークンを出す、ふざけたカード。エルフ5体なら何とかなるはず・・・。《幸運を祈る者/Wellwisher》は強いけどちょっと、うざったい。対戦相手に嫌われること間違いなし(笑)。

  最後にクリーチャー以外についてみてみることにします。注目は、《強酸の連鎖/Chain of Acid》、《帰化/Naturalize》、《カマールの召喚術/Kamahl's Summons》。《強酸の連鎖/Chain of Acid》は、強さうんぬんより面白いカード。壊すのは土地だろうけど。《カマールの召喚術/Kamahl's Summons》は3体くらい2/2トークンが出れば十分強いと思うんだけど・・・。引きの強い人にお勧め。そして、《帰化/Naturalize》。いいのか?緑に《解呪/Disenchant》作って。白に死ねと?(笑)

●リミテッド編

  注目は、《ケンタウルスの地/Centaur Glade》。3/3トークンがインスタントタイミングで出せる。これだけど対戦相手を押し切りかねないパワーカード。しかも、レアじゃなくてアンコモンです。《千足虫/Gigapede》も強力なカード。出すのに5マナかかるけど死んでも手札に戻せるし。

  また、飛行をブロックできる《絹鎖の蜘蛛/Silklash Spider》《毒吐きゴルナ/Spitting Gourna》や、飛行を除去できる《毒噴きブラッカス/Venomspout Brackus》なんかもおさえておきたいカード。《悪辣な精霊シルヴォス/Silvos, Rogue Elemental》はマナ拘束がきついが、パワーが8もあるうえ、再生もできるエンドカードと呼ぶにふさわしい強さを持つクリーチャー。そして《貪欲なるベイロス/Ravenous Baloth》《クローサの拳カマール/Kamahl, Fist of Krosa》《帰化/Naturalize》なども強力なカードといえる・・・。《クローサの拳カマール/Kamahl, Fist of Krosa》は・・・。解説する必要も無いくらいに強いですね。

●ピックアップカード

Kamahl, Fist of Krosa
(4)(緑)(緑)
クリーチャー ― ドルイド・レジェンド
4/3
(緑):対象の土地は、ターン終了時まで1/1のクリーチャーになる。それは依然として土地である。
(2)(緑)(緑)(緑):あなたがコントロールするクリーチャーは、ターン終了時まで+3/+3の修正を受けるとともにトランプルを得る。

・《踏み荒らし/Overrun》の能力を持ったクリーチャー。これからのリミテッドではこのカード1枚のパワーで負けてしまうという光景を良く見ることになるでしょう。

Naturalize
(1)(緑)
インスタント
対象のアーティファクトかエンチャントを破壊する。

・緑色の《解呪/Disenchant》。これ以上言うことはありませんね・・・。

Ravenous Baloth
(2)(緑)(緑)
クリーチャー ビースト
4/4
ビーストを1体生贄に捧げる:あなたは4点のライフを得る。

・マナコスト、サイズ、能力とどれをとっても十分です。ビートダウンデッキが中心になると思われる時期スタンダードでは、ライフ回復が効くことでしょう。

Silvos, Rogue Elemental
(3)(緑)(緑)(緑)
クリーチャー ―エレメンタル・レジェンド
トランプル
8/5
(緑):はぐれ精霊シルヴォスを再生する。

・でかいです。トランプルです。再生します・・・。こんなに大きいのをどうしろと(笑)。

同一カテゴリの記事一覧

  1. オンスロート・ベスト5
  2. 色別分析:アーティファクト
  3. 色別分析:土地
  4. 色別分析:黒
  5. 色別分析:青
  6. 色別分析:赤
  7. 色別分析:白