インカーネーション 〜その1〜

投稿日: このエントリーをはてなブックマークに追加

インカーネーション 〜その1〜

  今回は、ジャッジメントで新しく加わたクリーチャー能力である、インーカネーションについて考察していこうと思います。

  インカーネーションの最大特徴は、そのクリーチャーが墓地にあるときにしかその能力を使えないという点でしょう。どのインカーネーションの能力も魅力的です。しかも、インカーネーション・クリーチャー自身は、墓地にいるためにクリーチャー除去も受けず、また、能力を起動しているだけなので、カウンターされることもありません。今後のスタンダードに影響を少なからず及ぼしてくることは容易に考えられます。ただし、いいことづくめのように聞こえますが、能力はこいつが墓地にいなければ発揮できません・・・。つまり、何らかの手段で墓地に落とさなければただのコストパフォーマンスの悪いクリーチャーになってしまうのです。つまり、効率よく墓地に落とせるかどうかで、結果が変わってくるのです。

  墓地に効率よく落とすためにはどうすればよいか?心配することはありません。墓地に落とす手段は、今のスタンダードには腐るほど有ります。クリーチャーでは、<<野生の雑種犬>><<マーフォークの物あさり>><<藪跳ねアヌーリッド>><<パッチワーク・ノーム>>、呪文では<<嘘か真か>><<焚書>><<打開>>etc・・・。これらのカードを利用すれば問題なく、インカーネーションを墓地に送り込むことができます。

  それでは、これからトーナメントでよく見かけることになるであろうインカネーションを個別に解説していこうと思います。

【栄光/Glory】

  3WW
  クリーチャー ― インカーネーション
  3/3
  飛行

  2W:あなたがコントロールするクリーチャーは、ターン終了時まであなたが選んだ1色の色に対するプロテクションを得る。
  この能力は、栄光があなたの墓地にあるときにのみプレイできる。

  

  プロテクション付け放題。青のバウンスも、黒の除去も、赤の火力も効きません。相手の攻撃クリーチャーは、ことごとくブロックされます。ことらの攻撃クリーチャーは、ブロックされることはありません。あれほどトーナメントを騒がせた<<サイカトグ>>でさえ、プロテクション青の付いた<<極楽鳥>>を突破することができず、鬼のようにクリーチャーを焼き殺してきた<<火炎舌のカヴー>>は、相手のクリーチャーを除去することができなくなります。このプロテクション能力は、クリーチャー戦において最強の能力です。

  できるだけ、「白(2)マナ」を残すようなプレイングを常に心がけて、相手をけん制することもお忘れなく。これだけで、相手の行動を抑止することができます。また、相手の行動に「レスポンス」して<<野生の雑種犬>>の能力で捨てたりすれば、奇襲性が増します。いきなりこのカードを使われたら、相手は驚くことでしょう。

  それでは、<<栄光>>を入れたサンプルデッキを元に解説を行っていきたいと思います。

  デッキサンプル
MainBoard

5 森/ Forest
 5 島/ Island
 2 アダーカー荒原/ Adarkar Wastes
 2 低木林地/ Brushland
 2 サングラスの大草原/ Sungrass Prairie
 4 ヤヴィマヤの沿岸/ Yavimaya Coast
 
 3 栄光/ Glory
 4 マーフォークの物あさり/ Merfolk Looter
 3 藪跳ねアヌーリッド/ Anurid Swarmsnapper
 4 尊大なワーム/ Arrogant Wurm
 3 日を浴びるルートワラ/ Basking Rootwalla
 4 野生の雑種犬/ Wild Mongrel
 
 4 堂々巡り/ Circular Logic
 3 綿密な分析/ Deep Analysis
 3 嘘か真か/ Fact or Fiction
 3 物静かな思索/ Quiet Speculation
 3 排撃/ Repulse
 3 ワームの咆哮/ Roar of the Wurm
 
SideBoard


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


  青緑白マッドネスデッキに<<栄光>>を加えた構成となっています。マナバランスが、ぜんぜんなっていないというのは、ご愛嬌。また、<<秘教の処罰者>>が入っていないのは、フラッシュバックスペルを多用するために高速でスレッショルドを達成できないためです。たしかに<<秘教の処罰者>>は強いんですがね。この構成だとなかなかスレッショルドが達成できないんですよね。基本的な動きは、見たままなのですが・・・(笑)。<<マーフォークの物あさり>><<野生の雑種犬>><<藪跳ねアヌーリッド>>で、マッドネスクリーチャーを召喚したり、キーカードである<<栄光>>を墓地に落としたりします。また、<<物静かな思索>>+<<ワームの咆哮>><<綿密な分析>>のようなプチコンボも組み込まれているので活用してください。もし、あなたの周りでカウンターデッキが少なかったら<<綿密な分析>>を減らすなど、柔軟に対応してください。

  <<栄光>>さえ墓地に落ちていれば、6/6ワームトークンは、バウンススペルで戻される心配もしなくても良いし、相手ブロッカーにブロックされることも無く攻撃を通します。ミラーマッチにおいて、今までは決定的なカードが無かったのでよく、こう着状態になっていましたが、今度からはそんなことは有りません。<<栄光>>を墓地に落としてクリーチャーを展開したほうが勝ちです。相手のブロッククリーチャーをかわして攻撃を通すだけだったら何も白を足さずに<<不可思議>>を入れればいいじゃない?と考える人もいるかもしれません。しかし、<<栄光>>のおかげで、クリーチャーとしては、貧弱な<<マーフォークの物あさり>>はプロテクションのおかげで立派なブロッカーに大変身です。除去することができない<<マーフォークの物あさり>>・・・。どれだけのカードアドバンテージを稼ぎ出すのでしょうか?敵にまわした時のことを考えると恐ろしいです。

  そして、ドロー手段も豊富です。いまや、おなじみの<<嘘か真か>>に加え、<<綿密な分析>><<物静かな思索>>まで入っています。え?<<物静かな思索>>は、ドロースペルじゃない!?いや、いや、テキストをよ〜く読んでみてください。2マナでフラッシュバックスペル3枚ドローと書いていますよ(笑)。しかも、このデッキに入っているフラッシュバックスペルは<<綿密な分析>><<ワームの咆哮>>と優秀なものばかりなので目も当てられません。

  うまく回れば、速攻で試合が終わります。「<<藪跳ねアヌーリッド>>召喚。」「<<ワームの咆哮>>と<<栄光>>ディスカード。フラッシュバックでワーム召喚。」「<<栄光>>でプロテクション。」「アタック×2。」で、終了・・・。ブロッカーなんてお構いなしで6/6が、本体めがけて殴ってきます。プロテクションって強いですね。


  これで、インカーネーション 〜その1〜は、終わりです。次回は、<<起源>>を予定しています。

同一カテゴリの記事一覧

  1. スタンダード・デッキ早見表
  2. 青緑ってどんな感じ?
  3. GP台北の結果を受けて2
  4. GP台北の結果を受けて
  5. JUが入るとどんな感じ?
  6. JU加入直後のスタンダード
  7. 新スタンダードにおける「願い」
  8. 新スタンダードにおけるインカーネーション
  9. インカーネーション 〜その2〜