U/B/R Psychatog(サイカトグタッチ赤)

サンプルデッキ

  メタデッキ
  "サイカトグ(タッチ赤)"
MainBoard


 9 島/ Island
 4 アーボーグの火山/ Urborg Volcano
 1 セファリッドの円形闘技場/ Cephalid Coliseum
 2 ダークウォーターの地下墓地/ Darkwater Catacombs
 2 塩の湿地/ Salt Marsh
 1 シャドーブラッドの尾根/ Shadowbloidge
 4 シヴの浅瀬/ Shivan Reef
 2 硫黄泉/ Sulfurous Springs

 4 夜景学院の使い魔/ Nightscape Familiar
 4 火炎舌のカヴー/ Flametongue Kavu
 3 サイカトグ/ Psychatog

 3 堂々巡り/ Circular Logic
 2 対抗呪文/ Counterspell
 2 綿密な分析/ Deep Analysis
 4 嘘か真か/ Fact or Fiction
 2 記憶の欠落/ Memory Lapse
 4 排撃/ Repulse
 3 燃え立つ願い/ Burning Wish
 4 火+氷/ Fire/Ice
 
 
SideBoard


 チェイナーの布告/ Chainer's Edict
 紅蓮地獄/ Pyroclasm
 激動/ Upheaval
 
 など・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カード名をクリックすると、カード画像が表示されます

  従来の純粋な青黒サイカトグデッキは、《激動》+《サイカトグ》コンボを決めれば、「勝ち」というデッキでした。しかし、そのコンボを決めるまでに、相手に高速でクリーチャーを展開されると、そのまま殴り倒されてしまうという欠点を持っていました。純粋な青黒のサイカトグデッキはカウンターに重点を置いているため、クリーチャー除去手段が少ない構成となっています。そのため、このような結果になるのです。しかも、最近の青緑系のデッキは《不可思議》によってクリーチャーが飛行を得るため《夜景学院の使い魔》でブロックすることも難しく、これまで以上にクリーチャー対策が重要となってきました。

  このような状況で、赤を入れてクリーチャー除去を強化した、このデッキが登場したのです。実際タッチ赤のサイカトグは旧スタンダードでも見られました。では、どこが違うのか?ジャッジメント加入によって《燃え立つ願い》という強力なカードを手に入れました。このカードのおかげで、サイドに忍ばしておいた《チェイナーの布告》や《紅蓮地獄》を手軽に持ってくることができる柔軟性のあるデッキとして完成したのです。

デッキのキーカード

【激動/Upheaval】

  このカードの強さは、なんと言っても、相手の場がどんなに優勢であっても、このスペル1枚で何にもなかったことにできることです。このスペルを唱えたら、後は余ったマナで《サイカトグ》《夜景学院の使い魔》などいろいろ場に出せば、あっという間に形勢逆転です。

【サイカトグ/Psychatog】

  このカードは《激動》との組み合わせでも強いですが、単体でも十分に強いです。このデッキは青いデッキなので、自然に墓地にカードが貯まります。墓地に十分カードがたまった後半には、一撃で相手を殴り倒すほどに成長させることが可能です。また、序盤であっても《嘘か真か》を撃てば、相手を一撃で殴り倒せるくらい急成長することも可能です。

【火炎舌のカヴー/ Flametongue Kavu】

  場に出たときに4点のダメージを与えることができます。この除去能力は半端ではありません。一部、《ワームの咆哮》《幻影のケンタウロス》など、殺せないクリーチャーもいますが、これらのクリーチャーは、カウンターすれば問題ありません。元々、自身が4/2と非常にパワフルなので、《サイカトグ》を出さなくても、そのまま殴り勝ってしまうことが可能です。

【燃え立つ願い/ Burning Wish】

  そのコスト、能力から見ても優秀なカードです。カウンター系のデッキと対戦した場合は、《強迫》を、クリーチャーデッキと対戦した場合は、《紅蓮地獄》《チェイナーの布告》などと、相手の状況に応じて最高のカードをサーチしてくることが可能です。

なぜU/B/R Psychatog(サイカトグタッチ赤) は強いのか

  このデッキの基本コンセプトは、青黒のサイカトグと変わりません。9マナそろえて《激動》でリセット。余った3マナで《サイカトグ》を召喚。次のターンに手札と墓地のカードを食べて巨大化した《サイカトグ》の一撃で殴り勝つというデッキです。では、青黒サイカトグと何処が違うのか?それは、《激動》+《サイカトグ》のコンボを完成させるまでのプロセスの違いです。青黒サイカトグは、カウンターや、バウンスで耐えて耐えて、コンボまで持っていくのですが、タッチ赤の場合は、相手のクリーチャーを除去しながらコンボまで耐えるのです。

  最近は、クリーチャーデッキが主流のためクリーチャー除去は非常に重要です。とくにカウンターデッキ系に対して致命的な《マーフォークの物あさり》《日を浴びるルートワラ》《野生の雑種犬》などのクリーチャーも簡単に除去できます。《火/氷》は効率よく《日を浴びるルートワラ》《マーフォークの物あさり》のような、タフネス1のクリーチャーを除去し、《終止》は《野生の雑種犬》のような除去しにくいクリーチャーも一撃で葬り去ることができます。これは、純粋な青黒のサイカトグデッキにはできなかった芸当です。しかも、クリーチャー除去が豊富なため、《激動》を撃たなくても、相手のブロッククリーチャーを一掃して《サイカトグ》で殴り勝つという荒業まで行うことができます。

  このように、いままでの青黒サイカトグデッキが速攻クリーチャーデッキに弱かったのに対して、サイカトグタッチ赤は、クリーチャーに対して非常に強い作りとなっています。そのため、現在のメタゲームとマッチして、このデッキは非常に優秀な成績を収めているのです。

U/B/R Psychatog(サイカトグタッチ赤) に対抗するには

  では、どのように対処すればいいのでしょうか。

  サイカトグタッチ赤は、上でも述べた通りクリチャー除去に重点をおいて構成されています。そのため、純粋な青黒のサイカトグデッキより若干カウンター呪文が少なくない構成になっています。純粋な青黒サイカトグなどに当たると、カウンター合戦に負けて、自分の《激動》はカウンターされ、逆に相手の《激動》は、簡単に通されてしまうことがよくあります。カウンターの絶対量が少ないうえに、安定して青マナを供給することができないために、このような現象が起きるのです。つまり、ヘビーカウンターデッキを使用して相手に《激動》+《サイカトグ》のコンボを成立させなければよいのです。

  さらに、ノンクリーチャーデッキにも相性が悪くなっています。あれほどクリーチャーデッキに対して効いた除去呪文が、こんどは手札に腐ってしまうのです。そのような理由で、黒単ドレインや、トレンチに代表されるノンクリーチャーデッキには苦戦を強いられることになるでしょう。ノンクリーチャーデッキを選択するというのも選択肢のひとつです。

  緑系のビートダウンデッキなら《森を護る者》を入れるとよいでしょう。自分の土地1枚と引き換えに単体除去を無効化できます。このカードが1枚場にでるだけで、相手のクリーチャー除去を簡単にかわすことが可能となるのです。しかもコストが非常に安いので、相手の隙をついて簡単に通すことができるでしょう。バウンスなどにも良く効くので、余裕があれば入れておいて損は無いカードです。

同一カテゴリの記事一覧

  1. Burn Steroid(バーンステロ)
  2. Steroid(ステロイド)
  3. U/G Flashback(青緑フラッシュバック)
  4. U/G Madness (青緑マッドネス)
  5. Psychatog(サイカトグ)