Steroid(ステロイド)

サンプルデッキ

  デッキサンプル
  "Steroid"
MainBoard

8 森/ Forest
 5 山/ Mountain
 2 蛮族のリング/ Barbarian Ring
 4 カープルーザンの森/ Karplusan Forest
 1 ケルドの死滅都市/ Keldon Necropolis
 2 モスファイアの谷/ Mossfire Valley
 
 4 火炎舌のカヴー/ Flametongue Kavu
 4 日を浴びるルートワラ/ Basking Rootwalla
 4 カヴーのタイタン/ Kavu Titan
 4 ラノワールのエルフ/ Llanowar Elves
 4 野生の雑種犬/ Wild Mongrel
 4 怒り狂うカヴー/ Raging Kavu
 
 4 炎の稲妻/ Firebolt
 4 ウルザの激怒/ Urza's Rage
 4 獣群の呼び声/ Call of the Herd
 2 森の力/ Sylvan Might
 
SideBoard


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


  序盤からマナクリーチャーを利用してマナ加速をし2ターン目に<<群獣の呼び声>>を撃ったり<<怒り狂うカヴー>>などの速攻クリーチャーや<<カヴーのタイタン>>などの大型トランプルクリーチャーを召還したり、相手の場にブロッククリーチャーが出てきた場合は<<火炎舌のカヴー>><<ウルザの激怒>><<炎の稲妻>>などの火力、火力クリーチャーで除去して相手を殴り倒します。

  鬼回りしたステロイドは手がつけられません。1ターン目にマナクリーチャー召還から2ターン目3ターン目と3/3クリーチャーと立て続けに召還され、何とかブロッカーを召還するも<<火炎舌のカヴー>>で除去・・・なんて動きをされたら目も当てられません。

  最近は青黒激動デッキが流行っているのでメインボードから<<呪文散らしのケンタウルス>><<ヤヴィマヤの蛮族>>などの対策カードが入っているアンチ激動ステロイドも存在しているようです。

デッキのキーカード

【群獣の呼び声/Call of the Herd】

  普通に3マナで3/3クリーチャーが出せるだけではなく墓地から4マナ払ってさらに再利用することができます。カウンターデッキなどにしてみれば1枚のカードを2回もカウンターしなければならずたまったものではありません。
  一度<<神の怒り>>などのようなリセット呪文で場をリセットされてもこのカードさえ墓地に残っていればもう一度呪文をプレイすることによってクリーチャー戦線を回復することが出来ます。

【火炎舌のカヴー/Flametongue Kavu】

  場に出たときに4点のダメージを与えることができます。この能力により、<<獣の襲撃>>のトークンのようにタフネスが4あり<<ウルザの激怒>>で除去するのはちょっと辛いようなクリーチャーでもを簡単に殺すことができます。 そして<<火炎舌のカヴー>>自身が4/2の大型クリーチャーでもあり、戦線を有利に進めることが可能です。
  また、クリーチャーデッキが全盛である現在のスタンダードにおいて4枚入れておいても全然無駄になりません。このカードが効かないデッキといえば、ノンクリーチャーデッキですが、そんなデッキは今の環境下にはほとんど存在していません。むしろ、いれるなら4枚入れるべきでしょう。

【ウルザの激怒/Urza's Rage】

  カウンターされない3点火力。青黒デッキでよく使用される<<影魔道士の浸透者>>もカウンターされることなく除去することができます。そして、ステロイド同士のミラーマッチにおいても<<群獣の呼び声>>で場に出てきたトークンも除去可能です。
  また、キッカーコストを払うと10点ダメージをとばすことができるため、カウンターデッキに対してエンドカードとしても利用することができます。ただ、反射されると自分が10点食らってしまうのでそこら辺はちょっと注意が必要ですね(笑)。

【カヴーのタイタン/Kavu Titan】

  5マナ5/5トランプルクリーチャー。(たまに2/2で場に出てきますが・・・(笑)。)今のスタンダード環境では、5/5は火力で除去するのはほぼ困難です。このクリーチャーを除去するためには<<神の怒り>>のような全体除去か、<<終止>>のような、クリーチャー除去呪文を使用するしかありません。
  また、トランプルが付いているので緑クリーチャー対策で入っている<<幽体オオヤマネコ>>のようなプロテクションクリーチャーにブロックされてもしっかりと本体にダメージを通すことが可能です。

なぜSteroid(ステロイド) は強いのか

  マナクリーチャーたちでマナ加速を行い3/3トークン生成呪文<<群獣の呼び声>>や<<怒り狂うカヴー>>のような速攻を持ったクリーチャー、<<カヴーのタイタン>>のようなトランプルクリーチャーたちを高速で召還します。相手ののブロッカーは火力や<<火炎舌のカヴー>>で除去します。たとえ自分のクリーチャーが相手のブロッカーにブロックされたとしても<<カヴーのタイタン>>や<<森の力>>を使って+2/+2とトランプルの修正を得たクリーチャーなら本体までダメージを通すことが出来ます。

  <<火炎舌のカヴー>>はクリーチャーデッキが主体となっているこの環境で最強の除去能力を持ちます。<<影魔道士の浸透者>><<群獣の呼び声>>や、<<ウルザの激怒>>では除去できない<<獣の襲撃>>などのクリーチャーたちも簡単に葬り去ることが可能です。自身も4/2と非常に強力なクリーチャーであるので、ステロイドの戦線を支えてくれる優秀なクリーチャーです。

  <<群獣の呼び声>><<森の力>><<炎の稲妻>>などのフラッシュバックスペルは今までのステロイドにおいて問題であった終盤での息切れを解決してくれます。またこれらのフラッシュバックスペルはカウンターデッキを相手にした場合一度カウンターされてももう一度墓地から撃つことによって相手に1枚のカードに2枚のカードを使わせることができるので非常にアドバンテージを取りやすいです。

  ステロイド相手に序盤に事故を起こせばほぼ負けは決定です。高速で展開してくる速攻を持つクリーチャー達、トランプルを持つ巨大クリーチャー、ブロッカーを出しても簡単に除去してくる豊富な火力呪文の数々の前に為すすべもなく撃沈するでしょう。

Steroid(ステロイド) に対抗するには

  では、どのように対処すればいいのでしょうか。

  基本的には、丹念に相手のクリーチャーを除去していくことが大切です。<<群獣の呼び声>>などに強い<<排撃>><<はね返り>>のようなバウンスカードを利用したり、<<群獣の呼び声>>がフラッシュバックで帰ってきたり、速攻付きのクリーチャーが多いなどの問題がありますがクリーチャー対策の基本でもある<<神の怒り>>や、同じ全体除去として<<破滅的な行為>>も有効です。あとは、<<緑の防御円>><<テフェリーの濠>>などで、クリーチャーからのダメージを軽減します。

  ステロイドデッキは地上クリーチャーばかりで構成されているので地上クリーチャーを<<テフェリーの濠>>などで押さえつつ飛行クリーチャーで相手に殴りかかるという手もあります。またクリーチャー中心のデッキなら<<崇拝>>やプロテクション緑の<<幽体オオヤマネコ>>などでも十分でしょう。このようにして相手の勝ち手段を妨害していけばこちらの勝機も見えてくることでしょう。

  また、大型のクリーチャーを使用しているので、<<罠の橋>>もよく効きます。ただし、相手はサイドボードなどでアーティファクと対策をしてくると思われるので<<罠の橋>>だけに頼るのは危険ですが・・・。ただし、自分のデッキの勝ち手段を探るまでの時間稼ぎのカードとしては十分でしょう。

  このようにして相手のクリーチャーを無力化してしまえば、相手には勝ち手段は、ほとんど残されていません。あとは<<ウルザの激怒>>などの火力に気をつけながら、こちらのデッキを展開していけばよいだけです。

同一カテゴリの記事一覧

  1. Psychatog(サイカトグ)
  2. Opposition(対立)
  3. Trenches Control (トレンチコントロール)
  4. U/G Madness (青緑マッドネス)
  5. Madness Steroid(マッドネス・ステロイド)