色別分析:赤

投稿日: このエントリーをはてなブックマークに追加

カード考察 (by 心輝浪)

●構築編

  注目カードは《ボール・ライトニング/Ball Lightning》の再来《焦熱の火猫/Blistering Firecat》でしょう。前環境までではソーサリーによる除去が主流だったので、サクっとダメージが入ることが期待できます。バーンデッキだけではなく、赤のスライデッキでも使われてもいいカードでしょう。また、《ゴブリンの群衆追い/Goblin Piledriver>>《ゴブリンの紅蓮術士/Goblin Pyromancer》《火吹き使い/Spitfire Handler》など優良カードを抱えたゴブリンデッキも期待が持てます。構築で赤単色が復活の兆しを見せているといえるでしょう。

  《戦争の言葉/Words of War》>《稲妻の裂け目/Lightning Rift》の2枚の存在は新しいバーンデッキの可能性が生まれます。この手のデッキは(OBCでの例があるように)赤青で組まれることが多いですが、この2枚のおかげでサイクリングが出来る色(つまりすべての色)でドローバーンデッキが組めることになります。これらをキーにしたデッキはすぐに考えられるのではないでしょうか。

  今回の赤にはコンボデッキのキーとなるカードも存在します。《追い討ち/Aggravated Assault》がそれです。これと「クリーチャーのみで(4)(赤)(赤)を生み出す方法」があれば無限マナ発生です。筆者は《クローサの拳カマール/Kamahl, Fist of Krosa》との相性に注目していますが、ファンデッキとなるか、トーナメントデッキとなるかは、これからの動向に注目したいと思います。

  赤のお家芸「火力」呪文については《プラズマの連鎖/Chain of Plasma》に注目です。デメリットは赤のクリーチャーは総じてタフネスが低いため、相手に使われたときにほとんど必ずこちらのクリーチャーが除去される展開になると思われますが、これを使う前に一度でもマッドネス火力を自分が使っている場合、相手はかなりの確立で躊躇するはずです。本音を言うと、相手にチェーンしてもらった方がうれしいんですけどね。

●リミテッド編

  ODブロックでは人気ランキングワースト1の不名誉を承った赤ですが、今回はその汚名を返上できるでしょうか。

  リストを見てみると、除去もまぁまぁ、クリーチャーもまぁまぁ、のはっきり言って可も無く不可も無くでしょう。そんな赤はクリーチャーの回避手段がまったくありません。そのため「〜がプレイヤーに戦闘ダメージを与えるたびに、あなたはそれが、対象の、そのプレイヤーがコントロールしているクリーチャー1体に、X点のダメージを与えることにしてもよい」が生きません。火力除去がしっかりとあるのであれば問題は少ないですが、青の「飛行」や、黒の「畏怖」などを考えてデッキ構築/ドラフトを考えても良いと思います。

  また、新しい赤い特性として《放蕩魔術師/Prodigal Sorcerer》の「T:1点」能力が多く与えられています。この1点与える事がどれだけ強いかはいまさら述べることは無いと思うので、赤をタッチにする場合、火力にするか、それともこっちにするかを考えていきたいです。場を膠着させるデッキなら「T:1点」を、クリーチャーで突破を図るなら「火力」呪文を選ぶのがセオリーでしょう。

●ピックアップカード

Blistering Firecat
(1)(赤)(赤)(赤)
クリーチャー 猫
7/1
トランプル、速攻
ターン終了時に、Blistering Firecatを生け贄に捧げる。
変異 (赤)(赤)

・赤を語る上でこれを避けて通ることは出来ないでしょう。元から強力カードとして君臨できる力を持ってますが、これからの「変異」の使い方がどうなるかで、さらに化ける可能性があります。ただし、環境が許せば、の話ですが…。

Menacing Ogre
(3)(赤)(赤)
クリーチャー オーガ
3/3
トランプル、速攻
Menacing Ogreが場に出たとき、すべてのプレイヤーは、他のプレイヤーに知られないように数を1つ選ぶ。その後で、選んだ数を公開する。最も高い数を選んだプレイヤーは、その数と等しいライフを失う。あなたがこの方法でライフを失った場合、Menacing Ogreの上に +1/+1 カウンター2個を置く。

・痒いところに手が届いているクリーチャー。赤にほしかったのはこれなんです。もっとも、上のカードとかぶっていることは否定しませんが…。

Threaten
(2)(赤)
ソーサリー
対象のクリーチャー1体をアンタップし、ターン終了時までそのコントロールを得る。そのクリーチャーは、ターン終了時まで速攻を得る。

・対ワームの一番手。…可能性として揚げさせてください。

Spitfire Handler
(1)(赤)
クリーチャー  ゴブリン
1/1
Spitfire Handlerは、そのパワーよりも大きいパワーを持つクリーチャーのブロックに参加できない。
(赤):Spitfire Handlerは、ターン終了時まで +1/+0 の修正を受ける。

・コモンから。エセ《ナントゥーコの影/Nantuko Shade》になれるか?

同一カテゴリの記事一覧

  1. オンスロート・ベスト5
  2. 色別分析:アーティファクト
  3. 色別分析:土地
  4. 色別分析:黒
  5. 色別分析:青
  6. 色別分析:緑
  7. 色別分析:白