Psychatog(サイカトグ)

サンプルデッキ

  デッキサンプル
  "Psychatog"
MainBoard

9 島/ Island
 4 沼/ Swamp
 2 古き泉/ Ancient Spring
 2 セファリッドの円形闘技場/ Cephalid Colosseum
 3 ダークウォーターの地下墓地/ Darkwater Catacombs
 3 塩の湿地/ Salt Marsh
 2 地底の大河/ Underground River
 
 4 夜景学院の使い魔/ Nightscape Familiar
 4 サイカトグ/ Psychatog
 
 3 堂々巡り/ Circular Logic
 4 対抗呪文/ Counterspell
 2 綿密な分析/ Deep Analysis
 4 嘘か真か/ Fact or Fiction
 4 魔力の乱れ/ Force Spike
 2 記憶の欠落/ Memory Lapse
 2 調査/ Probe
 4 排撃/ Repulse
 2 激動/ Upheaval
SideBoard


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


  ちょっと前までは、ステロイドに対抗するため8バウンスと<<行き詰まり>>を採用したZevatogが主流でしたが、ステロイドがメタゲームの主流で無くなった現在、同系のサイカトグデッキや、トレンチコントロールなどのカウンターデッキに対抗するためのチューンを行ったデッキが主流になってきています。

  このデッキの特徴は<<綿密な分析>><<調査>>です。<<綿密な分析>>と<<調査>>は圧倒的なハンドアドバンテージを得ることができます。特に<<綿密な分析>>は<<調査>><<嘘か真か>>と相性がよく、<<嘘か真か>>でこのカードが出たら対戦相手は5枚のカードを分けるのに頭を抱えることでしょう

デッキのキーカード

【激動/Upheaval】

  このデッキのキーカード。青のちゃぶ台返しスペルです。青には珍しくすべてのパーマネントをオーナーの手札に戻します。ソーサリーだったり、コストが重かったりと少々つかいにくいと感じる所もありますが、まあそこは我慢して使いましょう。
  このカードの強みはなんと言っても相手の場がどんなに優勢であってもこのスペル1枚で何にもなかったことにできます。このスペルを唱えたら後は余ったマナでいろいろ場に出せば問題なしです。

【サイカトグ/Psychatog】

  このデッキのキーカードその2。<<激動>>との組み合わせでも強いですが、単体でも十分に強いです。このデッキは青いデッキなのかってに墓地にカードが貯まります。このように後半には一撃で相手を殴り倒すほどに成長します。
  火力でこのクリーチャーを除去するのはほぼ不可能でしょう。このクリーチャーが1体場に立っているだけで相手のクリーチャーはアタックしてこれなくなります。

なぜPsychatog(サイカトグ) は強いのか

  このデッキの強みは9マナさえ出ていれば場の状況がどんなに自分に不利な条件でも、たとえ相手の場に大量にクリーチャーが並んでいようとも<<激動>>1枚で全てをリセットすることが可能であり余った3マナで場に出てくる<<サイカトグ>>によってあっという間に形勢逆転できるというところにあります。次のターンにもし相手にブロッカーが居なければ手札と墓地のカードを食べて巨大化した<<サイカトグ>>の一撃で勝つことが出来ます。

  このコンボを決められた方なら分かると思いますが、自分の場にはなにも無いのに相手の場には<<サイカトグ>>、しかも墓地にはたくさんのカードが・・・なんて状況は、はっきり言って悪夢です。次のターンにブロッカーを召還出来なかった場合はそのまま一撃で終わってしまいますし、たとえブロッカーを召還してブロックしたとしてもまた次のターンに殴ってきます。相手に青マナが残っていたら<<堂々巡り>>でカウンターされて何もさせてもらえないかもしれません。

  相手に9マナそろわせる前に殴り勝てばいいと思う方もいると思いますが、このデッキには大量のカウンター呪文、そして再生ブロッカーである<<夜景学院の使い魔>>が投入されており9マナそろうまで耐えるなど簡単なことです。しかも<<夜景学院の使い魔>>が居る場合8マナで十分です。<<夜景学院の使い魔>>が場にいるだで、サイカトグデッキの動きは激変します。1マナの<<記憶の欠落>>、3マナの<<嘘か真か>>、そんな動きをされては付いていけません・・・。そしてバウンス呪文は巷で流行っている<<群獣の呼び声/Call of the Herd>><<ワームの咆哮/ Roar of the Wurm >>などのトークンによく効きます。

  カウンターデッキ対策となるのが、<<綿密な分析>>です。<<嘘か真か>>でこのカードが出てしまった場合相手は頭を悩ませることになるでしょう。ハンデスカードに対してもアドバンテージを得ることが出来ます。また<<調査>>を撃ったときに捨ててもOKです。このように、ドロースペルをたくさん積み込んで、手札を充実させることが出来るのでカウンターデッキ同士のミラーマッチになった場合には非常に有利に試合を進めることが可能なのです。

Psychatog(サイカトグ) に対抗するには

  では、どのように対処すればいいのでしょうか。

  まず、このデッキは、サイカトグデッキなどに代表されるカウンター系のデッキ対策に主眼をおいているので、ステロイドなどの高速なビートダウンデッキに対してもろい構成になっています。つまり、<<疾風のマングース>><<ヤヴィマヤの蛮族>>などの対策カードを積み込んだ対青ステロイドを選択すれば相手を倒すことが可能です。

  カウンターするという手があります。基本的にキーカードである<<激動>>は6マナと重く、さらに<<サイカトグ>>とのコンボを完成させるためには最低9マナを必要とします。また、デッキのフィニッシャーである<<サイカトグ>>を通そうにも、カウンターの絶対数が足りません。そのため、カウンター合戦になった場合に何回もカウンターを打つことはほぼ不可能です。そのためカウンターを大量に積み込んでいるパーミッション系のデッキでは簡単にこのコンボを粉砕することが可能です。ただし、カウンター対策として<<枯渇>>などを入れているので間違って通してしまわないように注意が必要です。

  そして、キーカードを抜いてしまうという手があります。簡単な方法だと<<強迫>>でしょうか。相手の手札を見て<<激動>>があったら即抜いてしまいましょう。あとはコンボデッキ対策の基本である<<ロボトミー>>も効きます。キーカードである<<激動>><<サイカトグ>>さえ抜いてしまえば怖い物はありません。

  クリーチャー除去を青いバウンススペルに頼っているのでプロテクション青の<<ヤヴィマヤの蛮族>>や青に対しては極悪クリーチャーである<<呪文散らしのケンタウルス>>などを採用するのも一つの手です。ビートダウン系のデッキにとって、バウンス呪文を完全にかわすことが出来れば、サイカトグデッキに対して勝ったも同然です。

  サイドカードとなってしまいますが、<<突然の衝撃>>という手があります。このカードは相手の手札の数だけダメージを与えることができます。<<激動>>を打った直後にこの呪文を相手にたたき込んでやれば2桁のダメージを簡単に与えることが可能です。

同一カテゴリの記事一覧

  1. Opposition(対立)
  2. Trenches Control (トレンチコントロール)
  3. U/G Madness (青緑マッドネス)
  4. Madness Steroid(マッドネス・ステロイド)
  5. Steroid(ステロイド)