U/G Madness (青緑マッドネス)

サンプルデッキ

  デッキサンプル
  "U/G Madness"
MainBoard

7 森/ Forest
 9 島/ Island
 2 セファリッドの円形闘技場/ Cephalid Coliseum
 4 ヤヴィマヤの沿岸/ Yavimaya Coast
 
 2 アクアミーバ/ Aquamoeba
 4 マーフォークの物あさり/ Merfolk Looter
 4 尊大なワーム/ Arrogant Wurm
 4 日を浴びるルートワラ/ Basking Rootwalla
 4 野生の雑種犬/ Wild Mongrel
 
 4 堂々巡り/ Circular Logic
 4 ワームの咆哮/ Roar of the Wurm
 4 嘘か真か/ Fact or Fiction
 4 強迫的な捜索/ Obsessive Search
 4 排撃/ Repulse
SideBoard


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


  このデッキの核となるなは<<マーフォークの物あさり>>です。この能力を起動し、一枚引いてから<<日を浴びるルートワラ>>を捨ててマッドネスプレイなんて序の口。マッドネスで<<尊大なワーム>>を召還したり、相手の呪文を<<堂々巡り>>でカウンターしたりとやりたい放題です。このように<<マーフォークの物あさり>>が場にいるだけで、凶悪なマッドネス呪文が次々と展開されていきます。しかもそれらのマッドネススペルを打つたびに、相手とのアドバンテージが広がっていきます。さらにマッドネススペルだけではなく、 <<ワームの咆哮>>を落として墓地から6/6トークンを召還したり、単体でも後半のよけいな土地をドローに変えたりと十分に役に立ってくれます。

  <<ワームの咆哮>>などの大型クリーチャーで現在メタゲームの主流であるステロイドに相性が良いため、ステロイドが多いトーナメントでは簡単に上位に食い込むことが出来ます。バウンス呪文全盛の現スタンダードですが、戻されさえしなければ4マナ6/6の最強クリーチャーです。

デッキのキーカード

【野生の雑種犬/ Wild Mongrel】【マーフォークの物あさり/ Merfolk Looter】

  このデッキのキーカードはなんと言っても<<野生の雑種犬>>と<<マーフォークの物あさり>>です。<<日を浴びるルートワラ>>を捨てて1/1クリーチャーを場に出したり、<<尊大なワーム/ >>を捨てて4/4クリーチャーを場に出したり、<<堂々巡り>>でカウンターしたりといろいろと活躍してくれます。ただ、<<野生の雑種犬>>か<<マーフォークの物あさり>>を引けないと、普通のコストで打たなければいけなくなってしまいます。

【日を浴びるルートワラ/ Basking Rootwalla】【尊大なワーム/ Arrogant Wurm】

  どちらも優秀なマッドネスクリーチャーです。<<日を浴びるルートワラ>>は、0マナで召還できる上にパンプする事によって3/3まで成長します。そして、<<尊大なワーム>>は3マナで出てくる4/4トランプルクリーチャーです。マッドネスコストを利用することにより、どちらのクリーチャーも非常に低コストで召還することが出来ます。

【堂々巡り/ Circular Logic】

  マッドネスカウンタースペル。マッドネスコストが青マナと非常に安く、色マナの拘束も少なく非常に優秀です。また、マッドネスコストで打たなくても、3マナと軽く、カウンター呪文としては十分合格点です。まあ、墓地にカードがない序盤では微妙に使えなかったりしますが・・・。

なぜU/G Madness (青緑マッドネス) は強いのか

  青緑マッドネスデッキの特徴は何でしょうか?まず、マナカーブを無視した強力なビートダウン能力があるのではないでしょうか。このデッキによく採用されている<<ワームの咆哮>>のトークンは4マナで6/6です。メタゲームの一角をになっているステロイドがこのクリーチャーを出されて場合、<<火炎舌のカヴー>>+火力で除去するか、複数ブロックで止めるしかありません。序盤にこんな巨大クリーチャーを出されたら為すすべもなく沈んでしまいます。

  この青緑マッドネスデッキを構成するカードは、単体ではそれほど驚異となるほどの能力を持っていませんが、これらのカードを複数組み合わせることによって効果を発揮します。例えば<<尊大なワーム>>は、普通のコストで召還すれば、5マナの4/4クリーチャーです。常識的に考えれば、このくらいのコストパフォーマンスのクリーチャーは、デッキに入らないでしょう。しかしなぜ、このカードはこのデッキに採用されているのか?それは、マッドネスエンジンによって、格安なコストで召還できるからです。

  マッドネスエンジン・クリーチャー中でも、特に<<マーフォークの物あさり>>が重要となってきます。<<マーフォークの物あさり>>の能力を起動し、一枚引いてから<<日を浴びるルートワラ>>や<<尊大なワーム>>をマッドネスコストで召還したり、相手の呪文を<<堂々巡り>>でカウンターしたりとやりたい放題です。このように<<マーフォークの物あさり>>が場にいるだけで、凶悪なマッドネス呪文が次々と展開されていきます。しかもそれらのマッドネススペルを打つたびに、相手とのアドバンテージが広がっていきます。さらにマッドネススペルだけではなく、 <<ワームの咆哮>>を落として墓地から6/6トークンを召還したり、単体でも後半のよけいな土地をドローに変えたりと十分に役に立ってくれます。

  <<野生の雑種犬>>とは違い<<マーフォークの物あさり>>は1/1と貧弱で、ステロイドのように火力がたくさんあるようなデッキでは簡単に除去されてしまいまうため、万能ではありません。しかし、クリーチャー除去が、あまり強力じゃないデッキに対して<<マーフォークの物あさり>>は凶悪なカードとなります。特に<<マーフォークの物あさり>>を除去しにくいサイカトグなどのデッキにはかなり有利に戦うことが出来ます。

  このデッキは<<ワームの咆哮>>などの大型クリーチャーで、ステロイドに相性が良く、<<マーフォークの物あさり>>でサイカトグに相性の良い構成となっています。つまり、今のメタゲームを考えると実に、メタゲームにマッチしたデッキというわけです。

U/G Madness (青緑マッドネス) に対抗するには

  では、どのように対処すればいいのでしょうか。

  この青緑マッドネスデッキは、マッドネススペルとマッドネスエンジン・クリーチャーの組み合わせることにより、能力を発揮します。逆を言えば、カードそれぞれ単体ではそれほど驚異となるほどの能力を持っていません。よい例が<<尊大なワーム>>です。<<尊大なワーム>>は、普通のコストで召還すれば、5マナの4/4クリーチャーです。常識的に考えれば、このくらいのコストパフォーマンスのクリーチャーは、デッキに入らないでしょう。しかし、マッドネスコストを利用すれば格安なコストで召還で着るために採用されています。つまり、このデッキの核をなす<<野生の雑種犬>>や<<マーフォークの物あさり>>をきれい除去orカウンターしていけば、相手は、重いスペルを手札にためることになるのです。まあ、<<野生の雑種犬>>の場合は、簡単にディスカードしてマッドネススペルを唱えられますが・・・。

  また、このデッキは、フィニッシャーを数体の大型クリーチャーに頼っているために、<<排撃>>に代表されるバウンススペルや<<終止>><<殺戮>>などの単体クリーチャー除去呪文などがよく効きます。バウンススペルは、<<ワームの咆哮>>などのトークンクリーチャーをあっさりと除去する事が可能です。フィニッシャーをピンポイントで殺すことによってこのデッキの攻撃力を下げ、これからの戦線を有利に進めることが出来ます。まあ、これは<<マーフォークの物あさり>><<野生の雑種犬>>をどうにか除去していることが前提ですが・・・。

同一カテゴリの記事一覧

  1. Psychatog(サイカトグ)
  2. Opposition(対立)
  3. Trenches Control (トレンチコントロール)
  4. Madness Steroid(マッドネス・ステロイド)
  5. Steroid(ステロイド)