Trenches Control (トレンチコントロール)

サンプルデッキ

  デッキサンプル
  "Trenches Control"
MainBoard

7 島/ Island
 3 山/ Mountain
 3 アダーカー荒原/ Adarkar Wastes
 2 戦場の鍛冶屋/ Battlefield Forge
 4 沿岸の塔/ Coastal Tower
 4 シヴの浅瀬/ Shivan Reef
 3 広漠なるスカイクラウド/ Skycloud Expanse
 
 2 神の怒り/ Wrath of God
 4 対抗呪文/ Counterspell
 4 嘘か真か/ Fact or Fiction
 4 記憶の欠落/ Memory Lapse
 4 排撃/ Repulse
 2 中略/ Syncopate
 4 吸収/ Absorb
 4 火+氷/ Fire/Ice
 3 ゴブリンの塹壕/ Goblin Trenches
 3 予言の稲妻/ Prophetic Bolt
SideBoard


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


  基本的に<<ゴブリンの塹壕>>を中核に据えたコントロールデッキです。現在はパーミッション色が強いタイプと、ビートダウン色が強いタイプの2種類に分類できますが、今回紹介するのは前者のパーミッションタイプのトレンチコントロールデッキです。パーミッションタイプの物は、ノンクリーチャーデッキであり、今のメタゲームの中心であるステロイドや、青緑ビートダウンなどに対するクリーチャー対策カードを無効化することができます。現在、ほとんどの人がクリーチャー対策を施していますが、その対策カードを全くの紙に変えてしまうのです。

  そして、このデッキの最大の特徴は、クリーチャーデッキに対して相性がよいという点でしょう。クリーチャーデッキに対して<<神の怒り>>が入っているデッキが弱いはずがありません。現在のスタンダードにおいて、メタデッキとされている、「ステロイド」「青緑(白or赤)マッドネス」は、すべてクリーチャーデッキです。メタゲームにしっかりとかみ合います。

デッキのキーカード

【ゴブリンの塹壕/ Goblin Trenches】

  このデッキのキーカードです。エンチャント対策カードが少ない今の環境下では1戦目で破壊されることはほとんどありません。また、クリーチャー除去呪文も効きません。サイカトグデッキ相手に<<サイカトグ>>を出されても<<ゴブリンの塹壕>>さえ出ていれば<<サイカトグ>>をブロックしながら、攻撃が可能になったり、トークン・クリーチャーを並べて一気に殴りかかることも可能となります。

【神の怒り/ Wrath of God】

  ステロイド、マッドネスなどクリーチャーデッキが全盛の今の環境において<<神の怒り>>が弱いはずがありません。序盤が弱いこのデッキを見事にサポートしてくれます。このカードを引けないとちょっと辛いかもしれません・・・。ただ、このカードが無くても火力がたくさんはいっているので何とか耐えきることが出来るでしょうが。

なぜTrenches Control (トレンチコントロール) は強いのか

  基本的に<<ゴブリンの塹壕>>を中核に据えたパーミッションタイプのデッキです。ノンクリーチャーデッキであり、今のメタゲームの中心であるステロイドや、青緑ビートダウンなどに対するクリーチャー対策カードを無効化することができます。現在、ほとんどの人がクリーチャー対策を施していますが、その対策カードを全くの紙に変えてしまうのです。

  また、このデッキのエンドカードである<<ゴブリンの塹壕>>は、エンチャント除去カードがメインボードには入らない今の環境下において、ほぼ無敵です。メインボードでは、<<激動>>や<<急流>>などのカードでバウンスするくらいしか、対策は無いでしょう。。

  トレンチコントロールデッキは、中盤から終盤にかけて強さを発揮します。まあ、序盤はもろいのですが・・・。確かに、序盤はもろいのですが、クリーチャー軍団は<<神の怒り>>によってリセットし、火力で、クリーチャー除去を行ったり、各種カウンターにより序盤をしのぎます。ライフはかなり減ってしまっているでしょうが気にすることはありません。生きていれさえすればよいのです。トレンチコントロールははここから本領を発揮するのです。

  クリーチャー除去呪文として<<神の怒り>>は、基本中の基本ですが、このデッキにはさらに<<予言の稲妻>><<氷/火>>などの火力も充実してます。特に「火」は、ステロイドに入っている<<ラノワールのエルフ>>などのマナクリーチャーの除去、マッドネスビートダウンデッキに入っている<<マーフォークの物あさり>>の除去、さらには、<<日を浴びるルートワラ>>のパンプにレスポンスで除去したりとクリーチャー除去に大活躍です。また、「氷」は、サイカトグなどのカウンターデッキを相手にしたとき、相手の島をタップしてカウンター合戦を有利に進めたり、スプリットカードのどちらを使っても十分その能力を発揮してくれます。

Trenches Control (トレンチコントロール) に対抗するには

  では、どのように対処すればいいのでしょうか。

  一度、場を制圧したトレンチコントロールデッキは無類の強さを発揮します。つまり、勝つためには相手に主導権を渡してはいけないのです。では、相手に主導権を渡さないようにするにはどうしたらよいのでしょうか。上に書いたように、トレンチコントロールが、勝つかまけるかは序盤をどう乗り切るかです。序盤を乗り切ることに失敗すれば、トレンチコントロールは場をコントロールする間もなく、いとも簡単に負けてしまうのです。つまり、序盤を征すればよいのです。

  では、どうすればよいか?ステロイドなどの早いデッキで、序盤の内に一気に押し切ってしまうと言う方法があります。体制の整っていない序盤にクリーチャーを展開して、殴りかかれば相手は何もできないまま撃沈してしまいます。ただし、相手の<<神の怒り>>を警戒しながら展開する必要があります。ただ単に手札にあるクリーチャーを召還していては<<神の怒り>>を喰らった後に、復帰できなくなってしまいます。

  また、サイドボード後には<<ゴブリンの塹壕>>のためにエンチャント対策が必要となってきます。また、エンチャント対策ではありませんが<<仕組まれた疫病>>でも十分役割を果たします。ただし、サイドボード後にクリーチャーをサイドインしてトリコロールビートダウンデッキに変化してくるかもしれないので注意が必要ですが・・・。

同一カテゴリの記事一覧

  1. Psychatog(サイカトグ)
  2. Opposition(対立)
  3. U/G Madness (青緑マッドネス)
  4. Madness Steroid(マッドネス・ステロイド)
  5. Steroid(ステロイド)