Opposition(対立)

サンプルデッキ

  デッキサンプル
  "Opposition"
MainBoard

7 森/ Forest
 8 島/ Island
 3 さびれた寺院/ Deserted Temple
 4 ヤヴィマヤの沿岸/ Yavimaya Coast
 
 4 マーフォークの物あさり/ Merfolk Looter
 2 尊大なワーム/ Arrogant Wurm
 4 極楽鳥/ Birds of Paradise
 2 ラノワールのエルフ/ Llanowar Elves
 4 野生の雑種犬/ Wild Mongrel
 
 3 堂々巡り/ Circular Logic
 4 対抗呪文/ Counterspell
 2 綿密な分析/ Deep Analysis
 4 嘘か真か/ Fact or Fiction
 4 対立/ Opposition
 1 激動/ Upheaval
 4 リスの巣/ Squirrel Nest
 
SideBoard


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


  <<ラノワールのエルフ>><<極楽鳥>>からマナ加速、<<マーフォークの物あさり>><<嘘か真か>>などでライブラリーからキーカードを探し出し、それを<<対抗呪文>><<堂々巡り>>などでサポートしつつ最終的には<<対立>>+<<リスの巣>>でロックをかけながら相手を殴り倒すというデッキです。また、<<野生の雑種犬>><<マーフォークの物あさり>>は、マッドネス呪文の発動を補助したり、<<綿密な分析>>を墓地に送り込んだ利と活躍してくれます。

  エンチャント対策があまり多くない現スタンダードにおいて<<対立>>と<<リスの巣>>は驚異のカードとなります。特に<<リスの巣>>は、単体でも機能し、相手の攻撃クリーチャーを封じ込めながら<<対立>>を引くまでの時間稼ぎをしてくれるなど活躍してくれます。

デッキのキーカード

【対立/Opposition】

  このデッキのキーカード。クリーチャーさえ場にいれば<<対立>>は十分に強いコントロール能力を発揮します。 とくに、現スタンダードではメインボードからエンチャント対策がないため壊されることもほぼありません。
  このデッキには、<<ラノワールのエルフ>><<極楽鳥>>などの軽くて優秀なマナクリーチャー、<<リスの巣>>などクリーチャーに事欠くことはないので、簡単に対立ロックを完成させることが出来るでしょう。

【リスの巣/Squirrel Nest】

  <<対立>>と相性抜群のカード。単体でもその能力を十分に発揮し、トランプルや、飛行のないクリーチャーは本体にダメージを与えることが出来ません。ビートダウンデッキのスピードを著しく低下させることが出来る優れたカードです。
  また、カウンターデッキに対して通ってしまった場合、それだけでゲームが終わらせてしまうほどのカードパワーを持っています。サイカトグデッキに<<サイカトグ>>を出されても<<激動>>を通されないかぎり、ブロックし続けることが可能です。

なぜOpposition(対立) は強いのか

  基本的には、<<ラノワールのエルフ>><<極楽鳥>>からマナ加速し、<<マーフォークの物あさり>><<嘘か真か>>などでライブラリーからキーカードを探し出し、<<対立>>+<<リスの巣>>のロックを完成させ、あとはそれを<<対抗呪文>><<堂々巡り>>などのカウンター呪文でサポートしつつロックをかけながら相手を殴り倒します。

  1マナのマナクリーチャーたちは前半はマナ加速を行い、後半になると<<対立>>の餌として無駄カードとなることなく活躍します。そして、<<リスの巣>>は毎ターンクリーチャーを生み出し、<<対立>>と<<リスの巣>>がそろえばゲームを勝敗は決定的になります。また、<<リスの巣>>は、単体でも十分に能力を発揮し、ビートダウンデッキに対しては、飛行や、トランプルのないクリーチャーをしっかりと押さえ込みます。そして、<<野生の雑種犬>><<マーフォークの物あさり>>は、マッドネス呪文の発動を補助したり、<<綿密な分析>>を墓地に送り込んだ利と活躍してくれます。

  対戦相手が、クリーチャーで攻撃しようとしたら<<対立>>でことごとくタップされ、呪文を撃とうとしても、アップキープの間に土地をロックされてしまうので、インスタント呪文くらいしかプレイできません。また、<<対抗呪文>><<堂々巡り>>などのカウンター呪文によりマストカウンターカードをしっかりとカウンターしていきます。対戦相手の打開できるカードをことごとくカウンターしたあとは、<<対立>>で相手を拘束しながら殴り倒すだけです。

  驚異となる呪文からは、カウンターで守りつつ<<対立>>+<<リスの巣>>で相手を拘束するという隙のない動きをします。そのために、このデッキは強いのです。

Opposition(対立)に対抗するには

  では、どのように対処すればいいのでしょうか。

  このデッキは、<<対立>>で相手のクリーチャーや土地をタップすることにより相手を拘束その能力を無効化しますが、パーマネントを元から除去することがあまり得意ではありません。そのため、<<翻弄する魔道志>>に非常に弱いです。もし<<翻弄する魔道志>>で<<対立>><<リスの巣>>などのキーカードを指定されてしまうとなかなか除去できません。あるとしても<<激動>>でリセットするだけです。2体目以降の<<翻弄する魔道志>>でこれらの除去カードを指定してしまえば、後は除去する方法はありません。

  また、クリーチャーがほとんど緑であるため<<冬眠>>にも弱いです。しかも、<<リスの巣>>から出てくるのは、緑トークンクリーチャーたちなので、バウンスされたら除去されたことと同じです。そして、やっかいな<<リスの巣>>まで戻っていきます。同じ理由で<<洗い流し>>も効きます。そして、相手の主なクリーチャーはタフネス1なので<<仕組まれた疫病>>を張るという手もあります。「リス」と宣言すれば、うざいクリーチャーはもう二度と現れません。相手には、ほとんどエンチャント破壊呪文は入っていないので、一度通してしまえば、相手の勝ち手段はほぼ消えます。あるとすれば<<激動>>ぐらいです。

  そして、<<呪文散らしのケンタウルス>>にも弱いです。このクリーチャーが場に出てしまえば、相手のクリーチャーたちを<<対立>>でタップすることはおろか<<排撃>>で戻すことすらかなわなくなります。このように地道に対策を施すことによって対立デッキに勝つことが可能です。

同一カテゴリの記事一覧

  1. Psychatog(サイカトグ)
  2. Trenches Control (トレンチコントロール)
  3. U/G Madness (青緑マッドネス)
  4. Madness Steroid(マッドネス・ステロイド)
  5. Steroid(ステロイド)