Madness Steroid(マッドネス・ステロイド)

サンプルデッキ

  デッキサンプル
  "Madness Steroid"
MainBoard

7 森/ Forest
 6 山/ Mountain
 2 蛮族のリング/ Barbarian Ring
 4 カープルーザンの森/ Karplusan Forest
 1 ケルドの死滅都市/ Keldon Necropolis
 4 モスファイアの谷/ Mossfire Valley
 
 3 パッチワーク・ノーム/ Patchwork Gnomes
 4 火炎舌のカヴー/ Flametongue Kavu
 4 日を浴びるルートワラ/ Basking Rootwalla
 3 カヴーのタイタン/ Kavu Titan
 4 野生の雑種犬/ Wild Mongrel
 2 渋面の溶岩使い/ Grim Lavamancer
 
 4 癇しゃく/ Fiery Temper
 4 炎の稲妻/ Firebolt
 4 激発/ Violent Eruption
 4 獣群の呼び声/ Call of the Herd
 
SideBoard


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


  マッドネス火力を、マッドネスコストで撃つことを目的としたバーン重視のステロイドデッキです。マッドネスエンジンとして基本となる<<野生の雑種犬>>に加えてこのデッキでは<<パッチワーク・ノーム>>をまた他のデッキでは<<隕石の嵐>>を加えることにより、より安定してマッドネス呪文を打つことができるようにチューニングされています。

  <<パッチワーク・ノーム>>を入れたバージョンの、パッチステロは、マッドネス・バーンデッキよりはステロイドに近い形となっています。再生能力を持っているため、マッドネスエンジンとして使用するだけではなくブロッカーとして活躍します。同系対決では、はっきり言ってこいつはウザイです。<<隕石の嵐>>を入れたバージョンの、マッドネス・バーンデッキは、ステロイドというよりは、赤スライのような動きをします。とにかく火力で焼き尽くす。カウンターデッキに対しても<<隕石の嵐>>を序盤に通してしまえば、それだけでゲームを終わらせることができます。

デッキのキーカード

【野生の雑種犬/ Wild Mongrel】【パッチワーク・ノーム/ Patchwork Gnomes】

  このデッキのキーカードはなんと言っても<<野生の雑種犬>>です。<<日を浴びるルートワラ>>を捨てて1/1クリーチャーを場に出したり、<<癇しゃく>>を捨てて3点ダメージを与えたり<<激発>>で自由に4点ダメージを割り振ったりといろいろと活躍してくれます。ただ、<<野生の雑種犬>>を引けないと、普通のコストで打たなければいけなくなってしまいます。
  そこで登場してくるのが<<パッチワーク・ノーム>>です。このクリーチャーが採用されることによって、いままでは、マッドネス発動を助けるカードとして<<野生の雑種犬>>の4枚だけと少々頼りない枚数でしたが、<<パッチワーク・ノーム>>を加えることにより、安定してマッドネスコストでスペルを唱えることが可能となります。
  また<<パッチワーク・ノーム>>は、再生能力を持っているため、マッドネスエンジンとして使用するだけではなくブロッカーとして活躍します。単体ではどうしようもありませんが、マッドネスと組み合わせることにより、その能力を存分に発揮します。

【癇しゃく/ Fiery Temper】【激発/ Violent Eruption】

  マッドネスデッキに共通しているのは、ほぼフル投入されている<<激発>>です。このカードのおかげで、こちらに有利な戦線を構築していると言っても過言ではありません。タフネスが4のクリーチャーを1体殺しても良いし、4点のダメージを割り振って、複数体のクリーチャーを除去してもOKです。マッドネスコストで打つ<<激発>>って強いですね。
  強力なカードは、<<激発>>だけではありません。マッドネス3点火力である<<癇しゃく>>も、マッドネスコストで使用すれば、赤マナで3点ダメージを叩き出す、往年の強力火力<<稲妻(絶版)>>です。

なぜMadness Steroid(マッドネス・ステロイド) は強いのか

  このデッキの強さはなんと言っても<<野生の雑種犬>><<パッチワーク・ノーム>>などのマッドネスエンジン・クリーチャーから次々と展開されるマッドネススペルの嵐です。2ターン目<<野生の雑種犬>>召還、3ターン目。犬パンプ、ディスカード<<癇しゃく>>。犬アタック。相手の場にブロッカーが居た場合は、ブロッカーを除去しながら、相手に3ダメージ。ブロッカーが居なかったら、本体にダメージを与えて、犬アタック。3ターン目にして、6点のダメージを叩き出します。もちろん<<激発>>でも、問題なし。クリーチャーが複数体並んでいたなら、それらをしっかりと除去してアタック。ブロッカーが居なかったら、7点ダメージです。

  <<野生の雑種犬>>のような、マッドネスエンジンを利用してマッドネスコストで打つことにより、破格のコストで強力な呪文が打ち放題です。1マナで3点ダメージ、3マナで4点ダメージを自由に割り振れる。どう考えても、こんな破格のスペルを連発されたら、普通の展開ではこのスピードに付いていけません。

  同型のステロイドに当たった場合でも問題ありません、マナクリーチャーから加速された2ターン目の<<獣群の呼び声>>も<<野生の雑種犬>>のパンプアップ、ディスカード<<癇しゃく>>の3点ダメージで簡単に除去することが可能です。また、クリーチャーを展開したとしても、<<激発>>でマナクリーチャーともども、簡単に除去することが可能です。

Madness Steroid(マッドネス・ステロイド) に対抗するには

  では、どのように対処すればいいのでしょうか。

  ダメージソースは、赤が多いことも分かっていますので、白を使うデッキならサイドボード後には<<赤の防御円>>などの対策カードを投入すると良いでしょう。また、クリーチャーが入っているのなら<<崇拝>>でも可能です。とくに<<崇拝>>は、破壊されない限り、完全にマッドネス・ステロイドを封じることが可能であり、最高のサイドボードカードの内の一つです。白と緑を出すことが出来るクリーチャーデッキなら<<アルマジロの外套>>が、最高です。相手の火力で、自分のクリーチャーが焼かれにくくなるだけではなく、ライフ回復によって、相手を勝ちから遠ざけます。

  同型ステロイド対決だったらどうするか?マナクリーチャーを使って加速するタイプのステロイドであれば<<シヴのワーム>>、マッドネス・ステロイドなら、<<ワームの咆哮>>、タッチ黒なら凶悪再生クリーチャー<<魂売り>>が良いでしょう。ともに、火力1枚では除去することが不可能なので、一度場に出してしまえば、主導権は一気にこちらです。特に<<魂売り>>が場に出た場合、再生が付いているので、マッドネス・ステロイドでは、除去することがほぼ不可能です。また、<<森の力>>も効果的です。火力をかわす事が可能な上、<<パッチワーク・ノーム>>にブロックされてもトランプルで本体までダメージを通すことが可能となります。

同一カテゴリの記事一覧

  1. Psychatog(サイカトグ)
  2. Opposition(対立)
  3. Trenches Control (トレンチコントロール)
  4. U/G Madness (青緑マッドネス)
  5. Steroid(ステロイド)